万馬券を当てたラッキーマンが美脚で高身長の美熟女と愛人契約を結ぶ

風水とかパワースポットとか
占いのたぐいを全く信じないが
たまにラッキーマンで
何をやっても上手く行く時があるんです

宝くじで10万あったたり
残りで競馬をやると万馬券があったりと
物凄く幸運な時期が数年に一度あるんです

それで泡銭をGETした時なんか
嫁には秘密にして
風俗で散財していたんです

しかし、今年、ラッキーマンにあんった私は
風俗ではなく愛人が欲しいと思い

いつも通勤時に電車で
見かける人が気になっていた
年は結構いっていると思われる
年配熟女に目をつけました

私と近いぐらいのおばさんで
女性同士で通勤しているのですが

後ろから見てみると
その人の足はとなりの女性の
お尻一つぐらい長い

しかも、服装もシックな感じの服装で
美脚で美熟女なおばさんなんです

彼女が降りると同時に私も降りると
最初から愛人のお願いしました

当然、相手は怒りますね

それでも、一週間に
一回ぐらい声をかけていたら

「こんな、おばさんでいいの?」

「ええ、若い子では少し」

「詳しくお話を聞きたいので
明日○○に来てください。」

「それじゃ、よろしくお願いします」

何とか、口説くことに
成功したと思いましたが

たぶん亭主が来るか
警察あたりが来ているかも

それらしい人がいたら
さっさと帰ることにしてと
色々と考えながら家路につきました

そして、約束の○○に来てみると
ちゃんと高身長で美脚な美熟女が来ていて
彼女に近づくと軽く会釈をしてくれて
こちらも会釈をすると

「あちらに行きましょう」

近くの公園があり
そこのベンチに腰掛けると
私の方から

「愛人契約は、2年間
週に2回手当は、月十万でどうでしょうか?」

「はい、それで
何時合えばいいのですか?」

「水曜と、金曜はどうでしょうか。」

「水曜は、火曜では
その日が遅い日が多いので」

「いいですよ」

「それと、するとき避妊すること
医者の診断書を持ってきてください」

「判りました
性病の皆無ですね」

彼女はうなずき

「それじゃ、今度の
金曜からでいいですか」

「はい」

「さっきの○○で合いましょう」

彼女はうなずき
席を立つとさっさと帰っていった

早速病院に行き
性病検査をしなくては思いながら
家路につきました

いよいよ金曜が来て

内の会社は金曜に残業になる事が
多いので心配していました

案の定、残業になり
仕事が終り急いで○○の所に行くと

彼女は来ていてくれて
私を見つけると軽く会釈をしてくれて

「すいません、仕事が片付かなくて」

「いいえ、私も残業があるから」

「あっちに車がありますから」

車と言っても
軽の箱バンで色気もない車

彼女は後の席に座り、
カバンから封筒を取り出して
彼女に渡すと彼女も私に封筒をくれて

中を見ると医師の診断書があり
当然問題もありません

「それじゃ、行きますから」

彼女はうなずき

「近くになったら、教えてください」

「はい」

しばらくすると、
目的のホテルに近づいてきたので

「あそこですよ」

彼女は、後部座席に身を潜め
車はホテルの中に入り

「もう大丈夫ですよ、
部屋に行きましょう」

私から部屋にはいると彼女も入ってきて
私は上着を脱ぐと浴室に行き
浴槽に湯を入れて出てくると

彼女はベッドの墨に座り
きょろきょろしています

「先に僕から、入りますから
いいですか?」

彼女はうなずき、
私は浴室に入りシャワーを浴び
軽く汗を流しました

そして、腰にバスタオルを巻いて
出てくると彼女は小走りに浴室に入り

シャワーを浴びて
しばらくするとドアが開き

「部屋を暗くして」

私は、ベッドの枕もとにある
コントロールを調整して暗くすると
彼女もベッドに来て私の横に寝たんです

「いいですよ、約束守ってくださいね」

「あれですね
ちゃんと持ってきていますよ」

私は、彼女のバスタオルがはだけると
やはり年齢を感じさせるように
垂れた乳に興味津々

お腹も三段腹で、
それでも私のモノはすっかり反応して
胸に手をやるとそれなりに弾力があり

先は結構堅くなっていて
口に含んで舌先ではじくと

身をくねらせて手は下のところに持っていくと
お股はしっかりと閉じていました

が、私が少し力を入れて
少し開く密壷の所に行くとまだまだでしたが

その手前のクリちゃんは
堅くなっていました

少しは感じていてくれているようで
指で揺すって愛撫してみると
少し腰をくねらし初めてました

彼女を見てみると
顔横にして耐えているようで
喘ぎ声も出しません

私は下を攻めてみる事にして
無理に彼女の足の間に身体を入れて
広げて顔を密壷に近づけ

そしてクリちゃんに
キスをするとしっかりと反応し

身体を硬くして感じていないようにと
勤めているようですが
身体の方はそうはいかないよう

密壷にキス

さっきと違い十分に潤いだしており、
私は彼女に

「いいですか?」

彼女は

、「早くしてください」

情事を早く終らせたいようで、
私は枕の舌からスキンを取り出して
自分のモノにしっかりと装着

そして、彼女の足の間に身を入れて
先を彼女の密壷に宛がうと
ゆっくりと中に入れていきます

彼女は顔をゆがめて
横を向いて耐えていました

その後は、ゆっくりとピストン運動して
徐々にピッチを上げて
彼女が感じているかどうかよく判りません

ただ感じないように
努めているのは、はっきりと判ります

私の想像ですが
何年も夫婦生活がなかったのでは
と思えました

そんな私も、ずいぶんと
妻と関係がなくセックスレス

そして、彼女の中にしっかり放出し終わると
彼女は私を押しのけるように
さっさと浴室に行きシャワーを浴びて出て

その後に私もシャワーを
浴び出てくると

彼女は何事もなかったような
顔してしっかりとメイクを直して
ベッドに座っていました

私も急いで服を着るとチェックアウトして
車に乗り込むと彼女は後部座席に
身を潜めると

「出してください」

私は、ホテルの外に出ました

「駅でいいですか?」

「はい、駅の手前で」

その間、彼女はずっと後部座席に
身を潜めていました

駅の手前に少し人通りが
少ないところがあり
そこで彼女をおろすと彼女は
走って駅の方に行きました

最初のころはそんな感じでしたが
愛人契約も2ヶ月程過ぎると
彼女も心を開いてくれて
愚痴の聞き役になることが多くなり
愚痴の聞き役になっています

最初の2ヶ月ぐらいは
こんな感じでした

もう彼女とは3年以上の
つきあいになりますが
お金が突きたので現在はお金を払っていなく
普通のW不倫となっています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。