無防備なオバサンがオジサンに痴漢されてSEXの快感を思い出してしまう

子供も中学校に通うようになると
以前ほど手がかからなくなり
36歳の時にまた働きはじめました

それで、また昔のように
電車通勤をするようになったんです

仕事に出る事になり初日

最後尾の車両で
一番端のドアに乗りドア付近に立っていると
次の駅で乗って来た50代の
オジサンサラリーマンが
最初私に瀬を向けて入って来たのですが
私と目が合った途端
向きをこちらに変えました

そのオジサンサラリーマンは
いきなりスカート越しにクリ辺りを
手の甲でツンツンと痴漢してきたんです

子育てを長年していた私は
すっかりおばさんモードで
無防備になっていたんです

最初私も「ん?」とは思いつつ
痴漢なんて私みたいなオバサンは
されないわよね?

と思っていると
次第にエスカレートして
掌でクリを探す感じで触り
痴漢してきたんです

戸惑いながらも
恥ずかしくて俯いていると
クリを優しく触られ感じてしまったのです

オジサンは、エスカレートして
行き下着の中に手を入れて来ました

私のオマンコがヌルっと
潤っているのが分かると
それを手ですくいクリを
上下に優しく撫でて来ました

喘ぎ声を出すのを必死で我慢していると
電車が揺れその揺れで
隅の壁に押込まれてしまいました

隅に追いやられてから
尚更に痴漢エスカレート

オマンコに指を入れ出し入れされ
親指でクリを他の指でGスポットを
刺激され思わずその人の服を掴んだ時

オジサンはもう一つの手で
私の顎を持って俯いていた
私の顔を上に向けキスしてきました

快感の中でキスされて
頭が真っ白になっていた時
耳元で

「時間ある?あるなら次で降りて」

と言われ思わず頷いてしまい
次の駅でオジサンに手を引かれて
降りてしまいました

降りてから

「こんな事何度もあるの?」

と聞かれ

「いえ初めてです」

とこんなやりとりの中
近くのホテルに連れて行かれ
部屋に入るなりディープキス

そのまま服を上から順に
脱がされて行き、首、胸にキスの嵐

私は、胸を舐められるだけで
凄く塗れてしまいオジサンから

「凄いね、こんなに
ビショビショになって」

と言われました

主人とは育児するようになってから
SEXレスになりかけていただけに
敏感になっていたのかもしれません

「もっとビショビショにしてあげる
君クリ弱いでしょ」

と言うなり片足を男性の
肩にかけられ立ったまま
一番敏感で感じる部分を最初舌先で
優しくチロチロと舐められ

「あっだめ あっ そこは」

と言うと

「ここはもっと舐めてって言ってるよ」

と優しく舐めながら片手は
乳首を摘みながらクニュクニュ揉まれ
もう片方の手はGスポット責めされたんです

そこで主人でも吹いた事が無いのに
その痴漢さんに
初めて潮を吹かされました

潮を吹いたあと

「今度は俺のモノで感じさせてあげるよ」

とベッドに移りその男性の
モノで正常位、騎乗位、座位等体位を何度も変え
何度も中イキしてしまいました

正直、主人よりも感じてしまいました

その男性から

「子供を生んだとは
思えない程締りが良いね
また会いたい」

と言われましたが
初めての出来事であり断りました

しかし、毎日そのオジサンと
電車の中で会うので会うたび痴漢され、
抱きしめられたりします

仕事の帰りの時間を聞かれ

先日ホームで待っていたかの様に
会ってしまい痴漢されて
感じてしまい途中下車して今度は
近くの公園のおトイレでバックから
突かれイカされました

そのオジサンは、それから電車内で
声をかけて来るようになったので
今度から時間をずらそうかと思っていますが

SEXの快感を思い出してしまった私は
我慢出来ずにオジサンについつい触られて
痴漢されてしまうんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。