芸術家をしている叔父のヌードモデルになった姪

私の初体験は叔父さんでした

叔父は芸術家で
アーティストをしていて
私は昔から近所に住む叔父の事が大好きで
小学生の時はよく学校帰りに
遊びに行っていました

叔父と姪という禁断の
近親相姦するようになったのは
芸術家だった叔父さんの
モデルになってるうちに
Hしてしまったんです

最初は服を着てのモデルだったのですが
叔父さんから

「mimiちゃんの
キレイな肌を描きたい」

って言われて

叔父さんは童話に出てくる
お姫様のように私を描いてくれてたの

それが嬉しくて
何でもいう事を聞いていました

私のヌードをただ描くだけなのが
だんだん触られるようになり

私も何故か全然嫌じゃなくて
されるがままに叔父に触られ
感じてもいました

真っ白いシーツの上で、全裸になって
叔父さんにいろんなHな事をされて

「可愛いよ」

「ココ、キレイだよ」

って言われながら触られるのが、
すごく、気持ち良くて

叔父さんの指で
初めてイったのは、12歳の夏

その後も
叔父さんのオチンチンを舐めたり

叔父さんも私のオマンコを舐めたり

12歳の夏休みは、そうして過ぎて行き

夏も終わりの頃に
初めて叔父さんのオチンチンを
オマンコに受け入れました

めいいっぱい濡れたオマンコに
少しずつ入れてくれたので
あまり痛くなく、いつの間にかって感じで
処女喪失したんです

慣れてくると、叔父さんも
少しずつ動かすようになって
私もセックスが感じるようになり

恥ずかしいくらいの喘ぎ声を上げて
イくようにもなりました

叔父とHなことばかりしていたからか
小学高学年の頃から
急に胸が発達して

背は小さくて小柄なのに
胸だけがDカップくらいの巨乳に

体育の授業や水泳の授業が恥ずかしかったです。
特に水泳はスク水着から
胸がはみ出てしまって

男子から

「あいつの体、エロイ」

ってコソコソ言われてました

この頃、男の先生の
目線も気になり始めました

先生とも少しあったのですが
それはまた後で書きます

小学校を卒業し中学生になると
激しいセックスまで覚えて
自分が上になり騎乗位したり
バックから激しく突いてもらったり
何時間もセックスしてイきまくり

その頃は、禁断の関係で
良くない行為をしてるなんて、思いもしないで
ひたすらに、セックスに夢中でした

ただ、叔父さんからは

「僕との事は絶対誰にも内緒だよ
本当はこういうことは
まだ小学生ではしたらいけないことなんだよ」

と言われていたので
なんとなく悪い事なのかな?

と思ってましたので
友達にも誰にも秘密にしてました。

中学にあがって、私たちの関係が
近親相姦というものであることを
小説か何かで偶然知って
ショックを受けました

けれども、叔父さんとのHは
やめることが出来きず
それから大学生になるまで
叔父とHするようになったんです

しかし叔父はロリコンだったのか・・

私が高校生になると
Hする回数も減り
あんまりSEXしてくれなくなり・・
自然と叔父との関係は少なくなってしまったんですが
実は今でも叔父の事が好きで
他の男性と付き合っても
SEXの最中にやっぱり叔父の事を
思い浮かべてしまうんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。