【亜ロリ】パイパンの縦筋マンコを見せてくれたインド人の少女

何十年も前に体験した
海外での亜ロリ体験です

俺は海外旅行が好きで
学生の頃は体力もあったので
特に東南アジアが楽しくて
バイトをしてお金を貯めては
よく行っていました

それでインドにいった時の
ロリ体験談です

その場所は、昔はベナレスと
呼ばれていた地域

あまり有名ではないガートに
毎朝沐浴に行っていた

そこで可愛らしいインド人の
ロリ少女になぜか懐かれた

ミリンダというジュースを
奢ってあげると喜んだので、

「ミリンダ娘」

と自分の中で呼んでたんだけど
その少女は観光客に教えられたのか
片言の英語が話せた

年を聞いてみると12歳の少女でした

でも、日本の12歳とは
比べ物にならないくらい小さく
幼児体型な外国人少女

貧乏なのか

いつもオレンジの
ワンピースを着ている少女でした

妹がいたらこんな感じなのか?

と、次第に打ち解けていった

ベナレスには2週間ほどいたけど
そこを発つ日の朝

オレが沐浴をして上がってくると、
ミリンダ娘が待っている

少女はもっと早朝に
沐浴を済ませているらしい

いつものようにミリンダを2本買って、
体育座りみたいな感じで
座っているミリンダ娘のところへ

固まったよオレ

スカートの中が見えたのだが
パンツを穿いていくてノーパン

自分はロリコンじゃないだが
目が吸い寄せられたな

無毛の縦1本筋の
パイパインなロリまんこ

綺麗だな

なんか分かんないけど
綺麗と思った。

ミリンダを渡しても、
少女は姿勢を変えようとせず
パイパンマンコがモロ見え状態

笑ってた

その日はほとんど何も話さなかった

別れ際、無言で袋に
入った果物を渡された

カルカッタ行きの電車で、
その袋を見てみたら
ぺらぺらの紙が入ってた

へたくそな字で

「I love you」

と書かれてた

きっと大人に教わったんだろうな

住所などは何も書かれてなかった

なぜだか無性に切なくなって、
せっかくの好意なのだからと
その果物を食べたよ

その果物のせいかのかわからないけど
下痢になってww
カルカッタでは地獄だった

あれは何だったのだろう

と今でも考える事がある。

わざとノーパンになって
パイパンのマンコを
見せてくれたのだろうか

インド人だってパンツぐらい穿くよはず

インドへはそれ以来
行っていない

あの時、もしあのパイパンマンコを触っていたら
少女とHできたのかもしれない

そう思うとロリコンじゃないのに
ムラムラとしてきてしまう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。