友達のお父さんを好きになりSEXしてフェラチオで精子を飲んであげる

社会人一年目の新米OLです

今現在付き合っているのは
学生時代からの2才年上の彼氏で
結婚するつもりなんです

でも、8月後半のその日から
彼氏を裏切り浮気してしまったんです

私の会社に出入りしている
業者さんの中に、その人が
来るようになったからです

担当交代ということで
その男性が来社するようになりました

その人とは、
私の高校時代からの親友の
美紀のお父さん(勝彦さん)

今年44歳になった
営業課長さんです

美紀からは仕事先は
聞いていましたが
取引している会社と思いもよりませんでした

会議室にお茶を持って行き
その時初めて知り、お互いに
びっくりしたのを覚えています

ほんのしばらく話をして
その時は終わりました。

その後、何度か来社する
友人のお父さん勝彦さんは

「一度、ご飯でもどう?」

と、誘ってくれたのです

「もちろん、美紀には内緒でさ」

と、念を押す勝彦さん

なぜか私は、胸がドキドキしました

高校時代にはよく美紀の家まで
遊びに行ったものです

それで友達のお父さんの事を
としてカッコいいな
とは思っていました

自分の父親にはないものを
持っている気がしたからです。

週末の金曜日

正式に勝彦さんから
食事のお誘いを受けました

彼氏との約束もあったのですが
うまくキャンセルしたのです

しっとりと落ち着いた居酒屋に誘われました

お酒の弱い私ですが
ビ−ルをジョッキで頼みました

世間話や美紀の事など
時間はすぐにたちました

私はタバコを吸う女性ですが
勝彦さんの前ではどうしても吸えませんので
我慢していました。

「美紀がタバコを吸い始めたんだよ」

と、勝彦さん

「ともみちゃんは吸うのかな?」

「吸います。いけない女です」

勝彦さんは笑って、

「気にしなくていいよ
吸ったらいいのに」 

 少しもじもじしていた私は、

「お言葉に甘えまして」

かばんからメンソ−ルのタバコを出し
1本いただきました。

「似合うよ。うん。かわいいね」

と、勝彦さん

私はすでにほろ酔い気分

それに気づき、勝彦さんは、私を支え
お店を後にしました

タクシ−で家の近くまで送ってもらいました

「ところで彼氏はいるの?」

頷く私

少し落胆したような様子の勝彦さん

その夜は、携帯番号と
メ−ルの交換をして、お別れしました

その後、私は彼とのデ−トもあり
時間が作れませんでしたが
ある日、勝彦さんから相談を受けたのです

美紀の事との事でした

ウイ−クディの夜、喫茶店でお会いしました

話していると
それはあくまでも口実で
私に会いたかったと

勝彦さんの笑顔を見ていると
怒る気にもなれず
また世間話をしました

その後

「公園を少し歩いてデ−トしてみないか
彼氏に悪いなあ?」

と勝彦さん

私は喜んでお供しました

勝彦さんは、私に社会の事や
励ましの言葉を、いろいろと話してくれました

私はつい嬉しくなり
勝彦さんの腕に自分の腕をまわしていたのです

「いいのか?彼氏に悪いなあ」

と、また勝彦さん

私は首を振りました

腕を絡め、夜の公園をゆっくりと
散歩しました

少し暗い所にベンチがあり、
私たちは座りました。

「ともみちゃんが娘だったら
俺嬉しいのになあ」

勝彦さんの言葉に
私はごまかしながらも寄り添い
腕をさらに絡めていったのです

勝彦さんは、そっと私の肩を
抱き寄せてくれました

大きな胸板の中に、
私は体を預けました

抱きしめてくれる勝彦さん
とても安心したのを覚えています

「ともみちゃん」

勝彦さんの声に
私は埋めていた顔を上げました

勝彦さんは少し笑顔で、

「キスしていいかな?」

私は頷き、目を閉じました

勝彦さんの唇がそっと
重なってきました

抱きしめながら勝彦さんは
私の唇を吸ってきました

それに自然と応える私

勝彦さんの下が私の唇を割って
口の中に入ってきました

すごく安心できる優しいキスは、
勝彦さんに全てを委ね
私の唇は力を失って行きました

なんて気持ちいいキスなんだろう

舌と舌が絡み合い
勝彦さんがいとおしく感じました

唇を離し

「ごめんね」

と、勝彦さん

首を振る私。勝彦さんの
腕の中に、おさまる私

「また会ってくれるかな?」  

頷く私

その日も、タクシ−で
自宅近くまで送ってくれました

その間、ずっと手を繋ぎ
指を絡めていました

その後は、お互いに自由な時間がとれず
夜の公園だけのデ−トだけでした

その都度、勝彦さんは私に
熱いくちづけを繰り返してくれました

9月半ばになり
勝彦さんからデ−トのお誘いがありました

週末に、ドライブでもしないかと

その日は、彼と会う予定でしたが、
彼には何とかうまく理由をつけて断りました。
重い生理が始まったから外出できないと

生理が始まったのは本当でしたが
勝彦さんと会えないまでもありませんでした

待ち合わせの場所で落ち合い、
かなり離れた高原をドライブしました

軽くお弁当も作り、勝彦さんと
一緒にお昼にしました

勝彦さんはすごく喜んでくれ
私も嬉しかったです

途中何度も車を止め、
腕を組み歩きました

長い階段では、私の手を引いて
歩いてくれました

そして、人影ない所で、
何度も熱いくちづけ

帰りのドライブウエイの
駐車場の空いている一番奥に車を止め
後部座席に移り、ジュ−スを飲みました

1本だけ買い、勝彦さんは私に口移しで
ジュ-スを飲ませてくれました
おい しかった

彼ともしたことがない事が、勝彦さんとは自然とできている自分に少し驚い
ている私。
「好きだよ」と、勝彦さん。私は言葉が出ませんでした。
「彼には悪いけど、好きになったみたいだよ。。。」
そして、私を抱き寄せてくれたのです。熱いキスを受け、それに応えて
しまう私。
勝彦さんの手が、私の胸にそっと触れてきました。少し拒んで見せる私。
優しくブラウスの上からなでまわす勝彦さん。

「だめっ・・」

一瞬、勝彦さんの手が止まる。

「今日はだめ・・」

「そっか・・・。ごめんね。彼氏に悪いよね」  

強く首を振る私。
今日が生理であることをそれとなしに、勝彦さんに告げる私。勝彦さん
は納得してくれ、私の髪をなでてくれました。
「私の事が、本当に好き??」
「好きだよ」
「ありがとう」

と言い、私はそっと手を勝彦さんの股間へ
と伸ばしていました。

「ともみ・・・・」 

その頃には、私の事を勝彦さんは
呼び捨てで呼んでくれるように
なっていました

「いいのか?」  
頷く私。

ゆっくり撫で回していると
勝彦さんのものが大きくなっていくのが
分かりました。

勝彦さんの吐息が少し荒くなっていました
勝彦さんは自分で
スラックスのジパ-を降ろし
トランクスの中から大きくなったものを
取り出しました

勝彦さんのものを指先に取り
顔を埋めてフェラチオしました
40代の人とは思えない大きさに少し驚きながらも、唇の中に勝彦さんの
ものをゆっくり含んでいきました。
いとおしい人のものを可愛がる様に、ゆっくりと愛してあげました。

「ううっ。上手だよ」

やがて勝彦さんは我慢できなくなりつつあり、
「イッていい??」
頷く私。
「うっ」
私の喉元に、勝彦さんの熱いエキスが放たれました。全部出し切ると、
私は全て吸い取ってあげました。

ゴクッ
勝彦さんのエキスを、私は飲んであげました

「飲んだの・」
頷く私

彼にも飲んであげたことのない男性のエキスを、私はその時初めて自然と
飲んであげられました

その後日、私たちは、初めて結ばれました
勝彦さんの用意したシティホテルで

もうこれ以上イヤ、やめて

という位、私の全身を
愛してくれた勝彦さん

耳の中に舌を忍ばせ、指先から
足の指1本1本、指の間まで
愛してくれました

乳首をスッ−と吸われ軽く登りつめ
優しく時間をかけて大切な私のあそこを舐め回して
敏感になっているクリトリスを
チュッと吸い上げてくれました

勝彦さんの指でオマンコを
ゆっくりV字に広げられて
膣の奥まで見られた時は、
恥ずかしく少し泣きそうになりました

そして、勝彦さんは舌を長く伸ばし
膣の奥まで挿入してきました

「あっ、イヤッ・」

背中をのげぞりつつも、イッてしまった私

目の前が真っ白になり、体の力が急に抜けていきました

いとおしい人に私の全てを
捧げているんだと思い、嬉しくもありました

そして、勝彦さんは私の中に太く長いものを挿入してきました。
すぐに、またイッてしまった私。。。
その日は安全日だったので、「中に出していいよ」と、勝彦さんに言
いました。
勝彦さんは、フィニシュを迎え、私の子宮奥にエキスを放ちました。
彼にさえさせた事の無いスキン無しの生の中出しを、勝彦さんから受け
ました。

私はなぜか嬉しくなり、ポロッと涙しました

私と勝彦さのとの間で
こうして秘密が生まれました

彼よりも勝彦さんの方がドキドキするし、いつも気になっています。
こうして告白する事で、今の自分自身をはっきりさせたいと思うからです。
勝彦さんとは、その後、2度結ばれました。安全日以外は、最後は口で受け
止めてあげます。
もちろん、喜んで飲んであげています。彼とは、何かと理由をつけ、拒みつ
つ寝ていません。
次の約束は、今週末の夜

でも、また生理が近く、少し不安です
私の今の元気は、間違いなく勝彦さんです。
好きです

この気持ちを伝えて、おしまいにします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。