貧乏なロリ巨乳姉妹の幼馴染と3p乱交しまくった子供時代

昔住んでいたアパートに
幼馴染の姉妹も住んでいました

ユリとマキという姉妹で
マキが俺の同級生で
ユリは俺の2個上でした

小学高学年になると
女子と遊ぶと友達にからかわれるので
夕方や雨の日など
友達に見つからない時に
幼馴染の姉妹と遊んでいました

どっちの家も貧乏で両親は共働きでしたので
親が帰ってくるまでは
良く一緒にいました

それで中2の夏休み

台風だったと思います

マキが来ました

姉のユリに友達が来ると
追い出されたようです

しばらくゲームをしてましたが
何してるのだろうと?

とユリのトコに覗きに行きました

当時女子高生のユリは男を連れ込んで
セックスをしたいんです

マキと二人で暫く覗いてましたが
我に帰って慌て戻りました

暫くは沈黙が続いてたので冗談で

「すごかったな
チンチン大きくなっちゃたよ」

と言ったら、マキが

「見たい」

と言い出しました

勃っていたのは本当だったので

「お前のも見せろよ」

と言って脱ぎました

ユリの様におっぱいは
膨らんではいなく
未成熟なロリおっぱいでしたが
日に焼けてるとこと焼けてないとことが
異様にエロくて日焼けあとはこんなにエロいんだと
その時初めて知りました

「あんま見るなよ恥ずかしいから」

とマキの前に付きだしました

恥ずかしいと言うより
エッチな気分のが勝ってました

触られると凄く
気持ちよかったと覚えてます

当時は包茎で皮を
剥かれたらチンカスだらけでした

何とマキはチンカスだらけなのを
舐めてきました

オナニー覚えたてだったので
気持ちいいのと痛いのと感じでした

ガキだと思ってたマキでしたが
今思えば学校で友達との
会話から知識は速かったのでしょう

ウブだった俺はフェラって
言葉も知らなかったと思います

舐めるのはエロ本で見てたと思うけど

チンチン咥えてるマキの顔は
可愛く見えました

痛みもあったせいか
射精まではいきませんでした

今度はマキのを見る番で

なんか複雑で覚えにくい形でした

マキに言われるままに
ロリマンコを触ったり
舐めたりしましたが
美味しくはありませんでした

でもマキがアンアン喘ぐので
面白がって舐めてました

その日はソレで終わりましたが
次の日にはエッチしてました

俺では中々上手く入らなくて
マキが上に乗ってのエッチでした

マキが処女だったかは
解りませんが結構痛がってたので
処女だったかもしれません

血も出てたし

それからは毎日の様に
エッチしてました

なので姉のユリに見つかりました

注意されたけどマキが
アノ日見た事を言うと
それからは時々3人で乱交エッチするようになったんです

JKのユリのオッパイが
好きだったからです

ペチャなマキでは
でもマキに生理が来てからは
オッパイも膨らんできて高1位の時には
男友達の間でも評判の巨乳になってました

マキとユリというHな幼馴染姉妹のお陰で殆ど
オナニーしたことのない青春を送れました

マキの親が離婚して
引っ越ししていった高3まで
3p乱交したりHしまくりでした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。