美女な韓国人女子大生が俺にチンコで処女喪失

初めて外国人の女性とHした相手は
韓国人の綺麗な女子大生でした

俺は大学院生になり
そこで韓国人の留学生JDと
出会いました

彼女は日本の大学に留学していて
韓国ではすでに
大学を卒業していたらしい

2、3年前に日本にやってきて、
語学の学校に通ってから
うちの大学に入学する事にしたと

当時の俺は24歳で
たぶん彼女も同じかな

何でも親は韓国で
会社を経営しているらしく
金持ちお嬢様の外国人だと

ある日俺は大学院生専用の
ブースで調べ物をしていたら、
そのブースで熱心に
勉強している女の子がいた

彼女が韓国からの
留学生の子だった

英語の課題をやっていたらしく
わからないところがあって
院生ならわかるかなと思って
聞きに来てくれたっぽかった

片言の日本語しか話せない様子から
留学生と判断

とりあえず
わからないところを答えてあげて、
辞書も持ってきてあげて

気がつけば課題もやらされていて

なんじゃそりゃって展開だが

やってあげてたら
彼女は俺に興味をもってくれたらしく、
少し話しこんでいたら
携帯晩教えてくれたと

まあ、韓国ブームもあったあの頃
気にはしなかったのかもしれない

夜の講義に出てから
家に帰ると彼女から電話が

「モウ、ゴハンタベマシタカ
キョウハアリガト」

また彼女と話しこんでしまった

俺が一人暮らしであることを聞くなり、
遊びに行きたいと

プルコギとか作りたいって言われたり
さすがに積極的でびっくりしたが、
さすがに韓国の子は
ガードが固いはずだよなって思っていた

次の日、経済関係の講義で
彼女は又レポートを出されたらしく、
俺に相談をしてきた

この日は俺は都心で夜から
サテライトキャンパスで
ディベートの講義があったため
それまでならと車でサイゼリアに

お昼がまだだった俺は
彼女とお昼を食べながら
レポートを一緒に考えてあげていた

向かい合うように
席に座るのが普通なのに
カップルシートのように
彼女は俺の隣に

何だか落ち着かないが、
とにかく話をしながらレポートを

少し進んだが、まだ終わりそうにないため
彼女が夜もやりたいと

とりあえず帰っていたら
連絡をするということでその場を去り

都心から戻り、待ち合わせていた
駅まで車で向かって、彼女と合流

デニーズに行くことに

時間はすでに夜11時に

遅くなって平気なの?と聞くも
彼女は大丈夫だと言う

何か俺は落ち着かないままレポート再開

何とか2時頃には終わって
また話しこんでしまった

彼女は川口市内のマンションに
在日の親戚がいて
そこに居候しているという

だから門限はないが
夜中に帰ると物音で起こしてしまうのが悪いと

だから俺の家に泊めてくれと

まさかと思った展開に正直びっくりしたが、
泊めるだけならと思い家に

とりあえず、はじめはする気が
なかったから布団も敷いてあげて、
その間にお風呂もかしてあげた

で、彼女はお風呂から上がると
髪を下ろした姿で登場

173センチほどの身長で
お尻よりも下までの髪

昼間は髪をしばっていた
カジュアルな感じなのに
まるで別人だった

女優のミムラにうりふたつな
美女な彼女

下はパンティ上はティシャツ

えっ・・・ていう格好で部屋に来て
気を使い俺も風呂に行こうとしたら、
彼女は電気を消して抱きついてきた

おもむろにキスをし始め
俺の一物に手を置いた

男の性には従うしかない
思いはただひとつ

彼女は自分でパンツを下げ
Tシャツを脱いだ

手馴れていない
オーラルセックスをし始めたが
一生懸命な姿には
感動も覚えてしまった。

彼女の水源もできあがり
刺激をしてあげたら少し痛がる様子があった

さすがは韓国の女子大生
処女でバージンだった

優しくクンニをし始めると
酔いしれたことのない快感に溺れている様子。

しばらく続けると
声を出してしまうが
出さないようにしている様子にも
処女らしさなのか、
韓国の女の子だからなのか

そして彼女は絶頂に達した

ちょっと涙を流しているかの様子で、
びっくりしたが、嬉しかったらしい

彼女は俺の上に乗ってきて、
自分からペニスに膣をあてがい
ゆっくりゆっくり挿入してきた

バージンとのSEX経験が
なかった俺にはきついと
感じてしまったくらい

和式トイレのスタイルで
そのまま彼女は動き出した

互いに気持ちよさに酔いしれつつ
俺はいきそうになった

外に出さなきゃって思ったが、
彼女は抜いてほしくない、そのまま出してほしい、
出しても大丈夫といい
抜こうとしなかった

俺のこらえもかなわず
そのまま中出ししてしまった

彼女はまた泣いてしまって
本当に純粋な子なんだって思ってしまった。

昨日はじめてみたときから

「優しくしてくれて
気になって大好きになった」

と言ってくれた。

だから、はじめてを捧げようとしたんだろうか。

そこまで純な女は今時いないことを
考えると嬉しくもなった

昨日一人暮らしということを聞いてから

わざと今日はレポートで
夜遅くなるまで時間をかけたらしい

一物が復活したら
バックと正常位でさらにいって
2人とも眠りについた

しばらくは彼女とのあいまいな関係?が続いていたが、
秋になると俺からの自然消滅のような形で
講義も忙しくなり
普通に年上の彼女もできた。

学校で見かけない日が増えて
しばらくぶりに電話をしてみたら
すでに携帯電話が解約されていた。

彼女は一年後の春には
韓国に帰国する予定だったらしい

淡い恋とでもいうのか

彼女を思い出すと
少し切なくなってくる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。