お泊まり会で小学生の時に、友達のお姉さんとレズH初体験

レズ初体験は小学生の時でした

あれは初めて友達の家で
お泊り会をした小6の時

寝る時間になって
友達三人で川の字になって
布団にもぐりおしゃべりしていました

うとうとしていた私は
いつの間にか眠りについていて
深夜にオシッコをしたくなり目が覚めたんです

それで部屋をでたのですが
トイレの場所がわからず
廊下をうろうろしていると
中学生な友達のお姉ちゃんもトイレに起きたらしく
一緒に連れて行ってもらいました

トイレへ着くと
お姉ちゃんが怖いから一緒に入ろうと
何の疑いもなく入りました

するといきなり
友達のお姉ちゃんが
おしっこってどこからで出るか知ってる?

と聞いてきたのです

私は黙ってしまい
早く部屋に帰りたいと思いながら
お姉ちゃんがオシッコをするのを
待っていました

そして私が番が来て
パンツを下ろし便座へ座ると
お姉ちゃんが私の股を広げ
覗き込むように見てきたんです

「ここだよおしっこの出る穴だよ」

と、指で割れ目のなかを探るように
触られました

びっくりした私は抵抗したのですが
友達のお姉ちゃんはjc2年

力にはかなわず
足を広げられクチュクチュと
Hな音を立てていじくられました

次第にいじられているのと
我慢で尿意がピークに達し
お姉ちゃんの手の上で
オシッコを漏らしてしまいました

するとお姉ちゃんが
真顔で

「手がびしょびしょになっちゃたね」

私は

「ごめんなさい」

と謝ったのですが
お姉ちゃんは無言のまま

用も足しここから逃げたい
一身でそそくさと部屋に向かうと
誰にも言わないからねと
言われその日は就寝しました

翌朝、気まずい私とは
裏腹に平然としているお姉ちゃんを交え
友達と公園で
鬼ごっこをしたのですが

またしてもトイレに
逃げ込んだ私を追い
おねえちゃんが一緒に隠れようと

身に危険を感じつつ
断ることもできず一緒に隠れていると

そこは、障害者用のトイレで
お姉ちゃんが洋式トイレの所に座り
私は手すりの所に座っていました

すると、これ知ってる?

おませなお姉ちゃんは
彼氏にもらったんだと
ローターを取り出してきたのです

私はそのときまだローターと
言うものを知らなかったので

「なにそれ」

と聞きました

お姉ちゃんは 

「これね気持ちいんだよ」

と言いながらパンツを下ろし片方の
足に引っ掛けたまま

大股を広げてハアハアしながら
ローターオナニーしはじめるんです

私が唖然としていると

「○○ちゃんパンツ脱いで
ここ座って」

といわれ 嫌と言ったものの
昨晩の荷の前で強制着席。

おしっこ出るとこ覚えた?

と指でクチョクチュされ
おしっこしたくなっちゃうと私が言うと
もっとおしっこしたくなるとこ教えてあげると

今度はローターでクリをいじくられ
ビクビクとなった体に私は怖くなり
お姉ちゃん、ビクビクしてるから

病気になっちゃうからもうやめて
と半べそになりながら拒否したのですが

気持ちよくないの?
じゃあもっといっぱいしてあげる 

とおもいきりオマンコを広げられ
舐められながらローターで
虐められたんです

初めてだったこともあり
最初は単に強すぎ刺激も
今まで味わったことのない
在り得ないほどの快楽に変わり
されるがまま股を広げ
必死に手すりにしがみ付いていました

お姉ちゃんもだんだんエスカレートしていき
オマンコにウォシュレットを当てられながら
舐められたりローターで
いじられたりヨダレをたらしてしまった程
快楽を味あわせてもらいまし

鬼ごっこも終え家に帰る途中
またお姉ちゃんと遊ぶ約束をしました

私は中学生になっても
その公園でレズでバイセクシャルな
友達のお姉ちゃんと遊んでいて、
小卒の時にお姉ちゃんに
紹介してもらった男の人と初体験を終え

同時期に初めてお姉ちゃんとの
Hでイカしてもらい
すっかり友達のお姉ちゃんに
調教されて百合Hも出来る
バイセクシャルになりました

今では恋愛対象が男女両方な私

彼氏もいるし、彼女もいる
淫れた性生活を送っています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。