ストレスで頭が狂いそうなOLが、痴漢とリフレッシュSEX

彼氏に振られ、会社でも
人間関係でトラブルがあり
ストレスで頭が狂いそうだった時期

私は、毎朝通勤電車に揺られ、
会社に行っていたんです

そして、ある日、朝のラッシュ時に
痴漢にあいました

最初はソフトタッチでお尻を撫でられ、
絶妙な触り方で、痴漢さんのテクニックに
少し濡れてしまったんです

そして、しばらくジッとしてると痴漢は
何かを察知したのか私のスカートの中に手を入れてきました。

下着の上から割れ目を指でなぞられました。

どんどん愛液が出て、
濡れていくのが自分でもはっきり分かりました。

痴漢の指が下着の中に入ってくると
私は無意識に脚を開いていました。

男の指があっと言う間に
割れ目の中に入ってきました。

中で忙しく男の指が動いてました。

そんな無言のやり取りが10分ほど続き、
電車が次の駅に近付くと男は
「降りよ」って私の耳元で囁いてきました。

私は男に誘導されるように
多目的用のトイレに拉致られ

男はトイレに入るとすぐに息遣いを粗くしながら
私の下着を脱がし、キスを求めてきました。

そして片脚を便座に上げさせられると
激しくアソコを舐めてクンニ責め

「お姉さんすごいよ!ヌルヌルだよ!Hしたかったんだ!」

男は物凄い興奮してました。

男はスーツのズボンを下ろすと
びんびんに硬くなったおチンチンを出し始め

「早く!早く舐めて!」

とうわずった声で言ってきました。

私は言われるがままにおチンチンを咥えました。

男は激しく感じてました。

しばらくすると、おチンチンから
出てくる透明な液が気持ち悪くなり、
口からおチンチンを出すと男は私を後ろに向かせ、
お尻を突き出す格好で便座に手を掛けさせられました。

すると一気におチンチンを
割れ目に挿入されてしまいました。

少し乱暴にセックスが始まりました。

「私なんでこんな見ず知らずの人と
しかも出勤途中にエッチしてるんだろ」と
思いながらも久しぶりのセックスの感触に私も感じていました。

男の腰使いが忙しくなり、
やがて射精…私は強引におチンチンを咥えさせられ
口の中ザーメン大放出

ようやくHが終わり私は着衣を直していると男は

「また会える?」

と聞いてきました。

私は男とアドレスを交換してその日の夜、
再び会ってホテルで激しいSEX

きっかけが痴漢だったせいか、
彼とは散々変態プレイをさせられました。

あの頃、荒れていた私には、リフレッシュSEXになりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。