フェラチオ大好きなゲイ男子中学生に精飲させる

中学生の時に
フェラチオするのが大好きな男がいた

つってもフェラチオするのが好きになったのは
俺のせいでもあるんだが

その同級生はチンコを舐めてくれるので
密かに「舐め男」という
ゲイなアダ名を付けられていた

小学生の時に2才上の先輩が
この絶妙なあだ名を付けたらしい

しかしアダ名の由来は
二つ上の奴が中学に上がる前に
引っ越したので誰も知らないみたいだったが
実は俺だけは知っていた。

それは

舐め男が小学3年の時に
二つ上の奴のチンポを舐めたので

「舐め男」

というあだ名をつけられたと
本人に聞いたので間違いない。

舐め男は少し変わっていて
知恵遅れみたいな感じな男の子だった

ただ服従心が強く
約束や内緒事を守るので
俺が舐め男の秘密を
聞き出すのもすごく苦労した。

俺は舐め男の過去の秘密を聞いた時に
好奇心が湧き

「俺のも舐めて欲しい」

と頼んだみた

すると舐め男はあっさり
とOKしてくれた

そして俺は放課後の体育倉庫に
舐め男を呼び出し

鍵をかけズボンとパンツを脱ぎ捨て
マットの上に寝転んだ

すると直ぐにチンコを舐めて
フェラチオしはじめた

しかし所詮、小学生の時に覚えたフェラ!

口の中で舌でチンポを転がしたり
皮を被ってる先っぽを
ペロペロと舐めるだけ

だが俺は初めての口の感触に
時が経つのを忘れ外が
暗くなるまでチンコを舐めさせた

それから舐め男にさせる行為は放課後
毎日のように続いた

しかし舐め男のテクでは物足りず
俺は舐め男を調教し始めた

まだ、精通もしてなかった俺だったが
ある時 舐め男に口にくわえながら

「ゆっくり皮をめくってくれ!」

と頼むと、舐め男がゆっくり
チン皮をめくり始めた

初めて剥かれるチンポに
痛みと気持ち良さが同時にして

舐め男が舌を動かす度にビクッと
反応するほどチンポが敏感になっってくる

口の中で完全にチンポの皮が
剥けると急に舐め男がむせ始めた

どうやらチンポの臭いと
味が強烈だったみたいで
舐め男は涙目になっていた

しかし舐め男はチンポを
舐める事は止めずに

皮がめくれて露になったピンク色の
亀頭をペロペロと舐めた

俺はだんだんチンポがムズムズしてきて
舐め男に口にくわえて強く吸い付け!

と言い舐め男の頭を持って
腰を振りまくりイラマチオしてやった

するとオシッコか何かが出そうな感覚がして
チンポが熱くなりがむしゃらに
腰を振っていると

頭の中で何かが弾けたと思った途端
すごい快感が下半身に電気のように走った。

すると舐め男が口からチンポを抜き
精子を吐き出し

「オェ、おしっこしたでしょ」

と泣き出しそうだった

しかし俺は初めての
精通であまりの気持ち良さから
息が上がり頭とチンポが痺れて
それどころでは無かった。

少し落ち着いたとこで
舐め男に精子だと説明し
おしっこではない事を教えて
それから3回も舐め男の口内で射精し
精飲させた

それから俺は舐め男の
男同士のフェラに病み付きになり
学校では当たり前で

休日は神社や土手などで
一日中フェラさせ精神させた

中3の頃には
俺が我慢してもイカせる程の
テクニシャンに成長していた

卒業後一年位は舐め男に
会って抜いてもらっていたが
俺に彼女が出来たので

次第に舐め男とは会わなくなり
それっきり

今思えば、舐め男にフェラしてもらった
3年間が人生の中で一番気持ち良い
フェラ体験の気がする

あいつがゲイなのか
ノンケだったのがしらないが

中学卒業前には
舐め男もフェラチオするのが癖になって
大好きになっていたのは間違いない

俺がチンコを出すとやつも
嬉しそうな顔をして口を開け
俺のチンコを舐め始めていたんだから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。