【中学生】先生とHして中出しされたいの~先生、お願い中で出して~

断われなかった

いや、断れるはずがなかったのだ

可愛い女子中学生に
迫られて断れる男がこの世にいるはずない

俺の仕事は本当にロリな誘惑が
多い職場だ

そう、俺は中学校で教師をしている

「先生、Hして」

と迫ってきたのは
jc2年の地味だけど
童顔え可愛い教え子だ

jc2年にもなると
やたら大人っぽいのもいるけれど
彼女はまるで小学校の延長線上で
ランドセルが似合いそうな
幼児体型な中学生だった

そんな彼女がいつもと違う
ブラジャーをしてきた

カップが下半分しかないやつ

こういうことの
変化にはすぐに気がつく

生徒の変化は珍しいことじゃない

だから俺は彼女の胸を
意識していたわけではない

ただ彼女は身体をモゾモゾを
しょっちゅう動かしていた

やがて、小さなブラから
乳首がはみ出した

ブラウスごしに彼女の乳首が
透けて見える

それほど大きくない胸だが
子供のそれとは
明らかに違っていた

女の芽がいぶいている

終業のベルが鳴る直前に
彼女は乳首をブラジャーにしまった

あとで知ったことだが
彼女は俺に見せるために
わざと身体をモゾモゾと動かし

そうと悟られないように
授業が終わる前に身繕いをしたのだった

「先生、私のおっぱいを
見たでしょう?」

放課後、社会科準備室を
訪れた彼女は、俺を責めた

口調とは裏腹に目には
悲しげな表情をたたえていた

「だって、教えてやることも
出来ないじゃないか」

「でも、見たでしょう?」

俺は頷いた

「責任、取ってください」

「え?」

ブラからはみ出した乳首を
それもブラウスごしに見ただけで
なんで責任を取らなくちゃいけないんだ

そもそもどうやって
透けた乳首の責任を
教師である俺が取れるっていうんだ

俺は困惑した

「先生に見られたと思うと
乳首が立って収まらないんです」

え?この生徒は
何を言ってるんだ?

と次の瞬間

「この子」は「子」ではなくなった

彼女は激しく唇をぶつけてきた

そして、激しく吸ってキスをしてくる

俺の唇を押し割って
舌を絡めてきた

ズボンの上から手をあてがって
彼女は俺のソレを
いとおしげに揉みはじめた

「ずっと、ずっと
先生とキスしたりHしたいって
思っていました
お願いです、先生 私とHしてください」

「いや、しかし」

俺はこの期に及んでまだ
教え子である彼女を
受け入れられないでいた

こんなことが表沙汰に
なってはただではすまない

まして中学2年生の
まじめそうな女子中学生が
30近い教師に迫ってきただなんて
誰が信じる?

俺が一方的に変質者のロリコンだ!

って悪者にされるに決まっている

「先生、先生
お願いです。お願いです」

彼女の声は消え入りそうになりながら

「お願いです」

を繰り返した

その頼りなげな心細い声とは裏腹に
彼女は俺のズボンの
ファスナーを下ろした

トランクスの前穴から
俺のものをつかみ出すと
床に膝をついてなんと口に含んで
フェラチオしてきた

「き、きみ」

jcなのに
手馴れたフェラチオだった

ネットリと舌を絡めながら
棒を手でしごく

俺は下半身から迫り来る
快感に身を任せていた

キスだけで俺は
反応しはじめていたが
彼女のフェラですっかり固くなった

彼女は口を離して

「どう?」

と言った

あの地味な彼女が
こんな表情をするなんて信じられない

トロケた女の顔をしていた

「いいの?」

「いいの 安心して
バージンなんかじゃないから」

俺はブラウスを捲り上げて
ブラジャーをずらし
彼女の乳を揉みしだいた

貧乳だが形のよい
張り詰めたロリ乳

スカートの中に手を入れた

まさぐっていると横紐パンティ

紐をほどいて剥ぎ取った

お腹からお尻まで丹念に
指と掌を這わせ、太ももの付け根では
執拗に指をくねらせてやった

俺はもう彼女が、中学生で
教え子であるという
意識などなくなっていた

俺も彼女もすっかり興奮していた

俺は彼女のスカートを
たくし上げて秘部に接吻した

スカートに添えた手を離して
彼女の腰をつかむとスカートが
フワリと落ちてきて

俺は自分の教え子である
女子中学生のスカートの中に
頭を突っ込んだ格好となった

こんな姿を誰かに見られたら破滅!

イケナイ事をしている思うと
余計に興奮してくる

しかもスカートの中の下着は既になく
俺は直接彼女の性器に舌をあてがい
唇を押し付けて吸い
彼女の湿り気を誘っていた

気持ち的なブレーキが
一切なくなった俺は

彼女のスカートのホックを外し
ファスナーを降ろそうとした

その手を彼女は上から抑えて
「イヤ」と言った

「どうしたんだい?」

「脱ぐのはイヤ
だって、万が一のことがあるから」

見境をなくした俺に比べて
教え子は冷静だった

扉に鍵はかけてあるが
合鍵はもちろん職員室にある

誰かが鍵を開けようとしても
服を脱いでいなければ
扉が開くまでに取り繕うことが出来る

彼女は俺の机の上に上半身をうつぶせ
可愛い炉利尻を突き出した

「入れて」

俺はズボンから飛び出した
ちんこをバックからぶち込んだ

単純なピストン運動だったが
奥まで激しく突きたててやった

彼女は今にも「ヒイヒい」
とエロい声を出しそうになるのを
一生懸命こらえながら感じていた

だが、イク瞬間だけは
どうしようもなかった

「イ、イ、イ、イクウ-!!」

廊下を誰かが歩いていたら
確実に聞かれていただろう

幸いそのようなことはなかったようだ

「先生、まだ、でしょう?続けて」

「いいのか?」

「うん、最後まできて」

俺は彼女の腰を抱いて
自分の欲望のためだけに腰を振った

そのうち彼女もまた感じ始めた

もう一度イカせてあげたかったが
残念ながら俺のほうが
先にフィニッシュしそうになった

俺は腰の動きを止め
彼女の腰から手を離した

「あ、抜かないで。中出しして」

「いや、それは」

それだけはまずいと思った

万が一中学生の教え子を
妊娠させでもしたら大事だ

こればかりは期待にこたえられない

俺は腰を手前に引こうとした。

「だめ、外に出したら、制服が汚れる!」

「え?」

セックスに夢中になりながら
彼女はそんなことを考えていたのか

俺は正直驚いた

そして、その一瞬の思考が
膣外射精を失敗させた

俺は彼女の中に熱くて
ドロリとした液体を注ぎ込んだ

「ああ!まだ、
まだ抜かないで。またイキそう」

中出しした挙句さらに抜くなと言う

妊娠への危険度は
どんどん増してゆくじゃないか

けれど俺はもう教え子の
言う通りにするしかなかった

彼女の与えてくれる
悦びに背を向けることはもはや
出来なくなっていたのだ

体位も変えず獣のように腰を振りつづけ
3回目に彼女が中イキした時

俺は教え子に二度目の
膣内射精をしていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。