美しいチンコを持つ童貞研修医を喰うヤリマン看護婦

勤務する病院に
毎年研修医がやってくるのが
楽しみなんです

私は28歳の看護婦で
総合病院に努めているので
系列の医大から若い研修医が
外病院研修でやってくるんです

研修医って色んな人が多いです

超イケメンで頭良くて
ストレートで医大合格した
王子様みたいな人から

浪人やダブりで
30歳前後のおじさん研修医もいます

今年の研修医の先生は
24歳ということで
珍しくストレートで来たエリート君

私たちは来る前から
どんな男子なのかな?

ってナースの中で
超盛り上がっていた

ナースの花道の一つとして
医者と結婚するというのがあるので

イケメンだったりすると
物凄い倍率でナース達の
猛アタックが始まります

でもエリート君はブサメンじゃないけど
根暗なフツメンって感じで
ナース達はちょっとガッカリした感じでした

それで先日の歓迎会を迎えました

歓迎会の日、私は偶然エリート君の隣に
座ることになりました

他のナース達は隣の科に
配属になったワイルド系の
研修医君にハイエナのように
群がっていました

でも私は一人ほったらかしの
エリート君が少し可哀想になって
一緒に飲んであげていました

話してみると
確かに女性に慣れていなくて
童貞臭はしたけど

そんなにキモイとかってわけでもなく
ウブな感じでチョっと
可愛いなぁと感じていました

1次会で結構打ち解けたので
2次会、3次会と一緒に飲んでるうちに

「このチェリーをいただいちゃおうか」

と私の中の悪魔が囁きだしました

3次会の後は
自然解散の流れになったので

「終電逃しちゃった」

と軽くお誘いを

するとエリート君は
物凄いキョドリ様で
飲んでも赤くなっていなかった顔が
一気に真っ赤に

こりゃダメだと感じて
こちらがリードしてホテル街に

その後は、見てて笑っちゃうぐらい
キョドッたままの彼をホテルの
部屋まで連れて行きました。

部屋に着いてからも
ガチガチだったので
自分がシャワーを浴びてから

「あんまり緊張しないで
大丈夫だから
シャワー浴びておいで」

と声を掛けて、
シャワーに行かせて
こっそり覗いてやりました

股間は見えませんでしたが
彼の上半身は意外や意外
マッチョボディーな童貞研修医

色白で文化系かと思いきや
そのギャップにちょっとドキッって胸キュン

シャワーから上がってきた彼に
スポーツ歴を聞くと

何もしていなかったとのことで
このカラダは高校生の時から
体力作りの為に続けている腕立て
毎日300回の賜物だそう

どこまでマジメなのかと
また笑っちゃいました

笑ってばかりいても仕方がないので
早速…と思い、改めて彼の顔を見ると

メガネを外して
前髪を上げると意外とイケてる

超絶イケメンではないけど
彫刻のようなカラダとも相まって
かなりの上モノではないですか!

俄然、私のヤル気もアップし
彼をベッドに寝かせると
キスから全身を愛撫してあげました

初めこそ、カラダを硬くしていた彼も
観念したのか
次第に力を抜いて身を委ねてきました

しばらくして
ついに彼のトランクスを下ろし御開帳

しかし、私は
絶句してしまいました

彼のソレの美しさに

私自身、男性経験が少ない方ではないし
仕事柄チンコは見慣れており
若い男性なんかは立っちゃう人も多いので

これまでに見てきた
勃起チンコはゆうに100本を超えるにも
関わらず、彼のチンコの
綺麗さには絶句しました

「どんな風に?」

と聞かれても説明しづらいんですが
真っ直ぐで色素の沈着も少なく
綺麗な色をしており
それでいてカリはしっかり張って

ってウマく説明出来ないけど
なんだか本当に芸術作品のような
美しいチンコ

見惚れていた私も、我に返り、フェラをしてあげようとして、改めて気づいたその大きさ。美しさに気を取られていましたがサイズもかなりのモノ。日本人じゃ滅多に見ないサイズ。

益々テンションの上がった私は、自慢のEカップ美乳でパイズリ。

並みのチンコだとそのままフェラするには少し窮屈な体勢だけど彼のチンコだと余裕でした。ただ、カリが大きくて咥えるのが苦しいぐらいでした。

その時点で私の方もかなり濡れ濡れでしたが、あのサイズを受け入れるとなると、事前の準備が必要そうなので、

「じゃあ、交替ね。その凄いのを入れる前にしっかりほぐしてよ~」

と言って攻守交替。

エリート君も最初の緊張感はもう無い様子で、私のカラダにむしゃぶりついてきました。

指マンも最初は痛かったけど、少しレクチャーしてあげると、さすがはエリートのガリ勉だけあって、すごい速さでコツを掴んで吸収していきました。

しばらくすると、私の方がイキそうになってきてしまいました。

さすがに童貞の手マンで挿入前にイカされる訳にはいかないので、「そろそろ挿れてみる?」と持ち掛けました。

そこで、ハッと気づいたのですが、彼はゴムなんて持ってるのか? という疑問…

どう考えてもホテルの備え付けのゴムなんて入るとは思えません。

どう考えてもホテルの備え付けのゴムなんて入るとは思えません。

指マンも最初は痛かったけど、少しレクチャーしてあげると、さすがはエリートのガリ勉だけあって、すごい速さでコツを掴んで吸収していきました。

しばらくすると、私の方がイキそうになってきてしまいました。

さすがに童貞の手マンで挿入前にイカされる訳にはいかないので、「そろそろ挿れてみる?」と持ち掛けました。

そこで、ハッと気づいたのですが、彼はゴムなんて持ってるのか? という疑問…

どう考えてもホテルの備え付けのゴムなんて入るとは思えません。

案の定、エリート童貞君はゴムなんて持ち歩く訳もなく、ホテル備え付けのゴムでは到底入らず…

しかし、この美巨根を前に今更後には引けないので、「安全日だし、いいか!」ってことで生挿入決定。

いざ挿入を試みると、アレだけ準備万端だった私のアソコも中々ウマく受け入れられない…

カリの部分が大きいので、まず入り口のところで頓挫。

10分ほど試行錯誤を繰返したが、いい加減お互い焦れてきたので、「せいのっ」で一気に突っ込むことに…

「ギャーッ!!」と私は悲鳴をあげ、感じたことのない激痛が。

完全にアソコが裂けたと思いましたが、血は出てなかったようです。

彼はかなり心配そうにしていましたが、激痛のあまり、私は返事も出来ませんでした。

先っぽだけを挿入した状態で5分ほどジッとしてましたが、ようやく痛みも和らいできたので「うん…大丈夫…」と言うと、ようやくホッとした顔で笑顔を見せていました。

その後、ゆっくり時間をかけて奥の方まで入れていきました。

膣の中がメリメリと音を立てながら押し広げられていくような感覚で、奥まで達するのに20分以上かけたと思います。

2人で笑顔で「やっと奥まで入った~」と喜び合いました。

挿入を試み出してから、ここまでで40分近くが経過していました。

私は既にかなり体力を消耗してしまっていましたが、ここからが本番です。童貞君をお姉様が男にしてあげると約束した手前ここで止める訳にもいかず…

相手側も、ここまでのコチラの反応でイキナリ腰を振りまくるのはマズイと思ったのか初めはゆ~っくりと、じっくりと時間をかけて少~しずつスピードアップしてくれました。

普通のスピードになるまでにまた30分ぐらいかけて…

気を使ってはくれていましたが、コチラとしては、ギッチギッチにアソコを満たされ、引く時にはカリで膣襞をゴリゴリと擦られ全身に電撃を受けるような感覚を受け続けた訳ですから、その30分の間に4,5回ほどイッてしまってました。

私自信、感度は悪い方ではないと思いますが、中イキするのは普段20~30分程かかっていたので、自分でも驚きました。

この時点で、私の体力は限界に近づいていましたが、恐ろしいことに、ようやく彼はこれから普通に腰を振り出すという事実でした。

しかも彼は全然イキそうなそぶりを見せていません。

少し怖くなった私は、彼に尋ねました。

「あんまり気持ちよくないの?全然イキそうにならない?」

すると、彼曰く、早漏は嫌われるので必死で我慢しているとのこと。

それを聞いて私は、このサイズで長時間ヤると逆にキツイので早いぐらいが丁度いいから、我慢せずイクようにとアドバイス… これが失敗でした。

彼が我慢していたのはイカないように激しいピストンを控えていたそうで、私の許可が出たことで思う存分ハードファックをはじめました。

ハードに攻め出すと、当然彼のロングなチンコは私の子宮口をガンガン突き上げます。

私はヤメて~と叫びたかったですが、一瞬でイカされてしまい、声にならず、為すがままに突かれ続け意識朦朧としてきました。

その後、私は絶叫しながら白目を剥き失神してしまったそうです。

私もセックスで失神したことなんてなかったんですが、そこはお医者さんだけあって、慌てず対処してくれてまもなく意識を取り戻しました。

失神していた時間は2,3分だったようです。意識を取り戻した私の胸には「何人分?」という程の大量の精子がかかっていました。

私が失神したのとほぼ同時に彼も果てたそうで、常人の3倍ほどあるタマに相応の大量の精子をぶちまけていました。

そんな話で談笑している間も、彼のチンコはギンギンのまま(笑)

彼は2回戦をやりたそうでしたが、さすがに私がギブアップ。

フェラと手コキで抜いてあげることに… そこから3発、萎えることなく連続で、しかも大量の精子を放出してくれました(笑)

…ということは、その気になれば「抜かずの4発」ってこと!?

死ぬ死ぬ~(笑)

しかも、その後チョッと休んで自分でさらに2発抜いてました。

化け物か!?って感じでした(笑)

翌日は2人とも午後からのシフトだったので、その日はそのままホテルで一泊することに。

体力も完全に切れて、フラフラだった私はそのまま泥のように眠りこけました。エリート君はその後も悶々として中々寝付けなかったそうです。

翌朝目覚めると、昨日6発も出したにも関わらず、朝勃ちMAXだったので、一緒にシャワーを浴びながら一発抜いてあげときました(笑)

そのまま、2人でホテルを出て、微妙に時間をずらして出勤。

私は、前日に腰が抜けちゃってて、ちょっと変な歩き方だったので他のナース達に気づかれてたかも…

どうやら、軽~い気持ちで童貞君を食べちゃうつもりが、トンでもないモンスターを起こしてしまったようでした(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。