社会人になっても処女な箱入り娘が後悔した初体験エッチ

箱入り娘な私は
大学を卒業して働き出しても処女でした

そろそろ社会人だし
処女喪失したいなー

なんて思う半分

せっかくなら将来結婚を
約束してくれる人に処女を捧げて
初夜でロストバージンしたいなーって
思っていました

私が働いている中規模の広告代理店に
出入りしていたひとつ年下の
新人クリエイターS君と仲良くなったんです

S君は面白くてやさしい人で
時々一緒に食事にいったりするように
なりました

S君は話も面白く、誠実で
やさしい人で

なんとなく私に気があるようでしたが
あくまでも友人としての態度を崩しませんでした

あるとき、S君は彼の友人で
現在は大手の商社に勤めているという
F君を連れてきました。

別に深い意味はなく
ただその日にF君と
会っていたので流れで連れて来た
ぐらいの事だったようなのですが

あとで分った事ですが
S君がF君に

「自分の好きな人がいるので見てほしい」

というような事だったようです

それからは時々3人で
会って遊んだりして、楽しい日々でした

1年程たったある日
突然、S君が言いました

「実は、仕事で大きなミスをして
今度遠くの都市に左遷されるなった
だが、君と離れるのがつらい
僕の心のよりどころとして
いつも君といたい。ついて来てくれないか?」

それまで、キスどころか
手もつながなかったS君からの
告白、プロポーズに
私はびっくりして
まともな返事ができませんでした

「あまりにも突然の事で
返事ができない
そんな急に言われても困る」

というような返事をしたと思います

実は私も悪い気はしなかったのですが
今までとの変化があまりにも急すぎて
優柔不断で処女な私には
決めかねたのです

生活の安定しない職業というのも
私の頭の中によぎったのも確かです

ところがS君はどうやら「断られた」と
勘違いしてしまったようなのです

ある日突然、S君は別れも言わないで
遠くの都市に行ってしまいました

S君が引っ越して2ケ月が過ぎました

携帯も通じなくなり
連絡先も分からなかった私は
友人のF君を呼び出して
S君の連絡先を聞こうと思いました

やってきたF君に
これまでのいきさつを話して、
連絡先を教えてもらいました

そして、S君が本当に私を好きだった事

好きだったからこそ
大切にしてなかなか手を
出さなかった事を聞かされました

「私はS君と
もう一度ちゃんと話したかったのよ」

Fはハッとした様子でした。

「お前、Sが好きだったのか?」

私は、こくっと首を縦にふりました。

Fは「そうなんだ
Sはお前にふられたと思って」

Fはしっかりとした
口調で話をしてくれました

実は以前からSを好きな
A子という女の子がいたこと

Sはそれを知っていたが
私の事を好きだったので
その娘には手を出さなかった事

遠くに行ったSを追い掛けて、
その娘はすべてを投げ捨てて行った事

Sはそこまで好いてくれる
その娘を受け入れ、今は大切に思っている事

失われた2ヶ月は
あまりにも重いものでした

二人で酒を飲みながら
私はいつか泣いていました。

F君はやさしく慰めてくれていました。

私はやけ酒を飲みながら、
いつしか記憶がなくなっていました

ふと気がつくと、私はベッドに
横になっていました。ラブホテルの一室です

シャワー室からバスタオル一枚で出て来たのは
F君でした

私はびっくりして

「いやあ!」

といいました

Fは

「なにいってるの
抱いてっていったのは千香だろ」

と驚きません

私は

「ちがう、これは何かの間違いだわ」

といいましたが、Fは笑って取り合ってくれません

「ほら、千香もシャワーしておいでよ」

「いや、そんなはずは
これは違うのよ」

Fはようやく私が本気では
なかったのに気がついたようです。

「おいおい、今さら嘘とか言わないでくれよ
お前が誘ったんだろ」

それまで紳士的だった
Fとはうって変わって強引でした

「いや、そんなはずは」

「Sの代わりに俺が抱いてやるよ
あいつとSEXしたかったんだろ」

「まって、ダメ!」

「シャワーしないなら、そのままでいいよ、ほら。」

Fは強引に抱き寄せると
唇を重ねてきました

一瞬力が抜けた私を
Fはベットに強引に押し倒しました

「あ、だめ!」

私はそれをいうのがやっと。

Fはキスをしたまま私におおいかぶさると
右手で私の胸を掴みました

この社会人になってもまで
処女だったからといって
その手の情報に無知だった訳ではありません

実は私だって性欲は人並みにあり
自分自身で対処している毎日でした

初めて他人に揉まれた胸に
私はついつい感じてしまったのです

「あんっ!」

と声をあげたのをFは見のがしませんでした

「ほら、感じてるじゃないか
ちゃんと」

Fは私の服のボタンをはずし、
ショーツをたくし上げると
すばやく背中に手をまわし

ブラのホックをはずしてしまいました

気がついた時には私の
乳首は彼の唇に奪われていました。

私は強引な愛撫でもうパニックで
よくわからない状態でした

「千香の胸、想像よりもすごいね
きれいだよ」

彼は私の横に寄り添って
右手が私の左胸を揉み
唇が私の右の乳首を吸っていました

他人に愛撫されるという初めての感覚に
私はもう思考能力がなくなっていました。

彼は私の上半身を裸にして
私の頭横に座ると、体をかがめ
私の胸を愛撫しました

「教えてやろうか
Sはお前の事が本当に好きだったんだよ
お前と一緒に撮った写真を
みながらオナニーしてたんだ
他の女には手を出さずに」

彼の大きな胸が
私の顔の上にありました

私はそれがSの胸のように思えました

私はその背中に手をまわすと
乳首に舌を這わせました

「気持ちいいよ千香
きっとSもしてほしかっただろうね」

Fの愛撫は、私の胸から脇腹
へそ、そしてもっと下へと降りてゆきます。

彼は、私のスカートをはずして脱がせると、下着の上から強引にさすってきました。
「もっと力抜いて、足開いていいよ。」

私は力を入れて足を閉じていました。
まだ男にオマンコを見せる事を躊躇していたのです。

「千香、濡れてるよ。」
「いや、だめ。ぜったいだめ!」

「なんで?」
「あの、お風呂入ってないから。」
「じゃあ、まってるから、いってきて。」

言い訳できない状況で、お風呂に行きました。
私は脱衣所で残っていた下着を脱ぐと、シャワーを浴びて少し冷静に考えました。

Sとの事はもう諦めないといけない。それにSは不安定な職業だし。
Fは堅実なサラリーマンだし、結婚すれば安定した生活ができるだろう。

25歳まで処女だった私は、計算高い女になっていたのかもしれません。
バスタオルを巻いてお風呂から出ると、Fはビデオを見て待っていました。

「さあ、おいでよ。」
呼び掛ける彼の横に座ると、私は目を閉じました。
彼の唇が私の唇と合わさりました。

私がちょっと口を空けると、彼の舌が割って入って来ました。
彼が強い力で私の口を吸いました。私が苦しくなったときにようやく離してくれました。

彼は私を抱きかかえるようにして、ベットに寝かせました。
そして再び、彼の口と手が私の胸に

私は、これから起きる事を想像してぼおっと知っていました。
「千香、好きだ。俺じゃだめか?」

「うーん。」まだ複雑な感情を覚えながら曖昧な返事をしました。
私は胸から全身に広がる快感に身を任せました。

彼は両手で私の胸を揉みながら、唇を私の乳首から鎖骨へ、耳たぶへ。
彼の息があつい。

「気持ちよくしてあげるからね。」
耳もとで彼がささやきました。思わずオマンコがジュンとなりました。

彼はもう一度軽くキスをすると、今度は唇を鎖骨から脇腹、へそ、そして・・・。
「足、開いて。」 そう、私はまだ足を堅く閉じていたのです。

私はおずおすと足の力を緩めました。
彼の両手が、私のひざを掴むと、ゆっくりと開きました。

『ああ、私のオマンコが今、男に見られている』
そう考えただけで、私は頭がぼうっとしてしまいました。

彼の両手が私の茂みをかき分けると、入り口をなぞりました。
「ああっ!うーん。」
自分でもびっくりするような色っぽい声が出ました。

「千香、すごいよ。きれいだ。いい色してるね。」
彼は私のひだを指で開くと、おまんこに舌を這わせました。

おまんこから広がる初めての快感に、私は全身を震わせて感じてしまいました。
友だちに教えられてオナニーを覚えてから10年、こんな感覚は初めてでした。

もう、相手がSだろうとFだろうと、どうでも良くなっていました。
私の中にあるメスの本能に、自分でも初めて気がつきました。

ふとみると、私の顔の横に、黒々とした彼のモノがありました。
私は本能に従って、夢中でそれを握っていました。

実は一人の愉しみのために、大人のおもちゃを通販で買って持っていました。
女性用のバイブレーターを使って、寝る前や、朝起きてベッドでまどろんでいる時にオナニーしてました。

でも今握っているそれは、バイブとは違って、なんだか温かくて愛おしいものがあったのです。
私は下半身の快感に合わせて、握っているオチンポを夢中で上下に擦りました。

彼は、ううんというような声を上げました。
すると先端から透明な液体が私の上に垂れて来ました。
(これが我慢汁って後で知りました)

彼は私に言いました。
「千香、気持ちいいよ。口でやって。」
彼は私の顔の上にまたがり、あの部分を私の顔の上に持って来ました。
『これが69とかいう形ね』 そんな事をなんとなく考えながら、目の前の彼のものを口に含みました。

ちょっとむせるような青臭いにおいがしましたが、不思議と恐いという感じはしませんでした。
男のものをゆっくりと眺めたのは初めてでしたが、なんとなく可愛いという感じさえしました。

彼の先端はちょっと太くなって裏側が三角形に尖っていました。
裏側がずっと線がついていて、根元の袋の方まで続いていました。
私は先っぽを咥えながら、その線にそって舌を使いました。

私が舌を使うと、彼のオチンポがびくびくっとなりました。
それに合わせるように、私のオマンコをなぞる彼の舌にも力が入ります。

彼の我慢汁が私の口の中でだ液と混ざり、口の中が一杯になってきました。
私が苦しくなって口を離すと、彼も起き上がりました。

「千香、いいかい?」
私は気持ち良過ぎて、だんだんどうでも良くなり、快楽に身を任せていました。
もう処女を失う事よりも、これから起きる事への期待が大きくなっていました。

F君は私の足を広げると、間に座りました。
そして、私の上におおいかぶさると、私にキスをして舌を入れました。
私は思いきり彼の唇を吸いました。

彼のだ液が私の口の中で、私のだ液と混ざりました。
次に彼は再び私の胸を両手と唇を使って愛してくれました。
また私のオマンコがジュンとなるのがわかりました。

彼は私の足の間に座り、自分のモノを手でつかみ私のオマンコにあてました。
私は思わず力が入り、足をすぼめて彼を挟んでしまいました。
「もっと足開いて。」

彼は両手を私の間にひじ立ての状態にして、手のひらで私の肩をつかみました。
彼が少し腰を落としました。

私のオマンコに力が加わるのがわかりました。

なんというのでしょう、傷口をむりやりなでるような、刺すような痛さがありました。

「あ、いたい!」
彼はびっくりして、止まって尋ねました。

「あれ、千香ってもしかして、初めて!?」
私は、力一杯両足で彼を締め付けている事に気がつきました。
私は、小さくうなづきました。

彼は一瞬びっくりしたようでしたが、すぐに、
「じゃあ、俺が女にしてやるよ。Sじゃなくて悪かったな。」

彼は再び私の上に乗ると、下腹部を沈めました。
私は目をぎゅっとつむり、シーツを掴むと力一杯握って構えました。

23年間大事にしていた処女が、今日まで好きでもなかった男に奪われるのか。
彼のモノが私のあそこに押し付けられ、まるで腹が裂かれているような感覚が襲いました。

「痛い!痛い!」
「力抜いて!力入れる程痛いよ。」
彼の声が耳もとでします。

彼の唇が私の唇を塞ぎます。
私は少し諦めて、手に入れた力を緩め彼の背中に手をまわすと、ぎゅっと抱きました。
「そう、楽にして。いくよ。」
彼が少し入ってきた所で、最大の痛みがありました。

「あー!いたあい!いたい!」
私はそんな事を言ったと思います。もう彼はかまわず進めていました。
彼は、さらに力を入れました。
私は下腹部の様子に神経を集中しました。
彼の堅いものが私のオマンコを、それまでに広げた事のない大きさにまで開いていきます。

まるで彼のモノが私のおなかの中の中央部まで入り込んだのではないかと思った頃、彼がふうっと息を吐きました。
「千香、入ったよ。」
私はうっすらと目を開けました。
腕立ての状態の彼が私の上で私を見つめていました。

『私はこの男に処女を捧げたのか』妙な感慨がよぎりました。
下腹部には鈍痛が走ったままです。

私がなにも言わないでいると、彼が「ごめんな、俺で。」
私は思わず涙がこぼれました。

彼はちょっと情けなさそうな顔をしましたが、すぐに「大事にしてやるからさ、お前を。」と優しい声になっていいました。
「まるで俺が年上みたいだぜ。」

泣いている私にキスをして慰めてくれましたが、やがて彼は、
「動いていい?」と確認してきました。

そう、彼のものは私の下腹部につきささったままです。
私は小さく「うん」といいました。「外に出してね。」

彼は、はじめは小さく、すこしずつ大きく動きました。
私は彼にしがみついて、痛いのを堪えました。

「すごいよ千香。今までで一番だよ。こんなきついなんて。」
彼は気持ちよさそうに動きはじめました。
だんだん早くなるので、私は痛さが強くなるのが恐くて、足に力が入りました。
それは彼のものをさらに締め付ける事になったようです。

「うーん、千香、気持ちいいよ。お前はどうだ?」
私は痛さが恐くて、感じるどころではなかったのですが、私の中に男が入っているという事実だけで、思考が停止して何もいいませんでした。

彼の体がうっすらと汗ばんできました。
ふと目を開けてみると、天井の鏡に二人が写っていました。

激しく腰を振っている裸の男。
その下にあられもなく足を広げて男の背中に手を回し男のモノを受け入れている女、それが私でした。

今日までまともに男とつきあった事もなく、後生大事に処女を守って来たはずの私。
それが今、こんな格好で男に抱かれているんだ。
そんな冷静になっている自分がいました。

もう痛さももしかしたら快感かしらと思える程、感覚が麻痺していました。
もしかしたら少しは感じていたのかも知れません。

ただただ、私の中を貫く男のモノの感覚に集中していました。
それは確かにオナニーする時の自分の指やおもちゃでは絶対にわからない初めての感覚でした。

私はその感覚に体が反応している事に気がつきました。
次第に彼の動きに合わせて、自分も腰を動かしていました。

「千香、感じてるの? 気持ちいい?」
彼の動きが早まりました。
私もオマンコの奥がぐっと熱くなるような感覚がありました。

「うーん。凄いよ。もうだめだよ。もういってもいい?」
私はてっきり彼が最後は外に出すと思っていたので、そういう意味でうなずきました。

彼はさらに強く動くと、「はあー!」と大きく息を吐き、私の上におおいかぶさって私の頭を強く両手で挟みました。
私の胸は彼に潰され、彼の全体重が私にのしかかりました。

私は「あっ」と思いましたが、彼が上に乗っているので逃げる事ができませんでした。
鏡に写った彼の尻がぐっと私の足の間に押しつけられるのが見えました。

私の中で彼のモノがさらに熱くなり、ビクビクっと震えました。
私はもう諦めました。彼の背中に回した手に力を入れ、ぎゅっと抱き締めました。
私が彼のすべてを受け入れた瞬間でした。

しばらく二人でじっとしていましたが、彼がやがて顔を上げて、私にチュッとしました。
そして涙ぐんでいる私の目を見て「ありがとう、良かったよ」といいました。

そんな彼を見て、私は「この人を好きになってもいいかな?」と思いました。
私の中にまだ入っている彼のモノは、少し小さくなったようですが、鈍痛は続いていました。
でも、この男の女になったんだという感慨の方が強くなったのです。

彼はやがて体を起こすと、私から離れました。
彼のモノからは細い液体がつーっと伸びて、私の股間までつながっていました。
それはやや赤みがかっているようです。

私も体を起こすと、自分の股間に起こっている事を目で確認しました。
大事に守って来た私のオマンコからは、二人の愛液と彼の精液と、そして私の破瓜の血がまざったものがだらりと流れていました。
シーツには大きなシミができていました。

きっとホテルの掃除のおばさんは、私達の出た後、ここで処女を失った女がいた事を知るのでしょう。
それはめずらしい事ではないのでしょうけど、まさかそれが22の女から流れた事までは想像できないのでしょう。

「本当に初めてだったんだね。うれしいよ。千香の最初の男で。」
じっとシミを見つめている私を見て、彼はそう声をかけてくれました。
私はまた理由もなく涙が出て来ました。

彼はそっと私を抱き寄せると、耳もとでささやきました。
「好きだ。今までで最高だったよ。これからもつきあってくれ。千香。」
私は自然にうなづいていました。

私達は後始末をしたあと、彼がシャワーに行きました。
私は、信頼できる女友達に電話をして、うちの親にアリバイ工作を頼んでから、次に親に電話をして、女友達と飲んでいる事にしました。

そして、彼の後を追ってシャワーに入りました。
その夜は結局朝まで愛しあいました。

明け方には、私も何となく気持ちいい事が解るようになりました。
会社には風邪をひいたと言って休みました。

家に帰って、飲み過ぎで頭が痛いと言って寝てました。
股間にはずっと違和感がありました。

昼頃、両親が外出してしまってから、家のシャワーを浴びました。
股間からはまだ少し固まったような彼の精液が出て来ていました。

それからは、しばらく毎日のように彼と愛しあいました。
22になって初めて男の味を知ってやめられなくなったのかも知れません。

でも、本当に彼(F)を愛しはじめていたのかも知れません。
1ヶ月が過ぎ、生理がこない事がわかりました。
彼の子がおなかにいたのです。

先生には心当たりを聞かれましたが、最初のうちは毎日のように抱かれていたので、正確にはわかりません。
もしかしたら、最初の行為ですでに妊娠したのかもしれません。

私の中に自分の子がいることが分かって、彼はS君に電話をし、このことを伝えました。
彼はSに謝ったようですが、当然Sは許してくれませんでした。
SとFの友情は終わったのです。

私は会社を退職し、名字がFに変わりました。
実家の近くに借りた家で彼の帰りを待ち、小さな子供を育てています。

風の噂では、SもA子ちゃんと正式に結婚し、仕事も成功して都会のK市でそこそこうまく行っているようです。
私の夫は、仕事で帰りも遅く、出張も多く、出産後はオマンコの感じが違うとか言って、あまり抱いてくれません。

たまに体を重ねる時があっても、性欲の処理ぐらいにしか思っていないのか、自分だけさっさと行って寝てしまいます。

物足りない私は、優しかったSの面影を思いうかべながら、Sに抱かれている事を想像しながらオナニーしています。

『あの時、迷わずにすべてを捨ててSについて行っていたら』
そう思わずにいられないこの頃です。

なんだかここに投稿したら楽になりました。
もういちど気を取り直して今の夫を愛せるように努力してみます。
なんといっても、私が抱かれたただ一人の男なのですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。