知らずにハッテン場サウナに泊まり、メスイキ体験したら男性に恋してしまった

アナニーで雌イキを覚えてから

ふたなりや女装子に逆アナルされる事を妄想して
アナルプラグを使って
アナニーばかりしていました

そうなるとやっぱり欲しくなるのは
生の男性チンポ

ついに男同士のゲイSEXを体験したんです

その日は会社から1時間半くらい
離れた郊外に仕事で行っていましたが
思いのほか時間がかかってしまい
仕事が終わったのが夜の11時

都内には戻れますが自宅は
逆方向なので終電も終わっている時間

翌日は仕事が休みだったこともあり

帰宅は諦めて翌朝帰ろうと
駅前をぶらついていました

軽く飲み屋で食事とお酒を飲んで
ビジネスホテルなどがないか
歩いてみましたが見当たらず
結局駅前のパチンコ屋の上にあった
サウナに行く事に決めました

カプセルもありましたが
どうせ朝まで仮眠して
帰るだけなので

大広間で寝ようと思い、その料金を
払って館内へ

以外に人は少なく、風呂場も
私以外にもう一人がいるだけで
風呂を済ませて大広間の
脇の仮眠スペースへ

タオルケットを体にかけて横になると
少し離れたところから荒い息遣いが聞こえました

最初は寝息のうるさい人くらいにしか
思っていなかったのですが
衣擦れのような音も聞こえてきて

寝ながら遠目に音の方に目をやると
暗がりにお尻が見えるんです

え?

と思い見ていると
どうやら寝ながらことに
及んでいる様子で
知らずにホモのハッテン場に
来てしまったようなんです

初めて見るゲイSEXに
私は目を奪われてしまいました

一人の男性は
タオルケットで体を隠しながらも、
四つんばいになっているお尻は丸見え

お尻側から男性がお尻に顔を埋めていました

その後仰向けになった男性の
ビンビンに勃起したペニスが見えて
それを先ほどまでお尻に
顔を埋めていた人が
しごいたり舐めたりしている

最後はどうやら男性の口の
中に射精したようで
丁寧に何かでペニスを拭いている動作が見えて
その後男性は寝ている人から
離れていきました

私も寝ようとしましたが
目の前で行われていた情事が
目に焼きついて離れません

そして雌イキを覚えていた私の
ペニスもギンギンに勃起していました

30分くらい寝ようと
頑張りましたが目は冴えるばかりな

仕方なくもう
一度風呂場へ行きました

浴場は深夜なので誰もいませんでした

未だ萎えない勃起ペニスを
丸出しで浴場に入りました

そして洗い場に座り軽く
ボディシャンプーを泡立てて
その手をお尻に持っていきました

アナル周りを解し、
指をぐっと挿入します

興奮していたせいか
いつもより数倍感じるアナニーに

軽く

「あっ」

と声が出てしまうのを堪えて
指をピストンさせ、徐々に指の数を増やしました

3本まで飲み込んだところで
浴室の扉を開ける音が聞こえたので
慌ててアナルから指を抜きました

私は体を洗い始めるふりをして
タオルにボディシャンプーを付けていると

入ってきた男性は私以外
誰もいない洗い場なのに
わざわざ私の隣の洗い場に腰掛けました

そしてこちらを向いて笑いながら

「さっき見てたでしょ」

と言いました

先ほどは暗がりだったので
顔はよく見えませんでしたが
体型的にもどうやら先ほど
寝ている男性を逝かせた
ゲイのようでした

年は40代の半ばくらいで、
中肉のおじさんでした

答えられずにいる私に
彼は追い討ちをかけるように

「今も自分でアナル責めて
アナニーしてたよね」

と私のお尻を触れてきました

そして

「一人じゃつまらないでしょ?
いじめてあげようか?」

と聞かれました

男性とゲイプレイなんて考えられない
と思いつつペニスは
本物のおちんちんが味わえると
ビンビンに勃起しています

「ほら、こんなになっちゃってるよ」

と彼は私のお尻をなでながら
もう片方の手でペニスを握ってきました

それで完全に体を
支配されたようになってしまい、
体がビクビクと反応してしまいました

「すごい感じてるね。こっちもでしょ?」

と言って、お尻を撫で回して手を
アナルにあてがい、
指を入れてきました

先ほどまで自分の指を
咥えこんでいたので、
すんなりと挿入されてしまい

しかも前立腺を的確
に刺激してきます

これだけで逝ってしまいそうになり
ペニスを扱いている彼に手をつかんで

「いっちゃうから」

と言うと、彼は手を離して耳元で

「もっと楽しもう。外に出て」

と言い、浴室から出て行きました

私は一瞬悩みましたが
先ほどの快感を知ってしまった今
逆らうことはできず
シャワーを浴びて泡を流してから
脱衣場へ向かいました

脱衣場では彼が体を拭いていたので、
私も無言で体を拭きました

一足早く彼が体を拭いて
腰にタオルを巻いて私のところへ来ると
まだ勃起しているペニスを握りました

そして「外で待ってるよ」と言って
脱衣場のベランダ(喫煙所になっていて、
湯冷ましができる様にイスやベンチ
が置いてあります)に向かいました

私は体を拭き終わると、
タオルを持って全裸で外へ出ました

彼はベンチに座っていて
私は彼の隣に全裸で座りました

彼は軽く私のペニスを扱いてから
顔を股間に埋め私のペニスを頬張りました

刺激など無いに等しいくらいソフトな
フェラでしたが

それでも10秒くらいで
逝きそうになってしまい、慌てて彼を離しました

彼は「もう逝きそう?」と言って笑うと
今度は私に後ろを向いてベンチを
跨ぐようにしてお尻を突き出させると

両手でお尻を開いて割れ目に沿って
舌を這わせてきました

アナルもチロチロと舐められ
そのまま会陰部、そして睾丸も舐められました

体に電流が走ったように
快感が貫きます

そしてペニスには触れずに
アナルを舌を立てて舐められました

もうユルユルのアナルに
彼は指を入れてきて
軽く二本を飲み込みクリクリと
巧みに前立腺を刺激してきて
それだけで雌イキしそうになります

膝が笑い立っているのも
やっとの状態で

目を股間に向けると勃起したペニスからは
ベンチに我慢汁が糸を引いていました

快感も絶頂状況になり、
いつも一人でお尻を責めるときは
この辺りで挫けてしまうのですが
今日は人に責めてもらっているので
止めることもできず

口からは思わず涎が溢れてしまいます

もうだめ

と思ったころ後ろから彼が

「ほら、出てるよ。やらしいなぁ。」

と言い、自分の股間を見てみると
溢れ出るように亀頭から
精液が流れ出てトコロテン状態

彼の指の動きに合わせてトロトロと溢れ出る精液。

射精感はありませんが、
もの凄い快感です

あまりに気持ちよく思わず
ベンチにを突っ伏してしまいました

少し持ち上げたお尻だけが
痙攣するようにヒクヒクしています

そして何もできずにいると、
お尻に棒があてがわれる感触がありました。

え?と思う間もなく、
その棒は私のアナルにゆっくりと
侵入して来ました

グーッと入ってくる感覚があり
ようやく彼のペニスが
挿入されたんだと自覚しました

「ちょっと待っ」

と言い終わる前に腰を持たれて
グリグリと中をかき混ぜられ、
再び快感のるつぼに導かれてしまいました

だらしなく蛙のように
ベンチにうつ伏している私を思う様、
彼はペニスを突き上げてきます

不思議と痛みも何も無く、
鈍い快感だけが私を包んでいました

もう逆らうことも一切できず、
操り人形のように正上位にされたり
横にされたりしてピストンが繰り返されました

見えませんでしたが、
その間にも何度か精液を
溢れさせてしまっている感覚がありました

最後彼は動きが更に早くなると、
私のアナルからペニスを抜き出し
私の顔の前に持ってきました

もう何も考えられず
淫乱な雌犬になったように
ただ差し出されたペニスを咥えると
同時に口内に大量に射精してきました

何が何だかわからない状況でしたが
頭はもう完全メスモードだったので
一滴もこぼさないように一生懸命彼のペニスから
精液を吸いだし飲み込みました

ベンチに体を横たえた私の隣にしゃがみ
彼は私の乳首を舐めながら
まだ萎えていない私のペニスを扱き出しました

そしてすぐに、
さっきまでのトコロテンが
何だったのかというくらい大量に
射精してしまい、顔にまで飛んできました

精液まみれの私のペニスを
彼はやさしく舐めてきれいにすると

「すごかったね。立てる?」

と私に手を差し出してきました

ヨロヨロしながらも立ち上がると

「ほら、お風呂で体をきれいにしよう」

と言ってお風呂まで連れていってくれました

洗い場で二人とも体を流すと
彼は「ありがとう」と私の肩を叩いて
出て行ってしまいました

その後、なんとか仮眠室まで行くと
倒れるように眠ってしまいました

そして翌朝目を覚ましましたが
体はまだ昨晩の初ゲイSEXの
快感が残っているようで
朝勃ちしまくりでした

またお尻を生チンポで犯されて
メスイキしたいと思って昨日の彼を
探しましたが
いなくて物凄く寂しい気持ちになりました

まるで初恋をした少女のように
昨日私を優しく犯してくれた彼の事が
大好きになってしまったんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。