入院中にマスターベーション見られたり、ウンコ漏らしたり看護婦さんに迷惑かけまくった

入院中のHな小話です

自転車で転んでしまい
骨折してしまった

それで整形外科病棟の2人部屋に
入院するハメになった

ある日、入院しているもう1人が
外泊した為に
病室には俺一人だけになってしまった

暇だなーと友達が持って来てくれた
マニアックなエロ本を見たら
ムラムラとしてしまいオナニーしたくなってきた

それで23時頃にベッドランプつけ
マンぐり返しで
縛られている熟女のエロ本を見ながら
マスターベーションしていたら

急に看護婦さんが部屋に
入ってくるHなハプニングが発せん

看護婦さんにカーテンを開けられ
モロにマスターベーションしているのを
見られてしまいました

看護婦は電気がついているから
入ってきたみたいで

マスターベーション見られて
死ぬほど恥ずかしくて

「すいません」

とつい謝ってしまうと

看護婦さんが

「手伝ってあげようか?」

というと自分の耳を疑いました。

「何を手伝ってくれるの?」

言うと

「分かっているくせに」

と小悪魔的な笑みを浮かべる看護婦さん

ウォーーー!

って感じで

「手伝って下さい」

と頭を下げると
ギンギンに勃起したペニスを
看護婦さんが握ってくれて
シコシコと手コキしてくれた

あまりの快感で
5分くらいでいってしまいお礼を言うと
笑顔で病室から出て行きました

その看護婦さんがまた夜勤の日
深夜お腹がいたくなってしまい

車椅子に乗りトイレに行こうとしたのですが
途中我慢できなくて
恥ずかしながらウンコをもらしてしまいました

トイレに着きナースコールを押すと、
オナニー手伝ってくれた看護婦さんが来て
自分は大人なのにウンコを漏らした
悔しさで泣いてしまうと

看護さんはなぐさめてくれて
トイレの中できれいに清拭してくれた

そして着替えを持って来てくれて
はかしてくれたんです

ストッキングにうんちがついてしまい謝ると

「気にしなくていいのよ」

と優しい言葉をかけてくれました。

いくら仕事とはいえここまで優しく
丁寧にうんちの処理も
嫌がらず笑顔でやってくれる看護婦さんは
本当に僕にとっては天使に見えました

あんな素敵な看護婦さんに僕は看病されて
幸せものです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。