幼稚園の時にHな遊びをした幼馴染が俺の運命の相手だと思うんだ

幼馴染とは同じ幼稚園に通い
うちの両親は共働きだったので
幼稚園が終わるといつも幼馴染の家で
お世話になり、親が帰ってくるまで
幼馴染と遊んでいました

その子は広い屋敷に住んでいた

だから親の目が届かないので
二人ッきり遊んだり
Hな遊びもしたりしていた

最初にHな遊びをするようになったのは
彼女が買ってもらった
水着を着て見せてくれた事だった

1着目は別室で着替えてから
見せてくれたのだが

面倒だったのか2着目からは
俺の目の前で着替えてくれた

そんで幼馴染と
裸の見せ合いって流れになって
お互い興味津々の性器へ
対象が移るのはすぐだった

まず彼女の割れ目を見せてもらって
ロリマンコを触らせてもらった

ホントただの割れ目で
そっと開こうとしたら彼女が
痛そうな仕草をしたので咄嗟に
俺は舐めてみた

オシッコの匂いが
凄くしたけど我慢して
おまんこを舐めた

そしたら幼馴染が
今度は俺のチンコを舐めてくれると言う

横向きに寝転がって69体勢で
お互いの性器を舐めたり触ったりした

しばらくし彼女が
チンコを口に含んでしゃぶってたら

半起ちになって、彼女のマンコからも
液が出てきたのでビックリして止めた

その後幼稚園を卒園するまでキス
クンニ、フェラしたり
お医者さんごっこしたとり
Hな遊びに夢中になっていた

幼馴染とは同じ小学校に入学したんだが
しかし夏前に転校していった

そして彼女との再会は
小六の時だった

俺は進学塾に通わされていたのだが
その塾の夏期講習に幼馴染が来た

彼女が姓が変わっていたので
俺は気づかなかったが
初日の授業の後に声をかけられた

彼女は親が離婚して
母親の実家に引っ越したとのこと

そこは塾のすぐ近くだった

その後彼女の家へ行って
母親に挨拶したら凄く
懐かしがってくれて
俺を歓迎してくれた

で、またHな関係が復活した。

普段は普通にゲームしたり
塾の宿題を一緒にしたりしてたが
彼女の母親の居ないときに

思い出話をしていて俺が

「あの頃のキスとかなんて
ノーカンだよな~」

って言ったら

「私はそう思っていない。
初恋の男の子とのファーストキスだったよ」

といってキスして
またお互いの体を触れ合った

胸がちょっと
膨らんでて吸わせて貰った

彼女は凄く恥ずかしそうに
顔を真っ赤にしていた

結局小学生なので
挿入までには至らなかったが
何度もエッチした

そんな関係も中学に入学し
塾へ行く理由が消滅すると疎遠になり
お互い数度の引越で年賀状も途絶えた

そして、25歳になったとき
3度目の出会いがあった

俺が勤めていた会社に
彼女が中途で入社したのだ

このときも彼女の姓は変わっており
かなりキレイになっていたので
俺は気付かなかった

が、俺の名前が珍しいこともあり
彼女の方から

「○○さんって××区の出身ですか?
幼稚園は・・」

だが、今度は昔の関係は復活しなかった

彼女は人妻になっていたからだ

幼馴染みであることも
なんとなく秘密にしている

数年して会社の飲み会で
初期配置がばらけてきた中で
彼女が俺の隣に座った

周りに聞こえない声量で
子供の頃のHな思い出話をした

そのなかで彼女が2度の再会について

「もし旦那と出会わなかったら
もしかしたら今でも
私の本当の運命の人は○○くんなのかもね」

俺は

「そうかもな」っ

て言っておいた

その後、俺は学生時代から
付き合っていた人と結婚したが

その披露宴のキャンドルサービスで
同僚の席へ回ったとき
彼女が涙を流しているのに俺は気付いた

内心スゲー焦ったが
騒ぎにはならなかった

三次会でほんのちょっと話したが

「よく判らないけど
感極まって涙が出た」

とのこと

いまも普通に同僚をやっているが
俺の運命の相手は幼馴染の彼女だと
実は俺も思っている

でも結ばれないのも運命なのかもと・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。