スーパーで可愛いギャル店員に痴漢しておっぱいを揉みまくる

昔島県に住んでいた

よく行く地元のスーパーに
パン屋も併設されていて
そこの20代前後のギャル店員がいた

スレンダーで超可愛いギャル店員で
典子って名前だった

俺はギャル店員とHな事できないかなぁー
と思ってめちゃ計画練って実行したら
大成功した

スーパーは夕方3時に
店員が店内を掃除するんだけど
東側の入り口(風除室って言うらしい)の棚とかは
パン屋がやるって気づいた

お客さんが少ない水曜日に狙い
そこの店に行って
風除室の棚をずらしたり
パンフをちょっと乱したりして
3時まで待った

放送と同時にパン屋のギャル店員さんが1人
こっちに歩いてきた

すっげ~~ドキドキしたよ!

だって狙い通りギャル店員の
典子ちゃんがこっちに
歩いてくるんもん

俺は外向いて張ってある広告を
見る振りして待った

すると、

ギギっ

って棚を引き擦る音

振り返るとギャル店員の典子ちゃんが
棚の両端を持って直してた

エプロンでキュってなってる
腰が細くって超エロ可愛い

もうビンビン!!

心臓バクバクをどうにかを抑えて
スッッとギャル店員の背後に

駐車場を見ても、店内を見ても人はいない

店側の自動ドアも閉じている

典子ちゃんは俺に気づいていない

もういくっきゃないよねって感じで

棚の両端を
持って押している典子ちゃん

実はこれも狙った

棚を押すために両手を広げてるから
カラダは無防備!

荒くなった息を抑えて
がら空きになった脇からスッッっと
両手を通してエプロンの下に滑り込ませ
痴漢スタート!

両手を大きく広げると
ゆったりとした白衣越しに
確かにおっぱいのふくらみの感触

膨らみの大きさと
場所を確認するようになでまわしてから

そのまま典子ちゃんの
細いカラダにしがみついて痴漢しまくり

「典子ちゃん 捕まえた!」

ムニュウ

おお~きくおっぱいをひともみ!!

手の中で胸がカタチを変える
やわらか~い感触

「!!」

典子ちゃんは

ビクウゥ!!

ってなって、

「やッえっっ!何っっ!?」

「ぉぁ~やわらか~~いおっぱいだね」

ムニュッムニュッ

B~Cくらいかなのおっぱい

何回ももむとすっごいやわらかいのに
もみごたえ抜群

何回も難解ももむと
白衣越しにブラのカップの感触まで伝わって

「ちょッッ やっ・!
!何ぃッッ!!いやッッ」

ギャル店員の典子ちゃん
びっくりしたのか

思うように声が出せないみたいでさ!

も~~俺は興奮して
痴漢しまって堪能そまくったよ!

で、ここからがうそみたいな幸運!

もみたくった左手の指先に、
白衣じゃない感触

パン屋の服って、コックみたいに
ダブルになってるね?

エプロンに手を滑り込ませた時に
白衣の合わせから手が入ったみたいでさ!!

もういくしかないって感じ!

右手は離して典子ちゃんの
腰に手を巻きつけて、さらにしがみついて

左手はそのまま奥に突っ込んだ!

ブラだ!!典子ちゃん
白衣の中はキャミとか着てない!

「やっっ!!!ちょっ」

典子ちゃんは声は出せてなくても
必死にカラダをくねらせてた

けど!!そのときにはもう

ムニュムニュムニュ

痴漢しまくって
おっぱいをもみまくった!

ってよりは・コネまわしたって感じかな

ブラの中の生乳はあったかくって
ちょ~スベスベ!

「いやああっ!」

やっと悲鳴を上げれた典子ちゃん

だけどブラの中は好き放題された後

時間にしたら1分足らずだと思うけど
超かわいいギャル店員の
ナマ乳を好き放題した
過去一番の痴漢で
俺は走ってチンコを勃起させながら
逃げました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。