【ゲイ】イケメンマッチョな男子高校生と野外乱交SEX

少年たちが男同士で
ゲイSEXしているのを目撃して
混ざって乱交SEXしてしまいました

あれは出張の帰り道
車を運転していた俺は
海沿いの道を通って帰ろうと思い
そのままハンドルを向けた

その海は砂浜に砂防林(松林)があって
その先が砂浜、海といった地形で
車を止めてちょっと散歩する事にした

その日は夏の19:00位についたから
まだ夜の7時と言っても明るく
気持ち良い海風が吹いている

周りを見渡すと
人陰はどこにも見あたらなかった

そよそよと、海風が気持ちよく
石畳の上に仰向けに寝ころんでいた

すると

ガサガサ

と砂防林の下の生い茂ったごく一部のススキが
異常に揺れている音だった

「野良ネコかな?」

なんて思いつつ
ゆっくりと近づいてみると

4つの白い短いソックスの足先が
もぞもぞ絡み合っているのが見えた

よく見ると、一人は茶髪の
色黒でいかにも今風って感じ
もうひとりは短髪でやはり色黒

茶髪が短髪の上になって
キスをしているところだった

二人とも、始めたばかりっていう感じで
開襟シャツ、灰色の学生ズボンという
男子学生スタイルだった

それにしても、男が女にするような
お互いの頭を押さえつける、ディープキス

それをみただけでオレは
MAXになってしまった

オレはススキの中に身を隠し
2人のゲイSEXを覗いていた

今度は短髪が、長髪の胸元に手をいれ
乳首を愛撫しているようだった

長髪は首を大きく後ろにそらせ
小刻みに感じている様子

思わず生唾を「ゴクッ」っと飲んでしまった

このとき初めて2人の顔が
見えたのだが、なかなかのイケメン男子高校生

長髪はNEWSの山下智久
短髪はボクシングの亀田大毅をクズした感じだ

2人の脇に置いてあるカバンからみると
サッカー部の部活帰りの様子

今度は座り直しお互いが向き合い
服を脱がせ合いだした

短髪はランニング姿になり
長髪はこの時点で裸になった

それにしても、夕日に浴びた2人は
元々の肌の色が濃いせいか
ますます色黒くみえ
また、部活で鍛えまくっているため

腕の力こぶ、長髪の胸板、腹筋ともバキバキで
まさにロダンの彫刻のようなイケメンマッチョなガタイ

俺自身もガタイフェチでジムで鍛えているが
さすが若いガタイには張りがある

快感で筋肉が収縮している姿が見えて取れる

2人とも、お互いの親指の腹で
乳首をころがして、楽しんでいるようだ

感じやすいようで、体が左右に揺れ
親指だけの動きだけでは物足りないようだ

今度は、短髪が長髪に背を向け
長髪が短髪を後ろから抱き

右手はランニングの中に手をいれ、
左手はズボンの上をなぞっている

どうやら、短髪の方がウケのようだ

短髪はやや後ろを向き、また深いキス

いつの間にか長髪は短髪の
ズボンのチャックを開け
チンポをしごいていた

まずまずのでかさだ

すでに先汁で塗れているようで
滑るような動きが早まったり、遅くなったり

短髪もなかなかなガタイ
長髪ほどではないが、腹筋もバキバキ
胸板も感じるとピクピクするくらいな張り

それでいて、アバラの凹凸が見事だ

ある程度の愛撫が終わったところで
長髪が立ち上がり

座っている短髪の前で
ズボンとパンツを脱ぎだした

オレはまた生唾を飲み込んだ。

長髪は背は180cmは軽くあるだろう
短髪の座高では正直
口が袋の下に位置して中腰にならないと
直接フェラができないと言った感じだが
長髪のチンポは、へそのあたりまで届き
長さは17cmはあるだろう

まっすぐに天をを向き
腹にヒタヒタあたっているのが見えたのだ

何という、うまそうなチンポ

短髪は始め、袋を舐めていたが
中腰になり、一心不乱に竿をしゃぶりだし
フェラチオしはじめた

いきなりのハイストロークで
ここまでその音が聞こえそうな早さだった

長髪はかなり感じている様子で
少し引き気味の姿勢で
そのストロークに合わせ腰を振っている

もちろん、手は短髪の頭に添えて
リズムを取っている

ゲイなオレは、それを見て
思わず射精してしまった

自分でも驚く程の量と、飛距離で

自分の理想のシチュエーションで
へたなホモAVよりもよっぽど
エロく見えたせいかもしれない

短髪の高速ストロークが
くわえたまま、ピタっと止まった

長髪の頭は天を仰ぐように傾き
腹で大きく息をしているようだ

オレは「イッたんだ」と確信した

どうもその通りのようで
イッタあとの処理を
短髪は愛おしそうにしている

短髪は上目使いで
先っぽをチロチロと舐めている

吐き出した仕草はしていないので
精液はすべて飲み込んでしまったんだろう

山下智久似のイケメンマッチョな
男子高校生の精子ってどんな味なんだろう?

そんな想像をしただけで
オレのチンポはビンビンに復活しだした

今日のオレはどうかしているのだろうか?

こんなに性欲が強かったか?
と疑ってしまう位

しかし、妙だ。

なぜか二人の体位がこちら向きというか
見てくださいと言わんばかりの青姦ゲイプレーだ

考え過ぎなのか?

それとも、のぞきが気づかれているのか?

実は、後者だったのだが

そんなことを気にしている間
二人はいつの間にか、バックをやり始めていた

もちろん、長髪が短髪を掘っている体勢である。
それにしても長髪の腰使いは異常に早く、エロぃ

オレだったら
タチでもウケでも2分ともたないだろう

下から突き上げる様な形で

まさにガツガツ、パンパンって
擬音がしそうなくらいのストロークである

短髪は、頭を立てに横に振り
ストロークに耐えている様子だが
かなりつらいのか眉間のシワが際だっている

その顔がまたエロぃ

耳を澄ますと短髪の

「オウぅ!おうぅ!オオ」

というエロい声が
かすかだが聞こえてくる

実はオレはリバなんで
もし2人の間に入ればどちでもプレーできる

オレも、一緒に盛りたい!

という気持ちが、見ていくにしたがって強まってきた

今度は、短髪を仰向けにして
「正常位か?」と思わせた瞬間

長髪が短髪の腕を自身の首に回して
ヒョイと持ち上げてしまった

「駅弁だ!!」

思わず、うなってしまった。

しかし、高校生にしてはずいぶん
マニアックなホモセックスを
するもんだと感心していると

短髪の喘ぎ声がいっそう激しくなっていた。

足を長髪の首にかけているから
あの長いペニスが腸の奥深く
刺さっているんだろうと考えた

しかも、長髪は弾むような
腰使いであたかも赤ちゃんをおぶるように
短髪を責め立てている

自身の腰のストロークと、短髪の上下の動きに反比例しているから、相当な早さとストロークであろう。
短髪ははじめは激しく左右に首を振っていたが、あまりの喘ぎ声の大きさに、長髪の口で口をふさがれてしまった。

その時!!
犬連れの老人がこっちに向かって歩いてきた。
オレはやばいとおもい。
とっさに、2人に声をかけようと思った。(もちろん、続きを見たいがためだが・・)
だが、二人は冷静に事を中断し、そそくさと服をきて、防風林の奥に消えてしまった。
オレは老人の出現に腹をたてつつ、いいもの見せてもらったとの満足感から、
帰路につくことにし、防風林の細い遊歩道を歩いていった。

下向き加減であるいていたら、急にあの二人が目の前に現れたではないか。
長髪「兄貴!俺たちのセックス見て、シコってたでしょ?」
「!。。。やっぱり、見せつけてたんだ!!」
内心やばいと思いつつ、思い切って声をかけてみた。
「2人とも、マジいいガタイしてるし、ルックスも良いし、すっげーエロかったよ!」
短髪「いいとこだったのに、じーさんきてさ!!まだ、ケツがうずいちゃってしょうがないっすよ!!笑」
「じゃあ、オレの車のなかで続きする?オレも交ぜてほしいなぁ!!」
オレの車っていっても、仕事で使っている会社のハイルーフのワゴンタイプ
業務後だったんで、荷物はないため、セカンドシートを収納すれば大人が横に寝られる広さだ。

しかも完全スモークつき。
海の駐車場は、道路沿いで、ここでおっ始める訳にはいかなかったので、
とりあえず駐車場を出て、彼らにてきとーな場所を聞くことにした。
2人は後部座席
「ってか君ら、いくつ?部活は?」
長髪「17で高2!サッカー部でこいつは後輩。」
「へー!そうなんだ? あと、この辺よくわかんねーから、いい場所知らない?」
長髪「いいすっよ、めったに人のこない海辺しってますんで、ナビしますよ」

長髪のナビでついたところは、やはり海沿の船着き場だった。
外にでてみると、作業小屋がある程度で、人家はない感じだった。
「お前らこんなとこでもやってんの?笑」
短髪「うちら、外でやるのがいいんすよね。たまに見せつけたりして、お互い興奮しちゃったりして!!」
「マジ、エロぃなぁ!!」
じゃあ、ってことで後ろのシートをたたみ、床に段ボールを引いて始めることにした。
長髪「兄貴、シャツ脱いじゃってくださいよ。2人で責めてあげますから」
オレのガタイをみた短髪は

「すっげー 兄貴腹筋バキバキじゃないっすか!
むだ毛もいっさいないし」

「お前らだって、ガタイすごいエロぃよ。」

長髪「オレら、サッカーした後必ず
1時間くらいはウエイトしてるからね」

短髪「しかも、競パンだけで、筋肉見せあってねw」
「そっか、オレもガタイフェチなんだ。腹筋割れてないと、勃たないんだw」
長髪「じゃあオレらと一緒だ!!とりあえず、兄貴の筋肉 いただきま~~す!!w」
2人は左右から乳首舐めを始めてきた。
「うううぅっ・・・」
強烈な責めだった、舌先でチロチロされたり、歯でカリカリされたり、
まさに男の感じるところを心得ている、百戦錬磨といった感じ。
2人もシャツを脱ぎだして、ガタイを見せつけてきた。
やや、汗くさい臭い・・・

さっきのセックスでかいた汗か、部活でかいた汗か・・・
とにかく、淫臭というべき匂いが車の中に充満し、
3人の理性を失なわせてしまうのではないかというくらい強烈だった。
短髪「兄貴、気持ちいいみたいいすね。」
長髪「チンポもビクビクしてるっすよ。」
言われた通り、オレのそれはズボンの上からもわかるとおり勃起していて、
ビクンビクンとリズムを打っているのがわかる。
一方、2人はズボンは脱ぎ、サカパン状態。
特に長髪の方は、亀頭の先がパンツから見えそうなくらい勃起していた。
いや、全勃起でこのパンツの短さだったら、飛び出すはずだ。
オレはさっきの海での短髪のフェラを思い出し、無性に、長髪のチンポにしゃぶりつきたくなった。
それを感づいたのか、長髪はオレ顔のまえに下半身を向けてきた。
短髪は相変わらず、オレの乳首を舐め続けている。
しかも、嫌らしい音をたてて・・・
長髪「兄貴、オレのガタイ見てくださいよ。」
といって、シャツを脱ぎ中腰で、腹筋を見せつけてきた。

わざと力をいれているのだろう、6つに割れた腹筋はまさに板チョコ状態。
触ってみると、硬くて柔軟性のある筋肉。
そのまま、手を上にもっていき乳首を転がす・・・
長髪は防風林でのエッチと同様、首をもたげて感じている様子。
下を見ると完全に勃起した、チンポの先っぽがパンツの間から顔を出していた。
「お前のチンポ、マジでかいな。黒人並だぜ!!」
長髪「このスタイルエロぃでしょ?サカパンからとびだすチンコ・・・w」
「ああっ エロぃよ。うまそうだよ。汁もでてるよ。」
長髪「よく言われるっす。これで、女もタカシもヒーヒーっすよ。」
どうやら、短髪のほうは「タカシ」という名のようだ。
「お前はなんていうの?」
長髪「ダイチっす。」
「じゃあ、ダイチのチンポしゃぶらせてもらってもいい?」
ダイチ「いっぱいしゃぶってください。フェラされるの好きなんっすよ」
オレはサカパンをひざまで下げ、さっきのタカシのように
スーパーストロークでしゃぶりだした。
ダイチ「くくくぅぅつ・・・。兄貴いいっすよ もっと早く、早く」
と言って、オレの頭をつかみ、リズムを合わせた。

さっきの防風林でのエッチの再現だ。
しかも、しゃぶっているのはタカシではなく、オレ・・・
それを見ていた、タカシはいつのまにかオレのズボンを脱がし、俺のチンポをしゃぶり始めた。
それにしても、ダイチのチンポはでかい。
いろいろなチンポを見てきたが、こんなにでかいのは1,2を争うだろう。
正直、喉の奥にあたってもまだ足りないという長さである。
こんなモノで突かれたら、腸が破壊されるんではないかと、やや不安になるくらいだ。
タカシは自分でしごきながら、うまそうにしゃぶっている。
慣れた舌づかいで、追い上げて焦らすといった手慣れたシャブリ方だ。
油断すると爆発しそうなテク・・・
いつの間にか3人ともマッパになった姿は、車の中の暑さも影響してか、汗だくでテラテラと輝いている。

その姿がまたエロぃ。
ダイチ「兄貴。ウケ?タチ?」
「リバだよ。」
ダイチ「じゃあ、兄貴後ろからタカシ掘っちゃってよ。その後ろからオレが突っこむから、3連結しようぜ!!」
なんというエロぃことを・・・
ホントにこいつら高校生か?
ヤリ慣れてる・・・
「ゴムは?」
タカシ「兄貴、病気大丈夫でしょ?ゴムつけるとオレ感じないんだよね。」
事は急げと言う感じに、オレはまずバックスタイルになったタカシのケツをつかみ、
竿先に唾をいっぱい塗りたくって、一気に挿入した。
タカシ「うぅうううう・・・」
「痛かったか?」
タカシ「いや、まだ動かさないで・・・でも、すっげー気持ちいいっすよ。」
オレはまずはタカシと2人で楽しむことするとダイチから承諾をもらい、ゆっくりと腰を動かし始めた。

オレは後ろから、タカシの肩を抱き寄せ上半身を引き寄せるようにして、ガンガン突きまくった。
『パンパンパンパンッ・・・・』
車の中に響くピストンの音、彼らほどではないが、激しいストローク。
まさにAVなみ。
こんなセックスは初めてだ。
突かれているタカシは半ば半狂乱状態で喘いでいた。
盛りのついたネコのように・・・
「兄貴、すげーーっす、すげーーすっ!!ケツマンコ壊れちゃいますぅ!!」
普段声を出さないオレも、ピストン運動に合わせて
「おうぅ!おうっ!!」
などと呻いていた。

ダイチはタカシの前に回り、タカシの勃起したモノをフェラしていた。
タカシが頭を動かなくても、オレらのピストン運動で出し入れできる状態だった。
タカシのケツ穴は波を打つようにオレのチンポを締め上げたり、ゆるんだりしている。
10分ほどバックでガン掘りしたため、オレとタカシはますます汗だくになった。
それに気づいたダイチはオレたちの汗を舐め回してきた。
ダイチ「2人ともエロい味っすよ。w」
ダイチはタカシの前に立ち、フェラを始めた。
それを見たオレは興奮して、ますますタカシを責め立てた。
オレはあるポイントを突くとタカシの腰が引くのを見つけてしまった。
わざとそこを責めると、タカシは女みたいな喘ぎ声を出し、腰をガクガクさせた。

「もしかして、ここ!?・・・」
タカシ「やばいっす、やばいっすぅ!!ダメっす、ダメ・・・」
ダイチ「兄貴!!そこ突くと、タカシいっちゃいますよ。w」
「マジで!?もしかして、こいつトコロテンもすんの?」
ダイチ「ええ、いつもじゃないですけど、たいていは・・・・」
もうすでにタカシは理性を失ったように、オレの腰の動きにあわせて、
ケツを振りまくり、時には後ろを向いて、オレと濃厚なキスする。
もちろん、唾液もゴクゴクうまそうに飲む。
急にタカシの動きが早くなり、うわごとで訳のわからないことを言い始めた。
タカシ「○△×××・・・!!!」
その瞬間、タカシの勃起したチンポから大量の精液が放出された。
一部は天井まで届き、一部は車のガラスにまで跳んだ。
射精した瞬間、タカシの体はぐったりし、少し痙攣したように小刻みにふるえていた。

ダイチ「すっげーぇ こんなに興奮したタカシ見るの久しぶりだw」
「そうなの?でもこいつのケツまだひくひくしてるぜ!!」
ダイチ「こいつ性欲ハンパじゃないから、1、2回いったくらいじゃ、満足しないっすよ?」
ダイチの言うとおり、タカシのチンポは萎えることなく、むしろさっきよりも誇張しているようにみえた。
タカシはある程度呼吸が整ったようで、ゆっくりと体を起こした。
タカシ「兄貴ぃ!!すっげー良かったっすよ。w ダイチとは違う責められ方で変になっちゃいました。」
「オレもまだまだいけるんだなぁ。ってかまだオレいってないんだけど・・・w」
ダイチ「じゃあ3連結します?w」
「ってかダイチのチンポ、オレの穴に入るのかな?」
ダイチ「大丈夫っすよ。オレが指で兄貴の穴ほぐしてあげますから・・・」
オレは不安だった。
今見えるダイチのチンポは彼の臍まで届き、ピクピクと波打っている。長さは18~20cmといった感じ。
エラもそれなりに張っていて、腸壁をこね回すのには十分な大きさだった。

正直、こんなチンポは見たことがない。
ノンケAVで黒人のチンポを見たことあるが、それと同等といっていいだろう。
また、タカシとダイチがオレの乳首を舐め回してきた。
「ううううぅううっっ・・・」
やっぱりこの二人に責められるとタチよりのオレでも声が出てしまう。

ダイチがオレのチンポをしゃぶりだした。
ねっとりと吸い付くようなフェラ・・・
ゆっくりしたストローク・・・
男の壺を知り得た奴しかできない技だ。
タカシはまた、オレのまえでバックスタイルになりケツをゆらして、オレを誘い始めた。
オレは二人の技で復活したチンポに唾をつけ、一気にタカシを貫いた。
タカシ「ああああぅぅつ・・・」
相変わらずがっちりしまるアナルだ。
今度はダイチがオレの穴をほぐすべく、舌で愛撫してきた。

はじめはチロチロと時にはアイスを舐めるようにベチャベチャと舐めてきた。
ケツ穴に蛭が這っているいる感じ・・・
だが、決して気持ち悪くない感覚・・・
ある程度緩くなったところで指を入れてきた。ほぐすというよりか、腸壁をこね回す
感じで指を出し入れしてくる。
関節を曲げ、腸壁をなぞる・・・
「くぅつつつぅ・・・」
オレはリバだが、正直ケツで感じたことはない。
ただ今日は違った。ダイチのテクでメロメロになってしまい、
早くつっこんで欲しいといった感覚になってしまった。
いつの間にかダイチはオレのアナルに4本の指を入れ、十分にほぐしこんでいた。
オレの感覚が繋がったタカシにも伝わっているようで、
ダイチのテクでよがるとタカシもよがるといった感じだ。

ダイチ「兄貴、ケツマントロトロっすね。そろそろいいっすかね?」
オレはテクでメロメロになってしまい。無条件に首を縦にふった。
ダイチはオレのケツをがっちり掴み、竿先でアナルをなぞった後、一気に荒々しく挿入してきた。
「!!!!!!っ!!!!!」
ダイチのチンポを受け入れた瞬間、オレの頭の中で電気がショートしたような感覚が走った。

もちろん、でかすぎて痛いという感覚もあったが、それとは別に疼きとは違った暖かな感覚が広がっていた。
それにしても普段ウケをやっていないオレには、ダイチの18cmを越えるだろうチンポは大きすぎた。
ダイチのチンポが完全に挿入されたとき、まさに極太の杭がケツから刺さり、
あたかも胃が口から飛び出しそうな苦しさにおそわれた。
ダイチ「兄貴?痛いっすか?やめましょうか?」
「いや、なんか変な感覚。まだ動かさないで」
オレは前にいるタカシに責める余裕もなく、
ただダイチのチンポに慣れることだけでいっぱいいっぱいだった。

ダイチ「じゃあ、そろそろ動かすよ。w」
ダイチはオレのケツをつかみ、わざとゆっくりとストロークするのだが、
ダイチの竿の長さと亀頭のエラがハンパじゃないため、かえってオレ自身の感じる度合いは強烈であった。
腸の空気が入ったり、押し出されたり、胃がもち上がったり、下がったり・・・・
腸壁全体を、チンポという太い綿棒で擦りとられている感覚といってもいい・・・
「うっぅぅう
ぐっっつっっつッ!!!」

くぐもった、喘ぎ声とは違う声しかでなかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。