子供の時にショタコンのゲイ家庭教師にフェラされて犯されたりしたけど・・・

私が初めての性体験は
小学6年生の時です

それも相手は異性ではなく
同棲でゲイ体験だったんです

教育熱心だった母親は
息子の私を私立の中学校に
通わせたかったらしく

大学3年生の家庭教師を
つけてくれたのですが
その家庭教師はゲイのショタコンでした

家庭教師は毎週月曜と木曜で
家庭教師がついて2ヶ月くらいの5月下旬
土曜日に図書館で勉強しようと
誘われて当日出かけたら

先生のアパートに連れ込まれて
下半身を露出させられて
チンコを無理やり手コキされて
ショタレイプされまいた

当時まだ精通していなかった上に
オナニーなどの行為さえ知りませんでしたが

ペニスを弄ると勃起して
気持ちよくなることや
その状況は恥ずかしいという感覚はありました

家庭教師の先生と一緒に裸になって
お風呂に入りながら、包茎を剥かれて
チンカスを洗い流すことを教わりました

お風呂から出ると
ショタコンな先生のベッドに座らされて
先生にフェラチオをされました

先生の口と舌の温かさを感じ
その後じんわりとした気持ちよさが伝わり
ペニスが徐々に勃起していきました

先生は、舌で舐めながら口を前後に動かし
私はあまりの気持ちよさに腰がカクカクし

ビクン!という痙攣のような感覚の後
ペニスが小さくなっていきましたが

また手コキで強制勃起され
レイプされるように
何度も手コキされて
ビクンを繰り返しては
扱かれて気が狂いそうでした

そして、今度は先生の大人の
ペニスが私の口に入り
私はフェラの指導を受け

その後、先生のペニスを
扱かされて射精を初めて見まいた

私は付属中学の受験には失敗したのですが
その先生と個人的に付き合い
中学1年のときもペニスを悪戯されながら
勉強を見てもらっていました

時々、大学2年生のお姉さんが
ショタコンの先生の部屋にいるときがあって
その時はペニス遊びは無く
勉強を教えてもらっただけで
帰っていました

どうやら、そのお姉さんは
沙織さんといってショタゲイな先生の彼女らしく
沙織さんがいるときはなるべく
早く帰るようにしていました

中1の3学期、先生は卒業して
故郷に帰ってお別れになるのですが
先生は沙織さんの前で私を裸にしました

私は、沙織さんに
ペニスを見られて恥ずかしいのに
先生にちょっと触られて勃起してしまいました

「沙織、良かったらこの子に
性教育をしてあげたらどうだい?」

「面白そうね。じゃあ早速」

私はこの日、先生と沙織さんの
セックスを目の前で見せられて
ペニスがビンビンになっていました

一戦終えた沙織さんが
まだ皮が剥けていない私の
仮性包茎ペニスを扱きました

柔らかくて生暖かい沙織さんの手が
まだ精通していない私の
ペニスをやさしく扱きましたが
まだ、射精はしません

「この子、まだ精通してないから
精液でないのね」

そういって微笑んで
私を仰向けにして
生のまま沙織さんのオマンコへ入れられ
13歳の童貞を失いました

先生が卒業した後

今度は沙織さんの部屋で
ペニス遊びが始まりました

女性の裸、オマンコを
じっくり見せてもらいながら
射精しないペニスを弄られて
クンニを指導され、最後はセックスを強要されました

そして中2の夏休み
恐ろしいことが起こりました

騎乗位で沙織さん
にペニスを喰われている時
内股にザワザワした感覚が走り
ペニスの先から何かが出ているのがわかりました。

「え?ええ?な、なに?
えー!うそでしょ。射精したの?ヤバッ」

沙織さんの内股を私の精液が
ダラダラと流れ落ちていました

「どうしよう」

沙織さんは、膣内射精した危険性について
私に解説され、私も焦りましたが

幸いなことに、一週間後に
生理が来て事なきを得えました

そして生理の最中、私は沙織さんに
ペニスを扱かれて射精を観察されていました

生理が終わったら
今度はコンドームを着用して
沙織さん好みのセックスマシーンへと
調教されていきました

中3になると、高校受験勉強を教わる代わりに
私は中3の少年ペニスを沙織さんの
欲しいままにされていました

そして私は中学、沙織さんは大学を卒業して
小学校の先生になりました

ショタコンに目覚めた沙織さん

児童に手を出さなければいいのですが

私は、高校時代は中学の同級生と交際
初めて処女喪失を経験しました

そして大学1年の時には
倉科カナに似た凄く綺麗な
3年生の先輩に一目惚れして告白

折しも付き合っていた先輩が
卒業して淋しい思いをしていたところで
面白半分で付き合ってくれました

先輩主導で交際していましたが
1年生のクセに上手なクンニや腰使いなど
女体の扱いを褒められて、
完全に恋人として付き合うようになりました

倉科カナ級の美人が、
髪を振り乱してエロい顔で
淫ら全開で乱れまくるので
はじめは退いてしまいましたが

よく考えたら沙織さんも高校時代の
彼女も皆同じで、美人だから反応も
お淑やかというわけでは無いと悟りました

もちろん先輩でしたから
普段の私は先輩のシモベのように
振舞っていましたが、セックスは私が主導しました

先輩が卒業して私が3年生になった時
私は小6男児の家庭教師のバイトをしました

目当ては、母子家庭の
そのユキオという児童のお母さんでした

当時40歳のお母さんは瑤子さんといい
壇れい似の美熟女で区役所に勤めていました

私は真面目に家庭教師をしつつ
瑤子さんと偶然を装って駅前で
出くわすなどのストーカー行為を繰り返し

梅雨空の6月のある金曜日

ついに居酒屋で飲むことが叶い、
酒の力を借りて一気に口説きました

そして、ラブホで熟した女体を
タップリ味わうことに成功したのです

初めて見た熟女のオマンコは、
いわゆるドドメ色のラビアが開いていましたが
中はピンクにヌメヌメしていました

「ああ~~はあ~~くう~」

と長く伸びるような喘ぎ声で、
今までの若い女の子とは違い妖艶な反応でした

頻繁に瑤子さんと交わるようになっていた11月
瑤子さんが出張だというので
ユキオ君を一晩預かった時のことです

狭いアパートの風呂に一緒に入って
ユキオ君の僅かに毛の生えかけた
可愛いペニスを見ていたら
妙な感覚が芽生えてきたのです

そうです、私が小6の頃

あのショタコンでバイセク?ゲイ?な先生は大学3年生
同じシチュエーションでした

そしてついに、
ユキオ君のペニスに手を伸ばし
そっとペニスを撫でてみました

するとムクムクと勃起して、

「先生が触るから勃起したじゃないか
どうしてくれるんだよー」

と言いました。

私の小6の時より知識があるのかと思って

「じゃあ、先生が
弄ってあげようか?」

というと、コクリと頷いたので
包茎を剥いて恥垢を洗うことを教えました

するとピンク色に剥けた亀頭は
ピンピンに張りつめ

先端からは今にも若い幼いオスの
精液が迸りそうになっていたので
優しく扱いてやると
ユキオ君は目を閉じてうっとりしていました

ビクビクするほど勃起した
ユキオ君のペニスは熱く震えて

「あ、先生、出そうです
あっ、ああーー」

ピュピュピューッと
小6児童のペニスから精液が発射されました

「ユキオ君
もう射精できるんだ。すごいねえ」

「6年生になってすぐ
オネショするみたいになって、
ママがそのパンツ見て、その日の
お風呂でおちんちん弄って出してくれてたんだ」

「え?お母さんにしてもらったの?
っていうか、お母さんとお風呂入ってるんだ」

「そうだよ」

瑤子さんの見る目が変りました。

「そうだ、先生のもやってあげようか?」

というと、ユキオ君は
私のペニスをパクッと咥え
レロンレロンと舐め回すそのやり方は
瑤子さんのフェラテクと同じでした

「ユキオ君、これも
お母さんにしてもらってるの?」

「うん。出そうになったら言ってね」

小6男児が俺のペニスを
母親直伝のフェラで

興奮がマックスになり

「ユキオ君、出そうだよ」

ユキオ君は口を放し
手で私のペニスを扱き始めました

ドクドクドクッと精液が発射されました

ユキオ君が私を見上げて
ニコッと微笑みました

ユキオ君が中学生になったら
家庭教師は終わりましたが瑤子さんとは男女の仲

ユキオ君とはペニス弄りのゲイな仲が
続いていました

大学を卒業して東京を去る前
瑤子さんとお別れのセックスをした後

「ユキオにオナニー教えてくれたみたいね
助かったわ」

「瑤子さん、ユキオ君の性欲処理
近親相姦していたそうですね」

「聞いたのですね。そうなんです
でも中学になって一緒にお風呂に入らなくなったら
自分でするようになったみたいだから
きいてみたら、先生に教わったって」

大学を卒業して3年、今
私は今年6月に結婚する女性がいます。

倉科カナに似た2歳年上の凄い美人です

そう、あの先輩です

先輩との再会は2年前、仕事上でしたが
そういえば先輩は隣の県の出身でした

新幹線で二駅、私は車
先輩は電車でお互い中間の駅で
待ち合わせてデートしています

「あれから二人の男の人と付き合ったんだけど
私のためにいっぱいエッチを頑張ってくれる
君の事が忘れられなくて
満足できなくてすぐ破局して淋しかったんだよ
そしたら、また君に会えた。嬉しかった」

27歳の先輩、相変わらず本当に綺麗で
私より年下に見える可愛さも持ち合わせています

ショタやゲイなど様々な性体験をしましたが
結局最後はノーマルで美人な女性と
結婚する事になったんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。