憧れのお姉様とデートした百合レズ恋愛日記

ネットゲームで
知り合った年上のお姉さまとの
レズ百合日記です

ゲーム内でお姉様と仲良くなって
メッセンジャーしたり
ミクシィしたりして

そしてスカイプで話をするようになると
携帯番号も交換して
リア友になったんです

携帯で連絡取り合う様になった1年前

私が荒れてた時期で
お姉様に人生相談にものっていただき
本当にお世話になりました

そしてそれ以降もかなり懐き
本当のお姉様の様に慕っておりました

ずっとお会いしたかったのですが

お姉様は北海道で
私は関西に住んでいました

なかなか都合もつきませんでしたし

「実際会うと理想が崩れるだろ」

とお姉様に言われていたこともあり
叶わずにおりました

しかし先日

「思ったより早く
関東での仕事終わったから
メイサ(私)が平気なら大阪行く」

とまさかの連絡をいただき
私は有頂天

学校を早退し面接に向かいました
待ち合わせは大阪南の主要駅

お姉様に居る場所の連絡を
受け向かおうと思ったのですが
迷子になりました

電話でその旨をお伝えすると

「私が行くからじっとしてなさい」

と苦笑するお姉様

しばらく壁によりかかってますと
後ろから「メイサっ」と
声をかけてくださいました

振り返ると黒くて長い髪が
素敵なスラリとしたお姉様。

ヒール分もありますが
私より背が高く、細い

以前にミクシィにあげられてた
写メよりお美しくドキドキ¨しました。

雰囲気はアーティストの
中島美嘉さんで
どことなく柴咲コウさんにも
似てらっしゃる美人お姉様

憧れだったお姉様を目の前に
ワタワタしてますと

「落ち着け」

と言われ、 とりあえず
憧れのお姉様と出会えて
エヘヘと笑うと

「だらしない顔するな」

と頭をぽんと叩かれ
ニヤニヤしてしまい、
本当にどうしようもなかったです

「大阪のお好み焼きが食べたい」

とお姉様がおっしゃったので
二人でお好み焼き屋さんへ

お店では私のにへら顔も
幾分かはマシになり

学校の話やゲームの話をしたり
プライベートなお話を色々聞いて頂きました

お店を出てから外をぶらぶらし
グリコを見たりしてましたが
暑さにはかないません

カラオケでゆっくりお話することに

お酒を頼まれるお姉様

「メイサも飲めるでしょ?」

と勧められたのですが
お酒を飲むととっても
甘えたになってしまいます

飲むか飲まないか悩んでますと

「酒癖悪いの?」

と聞かれ思わず

「いや、大丈夫です!」

と答えてしまい、
カシスオレンジをご注文

カラオケは数曲歌っただけでしたが、
洋楽を歌いこなすお姉様はかっこよかったです

そのあとはお喋り

お酒も何杯目かになり
気分がよくなってます

途中トイレに立ち部屋に戻ったとき
思わずお姉様のとなりに座りました

「(*´ー`*)エヘヘ~」

とお姉様にくっつき、
腕にスリスリしてますと

「ほんっと犬っ子」

とおっしゃりながら私の頭を
ヨシヨシしてくださいました

するとお姉様が

「そう言えばこの腕どうしたの?」

と言われました。
私の二の腕には痣があります

「んー、ぶつけたぁ」

と言うと「嘘、噛み痕みたい」

そう言ってお姉様は私の腕に噛付かれました

「ほら、ぴったり。」ドキッ

「噛み痕でしょ?」

「(*´ー`*)エヘ」

と誤魔化そうとすると

「言いなさい。ご主人様?」

と私の顔を両手で挟まれ尋問されました

「お…お兄ちゃんみたいな人?」

と言うと“お兄ちゃんみたいな人”との
ことを聞かれました

Mプレイについて話したこともあり
私はお姉様に欲情してしまいました

「くぅーん」

と訴える様にお姉様をみると
、やれやれと言った表情で

「何して欲しいの?」

と聞いてくださいます

一瞬ためらい俯きましたが

「お姉様にキスをしていただきたいです」

とお願いしました

「顔あげなきゃできないでしょ?」

と言われ顔をあげると
ちゅっと軽くキスをしていただきました

なんだか甘い

もっとお姉様にキス
していただきたい。

お願いするとニコッと笑ってくださり、
もう一度キス

下唇をはむはむしていただいてると、
お姉様から舌を差し出してくださいました

私と違ってヒンヤリしていて
気持ちがいい

とろけてしまいそうで、
でももっと求めてしまいました

くちびるをそっと離し、
余韻に浸っておりますと
お姉様は私の胸に手を延ばされました

服の上から触ってくださるのですが
乳房を揉みながら乳首だけを
絶妙に指で刺激してくださる愛撫に
あまりにも気持ち良くて
Hな声が出てしまいます

そして

「メイサ、エッチな顔してるよ?」

と耳元で言われただけで
イキそうになってしまいました

するとフロントから時間を
つげる電話がなりました。

タイミング悪すぎです

お姉様も関東まで帰りの
新幹線もありましたので
延長は出来ずカラオケから出ました

外に出てからなんだか
恥ずかしくて何を喋れば
良いかわからずにいると、
お姉様は私の手をとってくださいました

「恥ずかしいです」

とお伝えすると「ならやめる?」
と言われ手を持つ手を緩められました

思わず「やだっ」
と言ってギュッとすると、

お姉様もギュッと
し返してくださいました♪

そして、お姉様の
帰られる駅までお見送り

途中手を繋いでるのを
ジロジロ見られたりもし、
ちょっと優越感に浸りました(笑)

お別れするとき
お姉様は最後にちゅっ
キスてしてくださり

「またね」

と言われ改札の中へ

最後までドキドキしっぱなしでした

思い出すと悶えてしまいます

「メイサにご主人様が
できたら一緒にいじめたいね」

と言ってくださいました

ぜひお願いしたいです

容姿は美人で性格は
格好いいお姉様が大好きで
お姉様に私は
いっぱい可愛がってもらいたいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。