【おねショタ体験】団地住まいの幼い少年が近所のお姉ちゃんにオチンチンを悪戯される

子供の時に住んでいた団地で
近所のお姉さんに悪戯されたおねショタ体験です

確か小2か小3の時
俺は夏休みに一人で団地内にある
公園で遊んでいた

もう帰ろうと思っていた時
同じ団地に住む少女が
声をかけて来た

その少女とは前から
よく二人で遊んだりしていたが
名前は知らなかった

年上で優しくしてくれる
その少女の事を
俺は「お姉ちゃん」と
呼んで、慕っていた

この時公園で何をして
遊んだか記憶は無いが

しばらくしてお姉ちゃんが

「暑いから家来る?」

と言い、俺は

「うん」

と答えた

家に行き、冷たい麦茶を貰い
お姉ちゃんと
二人でテレビゲームをした

俺は楽しかったがお姉ちゃんは
時折考え込むような表情をしていた。

ゲームに熱中していると
突然お姉ちゃんが

「私の部屋へ行こう」

と言ってきた

俺はゲームがしたかったから断ったが
お姉ちゃんは

「目が悪くなるからお終い」

とか

「良い物見せてあげるから」

と言い、俺の腕を引っ張って
部屋に連れて行った

俺がもっとゲームがしたいと
スネていると、お姉ちゃんが
真剣な顔でこう言った。

「や ら な い か?」

俺がもっとゲームがしたいと
スネていると

またお姉ちゃんが真剣な顔で

「A君のおちんちん見せて」

と言ってきた

オチンチンを見せる?

俺は訳が分からず「えっ?」と言うと
お姉ちゃんは

「今までおちんちん見た事ないの
だから見せて欲しいの
保健の授業で習ったけど
オチンチンってどうなってるのか
知りたいの」

と言っていたから
たぶんお姉ちゃんは当時
小学5,6年生ぐらいだったんだと思う

それでお姉ちゃんは色々と
オチンチンを見たい理由を
言っていたけど
俺は恥ずかしいから断固拒否した

しばらくの間

「見せて」

「嫌だ」

の繰り返しが続いたが、
お姉ちゃんが

「見せてくれないなら
あの事をお母さんに言いつけるからね!」

と言った

あの事が何かは分からなかったが
心当たりがありまくりな
俺は見せるかどうか悩んでしまった

そんな俺を見たお姉ちゃんは

「あの事バレたら怒られて
家に入れてもらえないよ」

と畳み掛けてきた

でも俺はオチンチンを見せるより
怒られた方がマシだと思い

「もう帰る」

と部屋を出ようとした

するとお姉ちゃんが服を掴んで

「お願いだから」

と涙ぐんだ目で俺を見た

いつも優しくしてくれる
お姉ちゃんを泣かせてしまった

俺が泣いていた時
ずっとそばに居てくれた
優しい近所のお姉ちゃんを
泣かせてしまった

俺は物凄く悪い事を
してしまった気分になった

お姉ちゃんの頼みなんだから
いいじゃないか

お姉ちゃんになら
オチンチンおw見せてもいいじゃないか

「ごめんね、いいよ、見せてあげる」

お姉ちゃんは

「ありがとう」

と、少し恥ずかしそうにニコッと笑った

お姉ちゃんはベットに腰掛
俺は前に立ちズボンを下ろした

パンツに手をかけたが
やっぱり恥ずかしくてモジモジしていると

お姉ちゃんが俺の手を
パンツから退け

「目を閉じてて、
私が脱がせてあげるから」

俺は言われるままに目を閉じた

静まり返った部屋で
俺の心臓の音だけが響いてるようだった

お姉ちゃんの手が腰に触れたとき
体がビクンと反応して
目を開けてしまいお姉ちゃんと目が合った

「駄目、目を閉じてて」

と言われ慌てて目を閉じた。

その時見たお姉ちゃんの赤くなった頬と
はにかんだ表情は今でも忘れられない

お姉ちゃんは俺を少し
自分の方に引き寄せ
再度パンツに手をかけた

お腹にお姉ちゃんの吐く息が
微かに当たり、
そしてゆっくりとパンツが下にずれていく

パンツのゴムが
ちんちんをスッとなでた

「あっ」

と声が出て少し腰を
引いてしまったが目は開けなかった

お姉ちゃんの息遣いが
少し速くなったのを感じた

パンツは膝まで下ろされ
隠すものが無くなったちんちんに
お姉ちゃんの少し早くなった息が当たり

くすぐったい様な気持ち良い様な
感じがして体の力が抜け、
立っているのが辛かった

お姉ちゃんに全部見られてる

息が当たるほど近くで
見られてると思うと恥ずかし過ぎて
頭の中が真っ白になった

「もういい?」

と聞くと

「もう少し」

とお姉ちゃんが答える

「恥ずかし過ぎて
変になっちゃう」

と言うとお姉ちゃんは何も答えなかった

もう一度聞こうとしたその時
何かがちんちんに触れた

その瞬間、腰の力が一気に抜け
ガクガクとしゃがみ込んでしまった

お姉ちゃんは慌てながら

「ごめんね」

と言い、肩を貸しベットに
座らせてくれた

しばらくお姉ちゃんに寄りかかり
放心状態だったがパンツを
はいていない事を思い出し慌ててはいた

如何したらいいか分からなかったから
黙ってうつむいていると
お姉ちゃんが

「見せてくれてありがとう」

と言った

俺は「うん」と答えた

「見せてくれてありがとう」

「うん」

「この事は誰にも言っちゃ駄目だよ」

「うん」

「二人だけの秘密ね」

「うん」

「またオチンチン見せてくれる」

「・・うん」

この後ゲームの続きをしたが
お姉ちゃんの顔を見ると
ドキドキしてまともに見れなかった

暫く経つとお姉ちゃんの親が
帰ってきたので家に帰る事にした

別れ際、お姉ちゃんが
「明日も一緒に遊ぼうね」と言った

俺は元気よく「うん」と答えた

家に帰ってからも、
お姉ちゃんとのオチンチン事件を
思い出してドキドキした

お風呂で自分でオチンチンを
触ったりしたけど何も感じなかった

布団に潜り込んでお姉ちゃんの
事を考えるとドキドキした

お姉ちゃんの事を考えながら
ちんちんを触ってたら腰の辺りが
あの時のくすぐったい様な感じになった

早くお姉ちゃんと遊びたい

恥ずかしいけどまたあの感じを味わいたい

翌日、朝早くから一人で公園に行った

友達に遊びに誘われたけど断った。
早くお姉ちゃんと遊びたかった

でもお姉ちゃんは来ない

お昼近くになりお姉ちゃんの
家に行こうか迷っていると

お姉ちゃんのお母さんが通りかかり

「一人で遊んでるの?
N美は家にいるから遊びにいらっしゃい」

と言い仕事に出かけていった

この時初めて名前を知ったけど
そんな事はどうでも良かった

早くお姉ちゃんと
遊びたくて走って家まで行った

お姉ちゃんはいつもの
優しい顔で迎えてくれた

顔を見た途端、ドキドキした

家に上がるとお姉ちゃんが

「ゲームする?部屋に行く?」

と聞いてきた

俺は

「部屋に行く」

と答え、
お姉ちゃんは「じゃあ、行こっか」
と俺の手を取り部屋へ行った

お姉ちゃんの顔が少し赤くなっていた

部屋で二人ベットに腰掛
お姉ちゃんが「朝は勉強してたの」
と言い、そして

「またオチンチン見せてくれる?」

と聞いてきた

俺は「うん」とうなずいた

お姉ちゃんはカーテンを閉め電気を点けた

そしてベットに腰掛、
俺は前に立ちズボンを脱いだ

やっぱり恥ずかしくてドキドキしたけど
お姉ちゃんも緊張しているようだった

頬が赤くなっていた。

「じゃあ 目を閉じて」

俺は目を閉じた

「シャツを持ち上げてて」

と言われ、その通りにした

お姉ちゃんの息がお腹に当たる
そしてそっと腰に手が当たり
ゆっくりとパンツを下ろしていく

俺はこれだけで如何にかなりそうだった

今回はパンツを足元まで下ろされた。

小さい子供がオシッコをするような
格好でお姉ちゃんの前に立っている

そしてお姉ちゃんの息がちんちんに当たっている

「A君」

「なに?」

「おちんちん、触ってもいい?」

「・・いいよ」

俺は目をギュッと閉じた

ベットのきしむ音が僅かに聞こえた。

(ここからは昔を思い出して俺→僕に)

お姉ちゃんにちんちんを触られる
僕のちんちんを

恥ずかしさと興奮とでさらにドキドキした。

「・・・触るね」

と優しく言いそっとお姉ちゃんの
指がちんちんに触れた

その瞬間僕は「あっ」と声を出し
体がピクンと震えた

「大丈夫?」

「・・・うん」

「もう一回ね」

「・・・うん」

「やわらかいね」

お姉ちゃんの指がおちんちんに
触れるやっぱり体がピクンと震える

でも今度はお構いなしにお姉ちゃんはちんちんを触っている。
まだ皮をかぶった幼いおちんちんを・・・僕は必死で声が出ないように堪えた。
「・・・ん」「ぁん・・・」お姉ちゃんの息遣いも荒くなっていた。
腰が抜けそうなのを必死で我慢しながら触られ続けた。
軽くつまんだり指でなぞったりして僕の反応を見ているようだった。
ちんちんの皮の先を指で転がすように触り、ふぅっと優しく息を吹きかけられたりした。
その度に僕は「あっ・・ん」と声を漏らしてしまった。
何故かお姉ちゃんも時々「う・・・」とか「あ・・・」とか同じような声を出した。

目を閉じているのが辛くなり、お姉ちゃんに「目を開けてもいい?」と聞くと「駄目!」と少し慌てたように言い「待ってて目隠しするから」とハンカチか何かで目隠しをされた。
その時、少し開けた目に一瞬映ったのは、パンツを膝まで下ろしていたお姉ちゃんの姿だった。
そしてまたお姉ちゃんがちんちんを弄りだす、腰の辺りがキュっとなるような感じに絶えながら、くすぐったく気持ちいい感覚を楽しんだ。
時々聞こえるベットのきしむ音とお姉ちゃんの「う・・ん」「あぁ・・」と言う声が少し気になった。
すると突然、お姉ちゃんが「あぁ!」と声を上げ、それと同時に僕のちんちんをキュっと握った。
その瞬間、僕も同じような声を出し、全身の力が抜けお姉ちゃんの上に倒れこんでしまった。
体が勝手にビクビクと震えて力が入らずお姉ちゃんの上からどけなかった。

お姉ちゃんの呼吸が走った後のように早くなっていた。
それが耳に当たり、くすぐったかった。
お姉ちゃんは柔らかくてとても良い匂いがしたのを覚えている。
暫くしてお姉ちゃんが僕を横にどけて立ち上がり、ちょっと待っててと部屋を出て行った。
少し経って戻ってきて僕の目隠しを取り、パンツを穿かせてくれた。
「気持ちよかった?」と聞かれ僕は「うん」と答えた。
「またしようね」「うん」「絶対誰にも言っちゃ駄目だよ」「うん」そして指切りをした。
お昼ごはんを食べに帰り、もう一度お姉ちゃんの家に行き一緒にゲームをした。
そして夕方になり、帰る時間になった。
帰り際、お姉ちゃんは昨日と同じく「明日も一緒に遊ぼうね」と言った。
僕も昨日と同じ様に元気よく「うん」と答えた。

家に帰り、夜いつものように布団に潜り込んだ。
今日の事を思い出したり明日の事を考えると興奮してなかなか眠れなかった。
そして気が付くとお姉ちゃんを思い浮かべてちんちんを触っていた。
そしていつの間にか眠ってしまった。
そして次の日の朝、すぐにでもお姉ちゃんの家に行きたかったが、朝は勉強していると言うお姉ちゃんの言葉を思い出して、僕も夏休みの宿題をした。
お昼ご飯を食べ、急いでお姉ちゃんの家へ行った。
早くちんちんを触って欲しくてしょうがなかった。
家に着くといつもの優しい顔で迎え入れてくれた。
今回はお姉ちゃんは何も言わず僕の手を握りそのまま部屋に行った。
すでに部屋のカーテンは閉めてあった。
今からお姉ちゃんにちんちんを弄られるんだと思うと興奮した。
そしてズボンを脱いだ。
昨日と同じく目隠しをされ、パンツをゆっくりと下ろしてもらった。
お姉ちゃんがふぅとちんちんに息を吹きかける。

お姉ちゃんは皮の先を指で軽く押さえ、円を描くようにゆっくりと回す。
僕は気持ちよ過ぎて「うわぁぁ・・・」と変な声を出し腰を引いてしまった。
「気持ちいい?」と言われ「・・・うん、すごく」と言うとクスッと笑い声がした。
そしてまたふぅとちんちんに息を吹きかけ、やさしく弄り始めた。
お姉さんはふくろを下から撫でるよに触ったり、ちんちんを持ち上げてみたり皮の先をつまんでコリコリしたりした。
その度に「あっあ」と声が出てしまう。
体もビクンとしてしまい立っていられなくなった。
「お姉ちゃん、もう駄目・・・」と言うと「じゃあ、ベットで寝てしようか?」と言ったので僕は「うん」とうなずいた。

お姉ちゃんにされるがまま、ベットに横になり仰向けに寝た。
少し足を開かされ足と足の間にお姉ちゃんが座った。
そしていつも通りふぅとちんちんに息を吹きかけた。
その直後、柔らかい物がちんちんの先に当たり、ぬるっとした感じの何かが撫でるように触った。
体はビクンビクンし、「あぁぁ」と僕は声を出した。
お姉ちゃんが僕のちんちんを舐めたんだと思った。
「どんな感じ?気持ち良い?」僕はうなずくしか出来なかった。
するとまたちんちんに息が当たり、お姉さんの顔が近づいているのが分かった。
そして・・・

皮の先が柔らかい物に挟まれスゥと吸い込まれる感じがした。
お姉さんの髪の毛がお腹をくすぐり、鼻息がちんちんにあたる。
お姉ちゃんが口で皮の先を吸っている
チュッチュッと小さな音がする

舌の先で転がすように皮の先を舐め左右に動かしたり舌の先を押し付けたりしている。
僕は「うんんんん」と声をあげ布団を握り締め、体をよじった。
旨く力が入らないし腰をお姉ちゃんに押さえられていたから逃げる事が出来なかった。
「お・おねちゃん
ぼく 変になっちゃう」

うまく喋れない
そしてお姉ちゃんの舌がちんちんの
皮を開くように中に入ってきた

その瞬間腰がキュウウとなり全身が脈打ち「ぁぁああ」とかなり大きな声を出し腰を突き上げ、お姉ちゃんの顔にちんちんを押し付けてしまった。
気が付くとお姉ちゃんが泣きそうな顔で僕を見ていた。
「ごめんね、ごめんね」とお姉ちゃんは繰り返した。
僕は少しの間、気を失ってたらしい。
「ごめんね、大丈夫?」僕がうなずくとお姉ちゃんは泣いてしまった。
「大丈夫だよ、気持ち良過ぎただけだから。」それでもお姉ちゃんは泣いていた。
僕はお姉ちゃんを泣かせてしまった罪悪感で自分も泣きそうになった。
涙を堪えながら一生懸命お姉ちゃんに「ホントに大丈夫だよ、気持ちよかったよ」「お姉ちゃんほら見て」僕はベットの上でおどけて見せた。

れを見てお姉ちゃんが少し笑った。
「気持ち良かったよ、またやってね」

と言うと

「本当?私のこと嫌いになってない?」
「ホントだよ、お姉ちゃん大好き」
お姉ちゃんは嬉しそうにニコニコした

僕は照れて又ベットの上でおどけて見せた。
お姉ちゃんはプーと噴出して笑った。
僕も一緒に笑った

お姉ちゃんは顔を洗ってくるねと
言い部屋を出て行った

僕はホッとした、そして気が付いた

ちんちん丸出しでおどけていた事に

急いでパンツとズボンを探し慌ててはいた

その様子をお姉ちゃんが
ドアの所から見ていた

そしてまたプーと噴出して笑った

僕も真似してプーと笑い
お姉ちゃんの事が本当に大好きになった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。