弟の前で尻軽女の姉はハーフ外人とHしておっぱいを揺らしながら放心状態

姉と弟で血の繋がった姉弟なのに
全然違うんです

私の姉は超ヤリマンのビッチなんです

現在姉弟でマンションを借りて
二人で暮らしているんですが
超ヤリマンの尻軽女な姉は
色んな男を連れこんでSEXしている

姉が付き合っていた彼氏が
一ヶ月間ぐらいの出張で
地方に行くことがあった

当然、尻軽女の姉は
他の男を連れ込んで
浮気しまくりだった訳だが
これはその時のエロ話

「ただいま~!」

と家へ帰ると玄関に
男の靴が脱いであった。

また浮気相手を自宅に連れ込んでのか

と思いながら部屋の扉を開けた。

えっ!!

ソファーの上に外人が座っていた。

そしてその外人の
膝の上に姉が座っていた

姉「おかえり!!」

その外人は姉の背中に手を回したまま、
私の方をじっと見ていた

私「ハっハ ハロー」

男「”こんにちは
でええやん♪日本語大丈夫やでぇ(笑)」

その外人は
ペラペラの関西弁で喋りだしたのだ

唖然とする私に姉と
その外人は指を差して大笑いをした

よく聞くとその人は外人ではなく、
名前は直人と言っていわゆるハーフだった

偶然にも姉とは
昨日知り合ったとの事であった

直人「下に四駆の車、停まってたやろ?
あれ、俺のやねん。
っていうか、駐禁大丈夫やった?
動かしたほうがええやろか?
ええやんな」

私はその時、
生まれて初めて関西弁を聞いた

語り口調が実に面白く
一緒にいて楽しかった

そしてゲームの話など
私が興味のある話も楽しく話をしてくれた

姉も直人の膝の上で
直人の顔を見つめながら
楽しそうに話を聞いていた

直人「なあ 学校に好きな子おるん?」

直人の問いに私はクラス写真を出して、
好きな娘を指差した

直人「この娘とやりたいんちゃうのん?
年頃やもんな!俺も若い頃はそうやったわ(笑)」

そう言うと直人は
姉をちらっと見て、私に言った。

直人「年頃やもんな 姉ちゃん見て、
エロい事考えてるんちゃうん?」

私「そんな事ないですよぉ~(笑)」

私は少しだけ腹が立ったが
笑って誤魔化した。

直人「そんな事ないんちゃうの~ん?
姉ちゃん、おっぱいめちゃめちゃおっきいや~ん」

そして直人は姉の胸を
後ろから両手で鷲掴みした

姉はビックリした表情で戸惑っていたが
下を向いてしまった

直人は姉の胸を掴んだまま
私にこう言った。

直人「なあ…自分、Hなビデオも見ぃひんねんてな
さっき姉ちゃん言ってたで
でも姉ちゃんの下着やら
何やらでいやらしい事してるんちゃうん?」

男はそう言うと、姉の胸をゆっくりと撫で回した

姉は俯いたまま
吐息にも似た声を出していた

姉「ダメ 恥ずかしい」

直人「自分
こんなん期待してるんちゃうん?」

直人はニヤけた顔で私にこう言うと、
弟の私の見ている前で
姉の着ている服をブラジャーごと捲り上げた。

姉「え? 嫌っ!」

姉のピンクの乳首が露になった。

既に乳首は勃起しているようで、
弟に見られている恥じらいからか、
姉は私から目を反らして
ただ黙ってじっと堪えているようだった

直人「綺麗な姉ちゃんやなぁ
俺、君の姉ちゃんが好きやねん」

そう言ってハーフでヤリチンな直人は
姉に口づけを交わした

姉は最初、嫌がる素振りを見せたが、
ガタイの大きいハーフの
直人から離れる事は出来ず、
いつの間にか直人の背中に
手を回して抱きついている

しかし、姉はふと我に返ったように私を見ると、
静かに言った

姉「見ないで」

そんな姉のおっぱいを弄びながら直人はこう言う。

直人「ちゃうやろ
見てくださいやろ?
感じてるとこ
ちゃんと弟に見てもらいやぁ…なあ、
ちゃんと見たげなあかんでぇ。
きみの姉さんなんやから」

そう言うと、
直人は姉の右の乳首を吸った。

姉「あん」

恐らくもうこの時、姉にとっては
私がここに居る事などどうでもよかったのだろう。

姉は目をつむったまま
直人の愛撫に酔いしれているようだった。

直人「…俺のんも頼むわ」

そう言って直人は私の見ている目の前でパンツを脱いだ。

流石にハーフというだけあって、
直人の勃起したモノは私の2倍はあるだろう大きさの巨根

直人「ええか……よぉ見ときや」

直人は私にそう言うと、
姉の顔の前に勃起した自分のモノを近づけた。

姉は少し俯いていたが、
目を閉じると直人のモノを掴みそっと口に含んでフェラチオした

チュパチュパ…チュパ…チュパ…

シンとした部屋の中に鳴り響く
ヤリマンの姉のフェラチオの音を聞きながら、
私はただ呆然とその光景を眺めていた。

直人は姉にフェラチオをされたまま、私の方をじっと見つめて言った。

直人「お前の姉ちゃん
めちゃめちゃ………うまいでぇ」

私は直人のモノを黙って咥えている姉をじっと眺めていた。

つい今さっきまで、弟の前で肌を晒す事を嫌がっていた姉が

今こうして肌を晒して、昨日出会ったばかりの
男のモノを丁寧にしゃぶっているのだ。

姉は直人のでかいモノを下からその先端までゆっくりと舐め上げた。

直人「よっしゃあ!ほな、ご褒美やぁ!!」

そう言うと直人は姉を寝転ばせて、
自分のイチモツを姉の中に入れようとした。

姉「嫌っ 痛いっ 痛いっ!」

直人のイチモツはあまりにも大きく、
姉の中にはなかなか入らなかった。

しかし、直人は姉の下腹部に
手を当ててゆっくりと入れていった。

直人「ほら、力抜いたらええから。

ゆっくりじっくりやったるから…でも痛かったら堪忍な」

そう言うと直人は姉に覆い被さり、ゆっくりと挿入した。

姉「クッウハァッ」

私が居る場所からは直人のモノが
すっぽりと姉の中に入っているのがはっきりと分かった。

そして直人は姉に腰を打ち付けだし、私にこう叫んだ。

直人「おまえの……姉ちゃん
めっちゃ好きもんやな
ええ具合やぁ、もうビショビショやでぇぇ!」

直人のピストン運動はとても力強く、
バチバチバチバチという音と共に打ち付けられる
姉の顔は快楽に満ちているようだった。

姉の目にはもう直人しか写っていないようであった。

姉「イクゥ!!!イッちゃうぅ!!」

直人「いくんかぁ?いくんかぁ?
え?……いくんかぁ?」

そう言いながら、
直人は私の目の前で姉に腰を打ち付けている。

姉の喘ぎ声と共に

バンバンバンバン

と鳴る力強いピストン運動を
私はただ見つめるしか出来なかった

姉「イクイクイク」

姉はガチイキ絶頂した

そして直人もイッた様子だった。

暫く沈黙が続いて、直人は姉から離れた。

姉の中には直人から出たたくさんの精子が残っていた。

そして直人は立ち上がり私に近寄ってきた。

「何かされる」

と身構えていると、
直人は私の股間を触ってこう言った。

直人「なんやぁ
自分、立ってるやん。
姉ちゃんみて興奮したんかぁ?」

こう言うと、直人は笑いながら
直ぐに服を着るなり、こう言った。

「ごちそうさん
気持ちよかったわ。
またくるわぁ!」

と言ってガチイキして放心状態な姉を
放置して家から出ていった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。