パーフェクトヒューマンは虐待フェチな恐怖のSM女王様と付き合っていた

同期にパーフェクトヒューマンがいる

イケメンで仕事も出来るし
部下や上司受けも抜群で
同僚のフォローを的確て
男から見ても格好良い

当然OLからは超モテまくって
社内だけじゃなく営業先の
オフィスレディからも告白されるのも
日常茶飯事なんだが
「彼女一筋」で押し通している

相当な人数を振っているはずなんだが
傷つけないように気を遣っているせいか
問題を起こした事は無い

女性へのフォローも的確なのだ

こんだけ完璧な男なのに
ヤリチンだったり
女性に対してだらしないところが
無いというのが
上司や同僚の男どもからも
好かれている要因だと思う

まあとにかく「完璧」という形容詞が
良く似合う福山(仮名)なんだが
ある時やけに落ち込んでいた

パーフェクトヒューマンの
福山が落ち込んでるなんて
これまで無かったことだし
同期として気になったので

「なんだよ、彼女とでもケンカしたのかw」

と軽いノリで話しかけた

福山は

「やっぱそんな風に見えるか?」

と図星なような態度を取るもんで
逆にこっちが焦っちまったよ

「仕事の後、酒でも
飲みながら相談に乗るよw」

とこれまた軽いノリで誘ってみた

福山ほどの男なら
たとえ彼女とケンカしても彼女の方が
絶対離さないだろうからとこのときは
全然気楽に考えていた

で仕事の後同期の鈴木も
含めて3人で飲みに行った

3人で飲みながら最初こそ
はぐらかしていた福山だったが

酔いが進んでくると少しずつ
自分の性癖なんかも
カミングアウトし始めた

「絶対に誰にも言わないでくれ!」

ってことで、実は福山が
ドM男のド変態であることを
白状したのは
もうずいぶん酔いが回ってきてからだった

ドMにもいろいろ種類が
あることを説明されたが

福山は俺らが思うスタンダードなドM男

SM嬢王様にまあ鞭で叩かれたり
ロウソク垂らされたり
虐められたりするのが
がたまらないとのことだ

あと女性の好みも
自分に好意の目を向ける女性には
全く興味が湧かないと

逆に蔑んだ眼差しをされると
ゾクゾクとくるらしい

俺と鈴木には理解できない
マニアックな性的趣向だったが
まあそれは福山個人の好みの
問題だからいいんじゃないかと思った

小さい時からイジメられる事に
興奮を覚えていた福山は

一般的にはイジメの対象と
なるようなことを
わざとしていたという

率先して使い走りになったり
わざとズッコケでみたりと

しかしながら生まれつきの
イケメンのせいか、逆に気が利くとか
面白いヤツってことでクラスの
中心人物になっていたそうだ

学生の頃はとにかく
女性にモテまくってたから

何人かの女性と付き合って
SEXもしたけれど全然興奮しなかったと

フェラとかされると
何かされてる感がすごくイヤだったと

逆に責めてる方が奉仕してる感があって
興奮するんだが

「ありがとう」とか
「すごい気持ちよかった!」
などと女性に言われると
一気に興醒めするらしい

自分の性癖が他人と
違うことに悩みながらも

SMの世界を知ったところで
ようやく生きる場所を見つけたようだった

と福山は語っている

俺はSMクラブなどに行ったことが
無いからよく知らないが

普通の風俗よりも値段は高いために
定期的に通うために
必死で働いていたとのことだ

まあ俺なんかは福山ほどの人間なら
風俗なんかじゃなくて
一般でSっ気のある女性を探しても
すぐ見つかるんじゃないかと思うが
福山の考えはそうじゃなかったらしい

ちなみに福山の今の彼女はSM女王様

プレー中の女王様で
素敵な人はたくさんいるらしいが

いざプレーが終わった後に

「今日はありがとうございました」

とか普通に感謝の言葉を言われると
それだけで興醒めしてしまうらしい

そんな中、今の彼女に出会った瞬間に
運命を感じたらしい

常に発せられる冷たい蔑んだような
眼差しはそれだけでゾクゾクしてくるらしい

会ったその日から特に
付き合おうという言葉もなしに
同棲を始めたとのこと

マニアック過ぎる世界で
俺には理解できない

SM嬢王様と同棲を始めてからは
実に充実した生活を送っていたらしい

平日は言葉責めや羞恥プレーを行い
休みの前になると鞭で叩いたりとか

2年くらいは普段の仕事に
影響の出ないように調教プレーを
していたらしいが

最近はエスカレートしてきて
不安を感じているとのことだ

そのプレー内容というのが

俺も鈴木もだいぶ酔ってきていたから
半分くらいしか覚えてないが、
最近は相当惨いことになっていたようだ

両方の乳首に煙草の火を
押し付けて根性焼きをしたり

容赦なく蹴られて
アバラにヒビが入ったりと

そして翌日からは
痛めたところを重点的に責められたりと

真冬に全裸でベランダに
放置プレーをされて

さすがにあまりの寒さに
身の危険を感じてその旨を訴えると
ヤカンに入った熱湯をかけられたりと

ずーっと傷つけたり痣ができるところは
普段は服で隠れるところに
限定されていたらしいが

最近はそんなの関係無しに
顔面を殴られたりもしているとのことだった

もう俺や鈴木にしてみたら
そんなのはSMプレーでもなんでも無く
ただの虐待じゃないかと
福山に訴えたが、なかなか納得しない様子だった

酔っていたせいもあるが
福山のようないいやつに
そこまでする彼女がとても
許せない気持ちになっており

なんとか仕返しというかギャフン(死語)と
言わせたい気持ちになっていた

このとき時間は深夜0時ちょっと前

これから福山の家に
同僚を連れて行くと彼女に電話させた

電話での応対を見てると彼女は
相当イヤがっているようだったが

「たまにはこういうことを
しないと怪しまれる」

とか

「終電までだから」

とか敬語で言っていたが
しぶしぶ了解したようだった

コンビニで少しの酒とつまみを買って
福山の家に突撃した

まず福山の彼女、露骨にイヤそうな
顔をしながらも最低限の対応はしてくれた

でこの彼女がとんでもなく美人なんだ

江角に似ているがそれよりも美人だ
福山は顔で女は選ばないといっていたが

そして確かに眼差しは冷たく鋭い
チーターのようなSM女王の彼女

俺らは酔って気が大きくなってたから
そうでもなかったが
シラフで会ってたらあの目で
ブルって恐縮していただろう

福山の家はたぶん2LDKだと思うが
恐ろしいほど生活臭の無い部屋だった

普通の家だとコンビニの袋が
あったり洋服が掛っていたりと

どんなに掃除しても生活臭って出るものだけど
この部屋はまるでモデルルームにいるような感じ

なんかいろんな緊張感からか、
俺と鈴木はいきなり本題から切り出した

「なんか福山って家では
ドMなんだって~wそれで江角(仮名)さんは
ドSだから相性がいいんだって言ってたけどw」

この言葉を聞いて江角は
明らかに目の色が変わった

「このバカ(福山)どこまで話したのよ」

と言いながらニヤリと妖しい顔つきになった

ふ~っと一息ついてから
なんか江角はスイッチが
入ったのかSM談義を始めた

まあそれによると人間は
誰しもSとMの両面を持っていると

たいていのノーマルな人は
6:4くらいでどちらかだけど
7:3になるとかなりのドSとドM。

8:2になると究極レベルだそうだ

稀に9:1とかいるらしいが
そんなMはとっくに死んでるだろうし
そんなSは連続殺人鬼レベルだから娑婆にはいないと

でこの江角と福山は8:2の
SとMで究極レベルのカップルだと言っていた

それから江角は
俺たちについても語りだした

「あんた(俺)も結構なM男ねぇ
いいペットになりそうねw」

「逆にあんた(鈴木)はダメね
私とじゃあ釣り合わないわ
(おそらく鈴木がSだというのだろう)」

普段はどちらかというと
俺はSっぽく見られ
鈴木はMっぽく見られるんだが
さすがに江角は本質を見抜いていた

そして江角の眼力の凄さといったら

マジで目から見えないビームが
発射されていて、それに射抜かれると
逆らうことが出来なくなる

催眠術か魔法に掛ったみたいになる

もし鈴木が一緒に居なかったら、
したたか酔って気が大きくなっていなかったら

福山を救うんだという使命感が無かったら

どれかが欠けていたら俺は
今頃ペットになっていたかもしれない

「じゃあ折角だからあんた(俺)
ちょっと可愛がってあげようかしら
あんた(鈴木)も後学のために見学してきなさい」

そう言うと俺たちを寝室に連れて行った。
この寝室が半端ねぇ!
14畳あるというその部屋はSMグッズで溢れかえってるし、拘束具も揃ってる!

「ちょっと気合い入れるために着替えてくるから、おまえ(福山)ちょっと準備させときな!」
そう言うと一旦部屋から出て行った。
福山はすでに恍惚の表情になっている・・・手錠と足枷を俺たちの分も用意している。
福山は自分で足枷を付け、手錠を後ろ手に付けてイモムシ状態になった。
そして俺たちも同じようにするように言ってきた・・・もう会社での福山とは完全に別人格だ。

だが鈴木はまだ冷静だった、「おいおい俺たちまでそんな状態になったら江角をイジメられないじゃんwまあ福山は見てろよ、二人で江角をヒィヒィ言わしてやるからよw」
ん~冷静というよりどうやら江角の魔法は鈴木には効かなかったらしい。
鈴木と話していると俺の魔法も解けてきたみたいだ。

しばらくすると江角がボンテージ衣装に着替えて戻ってきた。
はじめて生でSM衣装を見たがドロンジョ様みたいだなw
黒のエナメルのブーツに黒の革手袋、上下に分れたボンテージもエロい!

「あんたたちまだ準備してなかったの!あんた(鈴木)はこいつ(福山)みたいにしてそこで見てな。おまえ(俺)は同じ格好になってこっち来な!」
そう言われても鈴木はニヤっとしながら従わずに江角のところまで行くと後ろから羽交い締めにし、俺に「早く手錠と足枷嵌めちまえ!!!」と叫んだ。
激しく抵抗する江角だが男二人にはさすがに敵わない、何発か蹴りを喰らいながらも足枷を嵌め、抵抗されたために後ろ手のは出来なかったが両手も手錠で拘束した。

激しく叫ばれたが、もともと防音効果の高い部屋に更に防音壁を取り付けたらしくどんなに叫んでも外に声は漏れないんだとさっき自慢していたので安心はしていた。
ただあまりにもうるさいので猿轡を噛ませておいた・・・ホントこの部屋なんでも揃ってるよw
そしてそのままベッドに寝かせると、頭上に1.5mくらいの鉄のポールがある・・・そこに手錠で拘束した手を上から通すと・・・あらあらこれで江角はもう逃げられないw
さらにベッドの足元には足の拘束具もある・・・これを嵌めるとあらあら大股開きの状態になるw

ボンテージの上は胸元で紐を結ぶタイプであり、胸の谷間が見えている。
この紐をほどくと完全に脱がせられないが胸は全開となった。
キレイなピンクの乳首と小ぶりながら形のよい美乳を見ると興奮が高まる。
下はオムツみたいと言えばいいかな?
両足の外側を紐で結ぶタイプ・・・これは紐をほどけば完全に脱がせることは出来た。
革手袋とブーツは面倒くさかったのでそのまま・・・下半身露わが妙にエロい。

だが相変わらず江角の眼力は凄く、俺は睨まれるとブルってしまう。
だが鈴木は全然大丈夫らしく「さっき8:2でSって言ってたよな?ってことは2割はMなんだろwその2割を開発してやるよw」そう言ってニヤリと笑う。
ここで福山が何かを言いたそうにしながらタンスの引き出しを指すように目で合図を送る。
俺がその引き出しを開けると中から薬箱のようなものが出てきた。
すべてアルファベット表記だが「Sex」とか「
Extasy」とか「Drug」なんて単語があったから
「これって媚薬か?」と聞くと福山はうなずく

中を開けると小分けになった
流線形の錠剤が何粒かあった

結構一粒がでかい媚薬だから
「これ飲めるのか?」と思っていると
鈴木が「この媚薬って座薬なのか?」

と聞き、再び福山はうなずく

どうやらその媚薬は座薬の方が
利き目も大きく早いらしい
なんでもアメリカではレイプ用ドラッグらしいが、
当然日本では認可されてるわけないよな

ニヤニヤしながら鈴木が江角の方に近づくと当然江角は暴れようとするが拘束されてるから動けない。
俺が暴れる腰を持ち上げながら鈴木が座薬を差し込むと意外とあっさりと入って行った。

興奮MAXでガッツキ気味な俺を制するように鈴木は「まあじ~っくりと楽しもうやw」と言って手足をそ~っとさわさわと撫で始めた。
「あんまりSEX経験は豊富じゃなさそうだから、じ~っくりと開発しようぜw」と俺に言う鈴木の目は「ドSの目」になっている!
俺も同じように局部には触れないようにさわさわと手足を撫で始めた。

時間にしたら10分くらいか・・・江角の様子が少し変わってきた。
やらしい声や反応は示さないが、明らかに「ドSの目」じゃなくなって今の福山のような目になってきた。
「どうだ?だんだん気持ちよくなってきたんじゃないか?」鈴木がそう言うとキッと一瞬「ドSの目」に戻るが、すぐに力のない弱々しい目になった。
30分くらい全身をさわさわしていたかな!?股間はあまり濡れている感じはしなかったが、鈴木が一瞬乳首に触れると江角はピクっと反応した。
それから全身を触りながら時折乳首に触れると明らかにピクッピクッと反応し始め、股間が濡れて光ってくるのがわかった。

俺ははやくマンコにむしゃぶりつきたかったが、鈴木はそんな俺を制して「もっとじっくり楽しもうぜ!夜は長いんだからw」と言って全身さわさわを続けさせた。
さわさわは更に30分くらい続いたが、徐々に乳首に触れる頻度を増やしていくと明らかに反応は変わってきた。
薬の影響もあるかもしれないが、はぁはぁ言っていたのが乳首に触れた直後だけ「はぁ~」と長い溜息を付き鳥肌が立つようになった。
猿轡をしているから言葉は発しないが明らかにエロい反応になってきたところで鈴木が「そろそろ乳首舐めてやるか」と俺に言ってきたので喜んでむしゃぶりついた!

ピンっと固くなった乳首を口に含むと「うう」
と悶えながら体をジタバタさせる江角、鈴木は股間の方に移動して内股をさわさわしている。
10分くらいこの状態を続けていたら、突然「アウッ・・・」と江角が今までにない反応を見せた・・・どうやら鈴木が一瞬クリに触れたようだ。
「おいおい触って欲しいらしくクリがプクっと膨れてるぜ!見てみろよ!」そう鈴木が俺に言うが江角は首を振っている。
俺が乳首舐めを中断し股間の方に行くと、鈴木の両手で広げられた神々しいまでの美マンがそこにはあった!
先ほどまでの閉じていた状態と違い、だらしなく涎を垂らす美マンは名残惜しいが俺は再び乳首にむしゃぶりついた。

鈴木のクリ責めは続き、徐々に触れる頻度を増やしていっているのであろう、「ぐぐぅ~・・・」とか「あうぅ~・・・」とか漏れる声も増え、上半身を反り返らせることも増えた。
だがまだ逝かせてはいない。
再び30分以上の焦らし責めが続いたところで、「そろそろいいかなw」と鈴木は言い、江角の猿轡を取りタンスからいくつかのおもちゃを持ってきた・・・なんでもあるなw
鈴木はおもちゃの中からピンクローターを取りスイッチを入れる。
ヴィ~ンというローター独特のモーター音を発しながらわざと江角の顔の前に持っていく!
一瞬「ドSの目」に戻った江角だが俺に乳首を責められてるせいか、小さい声で「やめろ」というだけで目を逸らしてしまう。

ローターをクリに当てた瞬間
江角は「ああぁ~~」

と声を上げ、体を反り返らせながら
ドっと汗が噴き出すのがわかった

時間にしたら1秒くらいでローターを離す
すぐにでも江角は逝きそうだったがまだまだ逝かせない

もうかれこれ2時間くらい前戯しているが、鈴木ってMっぽい見かけとは違ってこんなエゲツ無い責めをしているのかと感心する一方、そういえば福山ってどうしたっけ?とあたりを見回した。
するとそこには恍惚の表情を浮かべた福山がイモムシ状態で横たわっていた・・・お前って寝取られマゾでもあるんだなw

ここで鈴木は再び媚薬を取り出し
江角のケツの穴に突っ込みキメセク責めに

どんどんエゲツ無い責めになっていくな

そしてローターをクリに当てながら逝きそうになると止めるを繰り返していた。

「どうだ?逝かせて下さいって言えば逝かせてやるよ!」鈴木がそういうと江角は睨むだけだった。
あっそういえば猿轡はもう取ってあるんだから江角はいくらでもしゃべれるのにまだ言葉は一言も発してないな。
すっかり「ドSの目」になった鈴木に対して同じく「ドSの目」で対抗する江角・・・睨み合いは続くがこの間しばらく鈴木はクリ責めをしていない。
1分くらい無言の睨み合いが続いたが、突然鈴木はローターをクリに当てた。
ビクビクっとする江角だが、もちろんこれでも逝かせない。
「どうだ?逝かせて欲しいんだろw素直に言えよw」そう嘲笑う鈴木・・・あんたは鬼だと思った。

突然江角が「うぉ~~殺せ~~・・・ひと思いに殺せ~~!!」まるで発狂したかのように叫び始めた。
本当に自我が崩壊する寸前だったんだろうな、自分のS気質がM気質に負けるのが許せなかったんだろう。
鈴木は「全く強情な女だ!まあいい、まだまだ時間も方法もたっぷりあるわw」そうニヤリと笑う顔は怖かった。
この時ローターをクリに当てれば江角は3秒で逝けただろう。
俺も興奮はMAXだったし、みこすり半もいらないwふたこすり2秒くらいで逝ける気がして、なぜか江角に勝てる気がした・・・それって勝ちか?
つーか早く出したい!
ふと恍惚の表情を見せる福山の所に行き、「そろそろ抜きたいよなw」と言うと福山は「もう2回逝ったよ」とつぶやき、確かに福山の股間は濡れていた。
おいおいこの状態で手も使わずに2回逝けるって・・・福山の勝ちだ!

ここで鈴木が「なんだよ、お前(俺)出したくて堪らないのかよwじゃあ自分で扱いて江角の顔にかけてやれよw」そう言うもんだから俺は喜んで顔射した。
本当に2秒で逝けたよw
精子を顔にかけられた江角は屈辱と怒りの表情で俺を睨むんだが、その眼差しに興奮は収まらず30秒くらいで連続発射したよw
俺ってこんな早漏だったっけ?そう思いながらとりあえずスッキリした気分になれた。

「じゃあお前(俺)もスッキリしたところで、次の段階へいくかw」そう言って笑う鈴木の手には「アナルパール」っていうのか?1cmくらいのツブツブが連なった細長い棒があった。
それをアナルに入れるのかと思いきや江角の美マンにゆっくりと突き刺した!
初めての膣内攻撃に喜びとも苦しみともつかない表情を浮かべる江角。
「どうした?こんな細くて短いものでもうれしいのか?」そう鈴木は言うと次にローターにガムテープを付けてクリに固定した。
「汗もかいたしお前(俺)ちょっとシャワーでも浴びてくれば?俺もちょっと休憩するからw」そう言って2人で部屋を出ようとする。
「江角も少し休んでればいいよw」そう言った瞬間ローターとアナルパール両方のスイッチをONにした。
中と外から強烈な振動を浴びせられ絶叫する江角を尻目に、鈴木に促され部屋から出された。

江角の様子が気になる俺を制するように鈴木は「いいんだよ、俺たちが居なくなって心おきなく逝ってくれれば・・・あとで調教しやすくなるしw」そう言うともうすっかりぬるくなったビールを飲み始めた。
15分くらい断続的に江角の絶叫が聞こえてきたが、静かになったところで部屋に戻ると放心状態の江角が小さく痙攣していて、失禁したのかベッドが水浸しになっていた。
暴れたのと失禁のせいだろう、ローターがクリからはずれていたので再びガムテープでしっかり固定した。
「ダメダメダメ・・・」そう哀願する江角に「もう一息だなw」そう鈴木はつぶやくと再び部屋から出て行った。

江角の絶叫をBGMにしながら鈴木が「ちょっと汗流してくる」と言ってシャワーを浴び始めた。
鈴木の後に俺もシャワーを浴び、出てくると鈴木の姿が無かった。
寝室に戻ると鈴木は江角にフェラさせていた。
鈴木がOKサインをしながら「ようやくだよw」そう笑いながら言うとそのまま口に射精し「飲め!」と命令すると江角は恍惚の表情のまま飲み干しキレイに掃除した。
「お前もやってもらえよw」そう鈴木に言われ美マンに突っ込もうとするが、「さすがに同僚の彼女だから本番はやめとけ!口で我慢しろ!」そう言われると何故か納得した。
江角の口元にチンコを持っていくと自分から咥えてきた。
まだ両手両足は固定されていたので手を使わないフェラで、慣れてないのかあまり上手くないフェラだったが、俺はここでも1分もたずに発射した・・・いやいつもこんなに早漏じゃないんだぜ。

相変わらず恍惚の表情の福山に「お前もやってもらえよw」そう鈴木が言うと「いや、もう3回逝ったから・・・」そう言う福山のズボンを脱がせると確かにスゴイことになっていた。
汚れた福山のチンコを江角の口元に持っていくと、さすがに小さく抵抗した江角だったが鈴木の「やれ!」の一言で素直に福山のを咥えた。
この後もう一度俺はフェラしてもらい、さすがに4発発射で疲れたためついウトウトし始めた。
鈴木は明け方まで責め続けていたが、この後仕事もあるので江角の拘束を解くのは福山に任せ、俺たちは帰って行った。

眠い目をこすりながらとりあえず3人はちゃんと会社に出勤はした。
福山は会社では本当にしっかりしている。
「あの後どうだった?」そう聞くと「力尽きて眠ってた。どんなに声を掛けても起きない。」そう嬉しそうに答えていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。