【ところてん】生意気なホモガキを調教して、「兄貴」って呼ばせるんだよ

灼熱地獄のような暑さで
俺の股間もあっという間に汗ばんでくる

こんな日はゲイ専門の出会い系で
男漁りをしてスカっと一発SEXするのが一番だと
相手を差がいていると
18歳の若いガキが食いついた

どうやら男に掘られるのを
覚えたばっかりのウブなホモガキで
発情期の真っ盛りなご様子

今から会いたいね

って来たので車で迎えに行くことに

会って見ると
年上の俺に対してタメ口どころか
上から目線でいろいろと、
ぬかしてくる生意気がホモガキだ

後でたっぷりと俺のマラで
泣かしてやろうと心に決めた

とりあえず人気の少ない
高速道路の高架下に車を止め

「ここでやろうぜー」

とエロガキがまた俺にタメ口いってくる

生意気な態度とれるのは
今のうちだぜ!

と二人で後部座席に移動し
ガキのチンコを激しくフェラしてやった

スリルがあったのかなり興奮しているようで、
時々

「あっ、うっ、おぉ」

と喘ぎ声を上げて、
筋肉をピクつかせ感じてるの見て
俺も興奮してきた

そろそろフィニッシュかな?

と頃合を計ると、
俺はいきなりフェラをやめ寸止め

そしていつも車内に忍ばせてある
手錠で後ろ手に拘束

更にアイマスクで目隠ししてやった

身動き取れない状態にさらに
興奮したエロガキは

「俺のケツマンコにぶち込んで下さい!」

とようやく俺に敬語を使って
懇願してきた

ほら、さっきまでの生意気な態度はどうした?

と俺は正常位でケツマンコを
ガンガン付きまくってやった

「ああぅ!いくー!」

エロガキは先にイッてしまった

しかもトコロテンだ

だが、そんな事はかまわずがっつり
20分程ガン掘りまくっていると

さすがにアナルに負担がかかるのか
激しく抵抗し始めた

「許してくださいって言ってみろ!」

目隠しされ、両手も拘束されて
俺の抑え込みもあって

身動き取れないようなので

一層勢いを増してケツマンを
ガンガン突いてやると

ようやく観念して鳴きそうな声で、

「うぐぅ 許してください」

とぼそり

俺もそろそろ限界がきていたから
トロマンの奥底まで打ちつけて
思いっきり大量の雄種をぶっ放してやった。

エロガキはぐったりして
腰を痙攣させて涎を垂らしていた

生意気なホモガキは俺がたっぷり調教して
俺に従順なケツ奴隸にしてやるんだよ

こいつも俺に犯されるのにハマったようで

「兄貴、お願いします
犯してくだしよぉ」

と泣きついてくるようになった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。