女子剣道家で大柄な先生と柔道部の男子生徒が恋をする

学校の先生と中学生の時に
一度だけ恋愛関係になった事あるんです

その先生は中学三年の時
中途で新任のi先生という
女教師が赴任してきました

先生は社会科の先生でしたが
かなり強い女子剣道家らしく
剣道部の臨時コーチになった

俺は、柔道部に入っていて
武道館で一緒に練習し
ある日1人でランニングに行って走っていると
女教師のi先生が1人で走ってきて
喋りながら一緒に走った

そしたら先生とやたらとウマが
合うというか
かみ合ってずっと話していた

i先生は、20代半ばぐらいの
若い女教師で
スポーツが大好きで、体は大柄
俺が180くらいあるが
近いくらいあって、太ってはいないが
お世辞にも足は細くなく
どっしりとした体型で
尻の張りが凄い
デカデカお姉さんって感じでした

最近の女性は、小尻が多く
個人的には魅力を失ってしまうが
お尻は大きいことに越したことはない

友人もi先生が
夢に出てきてエッチしたとか
夢精したとか、やりたいとかいって
評判だった

顔は美人の部類ではないが
いつもニコニコしているので印象は良かった

俺は、走っていて、
近くの小さな神社に行くと

「先生、ちょっとここによっていきますので」

「なにかするの?」

「少し掃除するんです」

「えっ、そうなんだ」

柔道部では、毎日ではないが
たまに学校の近くの神社に寄って
掃き、拭き掃除をしていた

肉体だけの鍛錬だけでないので
俺もそのしきたりには感心していた

i先生は凄く感心していたようで
俺と一緒に掃除をした

「こういうこと、さらっと
できるあなた達は、すばらしいね。
剣道部でも何かやろうかしら」

「先生からやれ!といっても、
中にはうるせーな、と思う奴もいるかもしれませんね
僕らは先輩に恵まれて
最初にこれやりな!といわれなくて何も言わず
自分らが率先してやったのに
感銘を受けたんですよ。
背中で見せるというんですかね」

「すばらしい!!剣道部は確かに強くて、
いいチームだけれど、やはり
人間育成という場でもあるんだよ
。勉強になりました
また話し聞かせてくれる?」

「といっても、柔道部は
大会ではいまひとつなんですよ
人数も少ないですし」

「人数じゃないのよね
あなた達みたいな心がけは」

それからi先生は、俺自身にも
好意を持ってくれたらしく
度々話すようになり、
ある日先生の家にご飯を食べにいった

部屋も性格通りに、さっぱりとした感じで、
あまり女女してなく、変に緊張しなかった

それは先生も同じらしく
今まで生徒を家に上げたとかはないそうだ

話が弾み、泊まっていくことになったが
その辺りから先生を女性として
意識するようになり、
先生も何か緊張しているようだった

風呂を借り、先生が入っている時に
中に入っちゃおうかと思ったが
できなかった

関係が壊れると思ったからだ

その夜は何もなく、グッとこらえ、
男らしさをみせたつもりだ。

先生も安心し、また距離がぐっと近づいた。

ある日、意を決して

「先生を本当に、好きになってしまいました
難しいのはわかっていますが」

「そうね。私もあなたのこと
生徒としてじゃなく人間
男として 好き!
大変だけど 付き合ってくれる?」

「はい!!!お願いします。」

俺の住んでいる所は、田舎町なので
人目に付きやすく、すぐ知れ渡るので
『先生と生徒」が付き合っているなんて、
格好のネタになる

俺が先生とデートする時は、
俺が隣の町ぐらいまで、自転車で行き
先生の車と待ち合わせ、車でさらに
隣の町に行ってデートするという大変さでした

ラーメン屋で食べて、映画見たり
公園行ったりと
ごく平凡なものでしたが、最高の日々だった

何度目かで、初めてラブホテルに入った時は
さすがに緊張して、少し震えた

2人でホテルの中にはいって
フーーとため息をもらしたときは
思わず顔を見合わせ笑ったものだ

2人、服を脱ぐと
見ないようにしても、
チラチラ見てしまう

太目のボディーだがしまっていて
胸も尻も大きくて、下着がはちきれそう

先生はいつも、ジャケットにしろ
スカートにしろ、パツンパツンで
余計生徒にエロい妄想を抱かせているが
そのボディが手に入ると思うと身震いした

2人で風呂に入ると、

「何か不思議ね。私達
罪悪感ないのよね
あなた大人びているからかしら」

「僕、先生にだけ言いますけど
初体験が2年前、先輩達に連れられて、
何人ともHしちゃったんですよ
ガンガン腰を振られて、セックスって
こんなに痛いものだと思っちゃったんですよ
処女でもないのにチンチンから
血まで出ましたからね
これで変に自信がついたというか
悪い人たち多かったですからね。
今3年になってほっとしていますよ。
先生と出会えて」

「だから、こんなに立派なんだ」

先生がチンコを手で包むように触った。

押し返すように反った

「先生だって凄い体ですよ
みんな噂してますよ
彼氏がいないっていうの考えられません
先生という職業、なかなか大変だからですか?」

『そうなの。私みたいに
まだ駆け出しの教師なんか、
異動とかあるからね。
この学校だって、そろそろ」

「えっ、本当ですか、それはショックだな
お世辞じゃなく、先生の授業、
力強くわかりやすいですよ」

「ありがとう。だから今を楽しみましょうよ」

私達は激しくキスをした。
舌を絡ませていると風呂という場所もあり、
酸欠になりそうだった

ベットでの先生は、年上だが
しおらしく、控えめな喘ぎ声を上げ
なんとも相性のいいセックスを楽しんだ

避妊はしっかりとして
先生の白く、大きな胸の上で果てた

「先生。ありがとうございました
僕のこと嫌いじゃないですよね」

「大好きよ!!」

そしてすぐに先生と
2回戦が始まった

先生との関係は、週に1,2回で
半年間続いたが、先生の言うとおり
他県に異動になってしまった

異動してからも、何度か会いに行き
先生を抱いたが、自然と減り、
なくなりました

半年間ほどの
短いお付き合いでしたが
今でもで鮮明に
先生の顔、体を思い出し

先生は本当に素敵な女性だったと思うんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。