オナクラで働くメンヘラ従姉に命令されながらのオナニーが気持ちよすぎる

親戚にメンヘラDQNな従姉がいる

その従姉が

「バイト始めたから遊びに来る?」

って言われてカードをもらった

キャバクラとかスナックである
割引券+名刺って感じのやつだ

滅多にキャバクラとかいかないけど
従姉を冷やかしにちょっと行ってみる事にした

俺は従姉は上でも書いたけど
メンヘラ系DQNで
ダンスと演劇やっててさ
なんかの修行になるって事で
そのお店で働く事にしたらしんだけど・・・

行ってみたらキャバクラじゃなくて
風俗なのwww

相互オナニーとか
センズリ鑑賞してもらえる
マニアックなオナクラ風俗

八千円のコースなら風俗嬢が
服の上からのオナニーで
それも見ながら見られながらオナニー出来る

一万円なら女の子は下半身裸

オプションで二千円づつ上乗せで
道具とかコスチュームがつく

入ってしまったから仕方が無いと思って、
八千円のコースにした

そしたら、自動的に氏名料がついて
一万円のコースになるんだな

そこが一世一代の失敗だった

カーテンのついた個室っぽくなった所に通される

マットが敷いてあって小さいテーブルがある

しばらく待つと従姉登場

「おっお~!」

「やぁ来たよ」

従姉はテヘヘヘと笑いながら
肩をバンバン叩いてくる

「ちょっと待ってなね
飲み物何にする? 
一緒にビール飲んでくれる?」

聞くまでも無く勝手に決めるんなら聞くな

「うん。飲むよ」

パタパタと足音が聞こえて、しばらくすると戻って来た

「じゃ~ん!」

何故にドロンジョ様のコスチューム?

「ちょっとちょっとぉ~
何びっくりしてんのよぉ~
無料でコスプレサービスつけたげてんのにぃ」

びっくりするに決まってんだろ? 
しかも何なのそのセンス? 
あんた年いくつだよ?

「コースもあたしのおごりで
九十分コースにしといたからね♪楽しんでってよ」

二人で並んで座りながら
あれこれ話し始める

その風俗店のシステムとか、
普段の仕事ぶりの事を色々教えてもらう

基本的にお互い相手に触ったらダメらしい

あくまでも女の子は
観賞用として男はその姿を見てセンズリ

女の子が色々萌えるせりふを
語ってやるんだそうな

その辺が芝居の修行に
なるんだとかならないんだとか

九十分コースの意味がわからない

オナニーで九十分過ごせるやつってどんなやつだ?

従姉に聞いてみた

「今までに九十分コースで入った人は
数えるほどしかいなかったなぁ
何だろうね?」

わかんないなら勝手に延長すんなよ

「まぁ、九十分退屈しのぎに付き合うよ
こう言う所のエピソードとか姉ちゃんの近況も聞きたいし」

「普段中々二人っきりで話す機会無いもんね」

やべぇ
それでも一時間半も間が持たない

「そんでも、せっかくだから
プレイも楽しんでってよ
その方が色々わかってもらえると思うし」

「色々って、説明聴いたら大体わかったよ
姉ちゃんのオナニー見ながら
客がオナニーすんだろ?」

「そうなんだけど、マニュアルがあって
色んなセリフで興奮させてあげる事になってるし」

「へぇ」

「抜いてって?」

いたずらっぽいクリクリした
目でいつも見つめてくる従姉には
不思議な好奇心を駆り立てられる

AVの朝霞舞って人にそっくりで
クリクリした目に舌っ足らずな喋り方

「そんな事言われても
さすがに恥ずかしいよ」

「小さい頃にあんたの
おちんちんなんか何回も見たよぉ」

そう言う問題じゃ無いだろ

常識で考えて

「はいはい脱いで脱いで」

ズボンに手をかけられる

なぜかこの人の言う事にはいつも逆らえない

「お~育ったねぇ~もう勃
っちゃってんじゃんwこのスケベw」

「えっと いっつもこんな風に
脱がしてんの?」

「いっつもはお客さんが勝手に脱ぐよw
みんなもっとがっついてるしねぇ」

衝立に背をもたれて
お互いに向かい合わせになった

「あたしも脱ぐね」

「えっ? 脱がないコースなんじゃないの?」

「指名料金払ったんだったら
脱ぐ事になってんだよ」

二人で向かい合わせになって下半身だけ裸になる

「ねぇ? やっぱり男の人っておっぱい好き?」

大好きです

「このコスチュームって
下だけ脱いだら間抜けなんだよねぇ」

確かにつなぎだから
被り物だけになって間抜けだ

「え でも全部脱がれるより
前だけ肌蹴てくれる方が好きかも」

「も~やっぱみんな同じこと言うね
じゃあチャック下ろしてするね」

従姉の右手が自らの股間に伸びる
ゴソゴソしてる

「じゃあ、あたしの言うとおりに
おちんちん触ってくれるかなぁ」

「はい」

「まずは玉の辺りから先っちょの方まで
ふわっと触ってみて」

「そうそう それでまず中間の辺りを
ゴシゴシして あっ うんうんそう
そうやって擦って」

恥ずかしいけど従姉の前で
オナニーを始めてしまっt

「んっ先っちょからHな汁出てきたでしょ? 
そこに左手の手の広を当ててヌルヌルにして」

言われるとおりにカウパーを
亀頭に塗りたくってグチョグチョ
音を立てて擦ってセンズリしてみた

「いっぱいガマン汁出てる?
 気持ちい? お姉ちゃんも
オマンコもうグチョグチョだよぉ」

そう言いながら従姉はわざとらしく
マンコからぴちょぴちょとHな音を立てた

「ねぇ 想像してみてね
お姉ちゃんがあんたのちんちんを
しゃぶしゃぶしてるってそうぞうしてみて?」

想像しました

「想像できた? 
そしたら右手のゴシゴシをゆっくり止めて
そうそうゆっくり止めてその手で玉を触ってみて
左手はそのままヌルヌルね
サワサワ ヌルヌル ね?」

何がね? 何だよ

何だよ

フェラされてる気分になってきました

「次は右手でグッと舌から擦りあげて
右手もヌルヌルにしてみて?」

もうちんちん全体がカウパーでヌルヌルです

「そのままグッと握って擦ってみる
ねぇ挿入したよぉ気持ちいいよぉ
ちんちん欲しかったよぉ」

そんな気分になってしまいました

「うん 入った。
姉ちゃんの中気持ちい
ヌルヌルしてる」

「姉ちゃんもすっごく
気持ち良いからだよぉ
あっちんちん奥で暴れてる
すっごく大きい」

「もっと突いて良い? 
もっと奥まで突いて良いかな?」

「もっと! もっとしっかり突いて!」

従姉の手の動きが激しくなる

目を瞑って左手ではコスチュームから
露出させた乳房と乳首を揉みしだく

「あっ前から
前からしたかった
嬉しい」

「僕も嬉しい。イって良い? 
もう出ちゃうよ」

「お姉ちゃんももうイク! 
中でいっぱい出して! 奥で出してぇ」

「イク!」

その時、従姉がとっさにちんちんを奪い取って擦った
出る瞬間にティッシュで見事に受けられた白い物の量は凄まじかった

そのままティッシュを右手に従姉が唇を奪いに来た
キスしながら、片手をしっかり握り合った

「ふぅ~いっぱい出たねぇ♪」

唇を離すと、二人の間にわずかに唾液が糸を引いた

「すっごいお姉ちゃん気持ち良かった。最後に搾り取られてた悔しさってどう?」
「いや、いっつもこんな事してんの?」
「いっつもは絶対に非接触。今日はガマンできなかった…
像し過ぎたみたいw」

たははは そりゃ~本当かよ
妄想癖が酷くないとこんな事出来無いだろ

肌蹴た胸のコスチュームのまま寄りかかってくる従姉
まだちんちんをしごいている。グッと絞り出だされるみたいな感じで残りの精液を出してくれる
ふと見ると手の届く所にティッシュやウェットティッシュが置いてある

「普段はセルフサービスなんだけど、今日は身内に対する特別出血大サービス」
「そうなの?」
「心配?」
「何が?」
「妬ける?」

考えるとムラムラと嫉妬の炎が
燃えては来ない

「特別サービスだかんね? 普段は絶対にお客さんに触れたりしないんだから」

そう言いながら、ウェットティッシュでちんちんをいとおしそうに拭いてくれる従姉

「びっくりしたよ。何かこんな事になると思わなかった。ごめん」
「てへへ 来てくれて嬉しかった」

イってしまった気まずさから、さっさと服を着て出て行こうとする

「ちょっと待ってよぉ
まだ後一時間くらい時間あるから一緒にいようよ」

九十分は長過ぎるようだ

「いっつもはほとんど服着たままだからね? 上半身見せることなんか無いし」
「そうなの?」
「今日は特別」

横にくっついた従姉の胸に手を伸ばしてみた
従姉は目をじっと合わせて手首を取って乳房を触らせた
優しく揉んでやると敏感に体を振るわせた
またお互いに唇を重ねあって、そのまま倒れこんで抱き合った

「お姉ちゃんの事好き?」
「大好き」
「あたしもあんたの事大好きだから、今までにもあんたでした事ある」
「何を?」
「シャドーセックス」

「ちょっと暑い
ビール飲もっか?」

二人でビールを飲む

「もう、コスチューム脱いじゃうね?」

つなぎの上半身を脱いでしまってブラだけになる従姉
飲んでから更に抱き合う。二人の息が荒くなる

「今度は道具とか使ってみる?」
「うん」
「じゃあ、ちょっと取ってくんね」

パタパタと従姉が道具を取りに行く。のんびり飲みながら待つ

籠に毒々しい色の色んな大人のおもちゃを持った従姉が戻って来た
コスチュームはやめたようだ。ノーブラにワイシャツ
ますますそそるものがある

「道具使うには、こっちの方が楽かなと思って」

ワイシャツの前ボタンを外してパンツをさっさと脱ぐ従姉

「こんなの使い慣れてんの?」
「普段はあんまり使わないなぁ
お客さんのオーダーがあった時は挿れるけど」

「気持ち良いの?」

「実はあんまりってか
道具挿れるよりクリトリス触る方が好きって言うか」

「外派っすね」

「うん いっつもはさぁ
好きな人に舐められる想像で触ってしてる」

「じゃあ、ローターとかを使うのが良いのかな?」
「そうかも? やってみるね」

ローターにコンドームをかぶせて早速ブルブルさせてみる
二人でそれを見て笑う

「じゃあ、当ててみて」
「うん。えい! あっあははんっ」

従姉の顔が段々切なくなる。がっしりしがみつかれる

「ちょ何か変な感じ
裸になろうか脱いで?」

二人で全裸になる

「じゃあ、もう一回オナニーする?」
「せっかく脱いだんだから
ちょっと触りっこしてみようか」

言いながらちんちんを触りに来る
かわしてM字開脚の体勢に持って行く

「こうして欲しかったの?」

クリトリスをチロチロ舐める

「そう あっして欲しかった
もっと」

ベロベロ舐めだして、膣に指が二本入る頃にはシーツに染みが出来ていた

「バイブ挿れてみる?」

「意地悪 指気持ち良い」

「いっつも」

従姉の掌が僕の頬でパチンと鳴る

「もう意地悪言うのやめて」
「ごめん」
「今日来てくれてチャンスと思って
嬉しくて色々頑張ったのに鈍すぎるよぉ」

「ごめん」

「挿入れて?」
「ダメだろ? 罰金なんじゃないの?」
「大丈夫。もうガマンできないし」

従姉に仰向けにされてちんちんをしゃぶられる
上目遣いでこっちを見るけど、恥ずかしくて目を合わせられない
ちんちんから顔を上げて今度は腰の上に跨ろうとする
いよいよ挿入か?
ちんちんにしっかりアソコから出るヌルヌルを塗りつけて準備してる
先っちょがクリトリスにヌルヌル触れる
じっとこっちの目を見据えている
一瞬唇の端が吊り上がってちんちんがマンコに飲み込まれた

「んっ…食っちゃった♪」
「あ~あ、やっちゃった」

二人ともが腰をゆっくり深く動かす。待ちくたびれた展開

「ついに世界タイトルマッチだね♪」

「食われるのは何か悔しい」
「じゃあ食ってくれる?」

正常位に移行する。これでもう二人とも共犯だ

「これじゃ売春だね」
「買春だよ?」
「二人とも犯罪者だ」

正常位でつながったまま、しっかりお互いの体を堪能した
ここぞとばかりに楽しんだ

「バックも して?」

バックから思いっきり突きまくった。従姉は最高に獣の声を出した

「これで主犯格は決まったね」

「イク イク!」

従姉が軽く膣内に脈を打ってぐったりした
ちんちんをヌルリと引き抜いてその様子を観察した
肩で息をついて頬を赤くしている従姉はかわいい
その時、不意にカーテンが開かれた

「舞ちゃんもうちょっと声のボリュームを」

一言、言いかけた店員が言葉を途中で飲んだ
マットの真ん中には情事の後の従姉が寝ている。本番行為は明らかだ

店員が気付いたのか気づいてないのか言う

「全裸は、ちょっと困ります
当店はそう言うお店じゃないので」

「あっはい。すみませんフヒヒヒ」

「あくまでもコスチュームと
イメージでお楽しみいただくと」

その時、従姉が言った

「すみません。今日は何か
体の調子が悪いみたいなんで
この後早退しても良いですか?」

「えっ? あ~あぁ調子が悪いのね
じゃあ、そう言う事でお疲れ様でした
まぁ時間ももうちょっとだし」

なんて事を言いながら、店員は去って行った

「ねぇ? この後あたしの部屋に来ない? 
まだ2ラウンド目が終わって無いし」

その後結局従姉の部屋に連れ込まれて、
朝まで従姉と近親相姦セックスしました
店では遠慮もあるけど、部屋なら何の遠慮も無いって事で騎乗位でイカされた

「出そう! 出そう!」
「出る時言って んっ」
「出る!」
「うん」

飛びのく従姉。天井に向かって飛び散る精液

「お~危なかったぁ危なかったよぉw」
「ギリギリは、やばいよぉ」
「ギリギリが気持ち良いんだよ」

「出来たらどうする?」

「その時はしばらく
遠慮無くエッチ出来るじゃん♪」

「オナクラ風俗はどうすんのよ? 
性欲残しておかないと」

「オナニーは専用の道具が見つかったから、
もう辞めるよ。バイブはやっぱり
肉で出来たやつが良いわw」

こうして俺はメンヘラDQNな従姉と
近親相姦するようになりましたwww

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。