従順な彼女とのお祭りデートは、浴衣+ノーパンノーブラの露出羞恥プレイ

高校生最後の夏休み

大好きな彼女と神社の夏祭りデートしたんです

彼女は部活の後輩だった事もあってか、
比較的何でも言うこと聞く従順な彼女だった

だから、お祭行く前に俺の家で
薄い浴衣の中を全部脱がせて、
ノーパンノーブラでHなプチ露出でお祭りデート

普段大人しい可愛い子だったし、
それだけでも興奮したけど、
あらかじめ浴衣を少しはだけさせておいた。

会場についたら中年親父がたむろしてる場所があったので、
そこで彼女にもっと浴衣を緩めるように言い、
肩や脚はもうほとんど丸見え状態のエッチな悪戯をしあt

その羞恥プレイな状態で近くの椅子に座らせて、
俺はトイレに行くと言って少し離れて見ていた。

その時の彼女を見る周りの親父達の視線に、
この上なく興奮したのを覚えている。

翌日、彼女はいつも通りポニーテールで
セーラーに膝丈スカートという今時な女子校生スタイルで
朝練の為に学校に来た。

若さ故に興奮が冷めてなかった俺は、
教室の窓を開けて彼女を全裸にして
顔を外に出させ、プチ野外SEX気分を味わいながら
立ちバックでパコパコは狂った

青春時代の彼女との忘れなれない性体験です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。