髪が綺麗な妻の妹がメンヘラ自虐モードになってキスして誘ってくる

義妹といっても他人な理由で
妻の妹とHな雰囲気になり
そのままSEXしてしまったんです

あれは妻の妹を自宅に読んで
皆で鍋パーティをしていた時

そして、夜もふけると
妻が子供と風呂入ったんで
妻の妹と二人きりになってしまった

最初は普通に飲み食いしてたんだけど
だんだん話題も尽きてきて困ったので

「最近彼氏とは上手くいってるの?」

などとありきたりな恋バナの質問をしてみた

「最近あいつ怪しいの
携帯肌身離さないし
電話しても出ない事多い
浮気してるかも」

そう言うと義妹は一気にテンションが下がり
その場はかなり重い空気になってしまった。

俺はやべー彼氏との恋バナは
地雷だったかー
嫁よ早く戻ってきてくれー

と思いつつも何とか
場の空気を変えようと

「○●(義妹)可愛いから
彼氏浮気なんかする訳ないよ
考え過ぎだよ!」

と言ってみた

「絶対浮気してる!
私全然可愛くないよ!
姉ちゃんみたいに美人だったら良かったのにな」

と言いながら完全に
メンヘラ自虐モード突入www

しかも泣きそう

つか泣いてる

ナメクジに塩状態にしてしまった俺www

本気であせった俺は何をトチ狂ったのか
思わず義妹を抱きしめてこう言った

「大丈夫だって!浮気してないと思うし
俺は嫁より○●の方が可愛いと思うよ?
あいつ性格キツイし絶対○●の方がいい女だって!
大丈夫!俺が保障する!」

まだ他にも色々言ったと思うが
よく覚えてない

とにかくひたすら
メンヘラ自虐モードの妻の妹を
褒めまくった

するとようやく落ち着いたのか

「ありがと」

と言うと彼女は泣くのを止め

嫁と子供が風呂から出てくる頃には
笑顔も出る様になり、
その日は楽しく終わる事ができた

それから何日かが過ぎたが
俺はずっと先日の事が気掛かりだった

下心は全く無かったし
泣き止ませる為に仕方なかったとはいえ
義妹を抱きしめてしまった

義妹は嫁に言いはしないだろうか

普通言わないだろうが
釘を刺しておいた方がいいかも

そう思った俺は義妹に
メールしてみることにした

万が一って事もあるから

「こないだの事さ、嫁が変な風に
解釈すると面倒だから内緒でお願いします」

「大丈夫だよ。言う訳ないじゃん
姉ちゃん怖いもんね(笑)でも嬉しかった。ありがとね」

良かった~大丈夫だったみたいだ
嫁の性格をよく知ってる

さすが妹だ

「マジ怖いよ(笑)じゃあそういう事で
よろしく頼みますm(__)mまた遊びにおいで」

これでひと安心

もう二度と彼氏の話題には
触れないようにしよう。

それからしばらく、
義妹と会う機会もなく
普通の日々が続いたのだが、
しばらくすると色々と

何だか面倒臭くなってきた

要約するとこの後本当に浮気発覚

妻の妹が泣きながら電話してきた

とにかく泣きじゃくって
さらにメンヘラ自虐モードを
加速させているww

電話じゃ拉致があかないので
会社帰りに義妹のアパートへ

チャイムを鳴らすと
泣き腫らした目をしてドアを開け

部屋にあがる?と言われたが、
誰かに見られたらヤバイので
車で話そうと外へ

車中で例の件について泣きながら話す義妹

しまいには浮気はありえないと言った
俺にまで矛先を向けてきたから始末が悪い

「こないだ○●は可愛いから
浮気なんかありえないって言ったじゃん!
でもアイツ浮気してた!
やっぱり私魅力ないんじゃん」

と俺にもブチ切れているwww

俺は可哀相だとは思いながらも、
自分にまで飛び火してきて
内心少しめんどくさくなってきたのでこう言った。

「俺は○●の事可愛いと
思うからそう言ったんだよ?
それは嘘じゃない。でも浮気する奴は、
いくら彼女が可愛くてもするよ
魅力とか関係ない
残念だけど男を見る目がなかったんだよ」

と少し冷たく言った

無責任かもしれないが
自分もリスクを冒し義妹と二人きりで会ってる

それなのに俺まで責められるのは
正直たまらない

俺も被害者みたいなもんだろ?

義妹はしばらく黙って泣いていたが
段々落ち着いてきた様子で俺に話し掛けてきた。

「□兄(俺)、私の事本当に可愛いと思う?」

「ん?ああ。可愛いと思うよ。妹だしな」

「妹だから?女としてじゃないんだ」

「女として見ちゃマズいだろ
嫁に殺されるって」

「じゃあやっぱりこないだのは
嘘じゃん。妹として可愛いだけなら
女としての魅力なんか、
関係ないもんね
やっぱそうだよね。私なんか」

とまた沈み込む

「いや俺の意見は義兄としてだけど
一般的に見て○●は可愛いぞ?
俺の友達もそう言ってた」

実際義妹は可愛い

顔は新垣結衣似でスタイルも良い。

姉妹なので嫁と良く似ているが、
若い分義妹の方がより可愛い

その後も義妹と俺は同じ様な
押し問答を繰り返していたが

俺がずっと褒め続けたので
少し心が救われたんだと思う。
段々話に乗る様になってきた。

「○●は髪が綺麗だよな」

「うん。毎日トリートメントしてるもん」

「へー、長いから大変だな」

「うん。でも長い方が好きだから頑張ってる」

「それに目もデカくて綺麗だ。うん」

「そう?でも結構
化粧でごまかしてるよ(笑)」

「よく見るとホントは
小さいかもよ(笑)」

「んな事ないだろ~」

「ホントだって。近くで良く見てみて」

「どれどれ?ん~?よくわかんないなw」

「まだ遠いよ(笑)ほら
マスカラすごいよ。見てみて。」

「ん~?」

と顔を近づけた瞬間
突然義妹にキスされるハプニング!

あまりの事態にパニクった俺は
義妹から離れます。

「びっくりした?」

「…いや、するだろ」

「嫌だった?」

「いや、嫌っつーか
ダメだろ…。どしたの?急に。」

「お礼」

「お礼って」

「嬉しかったから。少し元気でた」

「ん。そか。元気でたなら良かったよ。」

「うん。ありがとう」

「そろそろ帰るか」

「今日は一人やだ。」

「友達とこ行く?このまま送ろうか?」「友達って気分じゃない。」
「…じゃあウチくる?一旦帰って別々に。こないだみたいに鍋でもしようか?」
「□兄といる。」「…はい?」「このまま□兄とここにいる。」
「…いやいや、俺そろそろ帰らないとやばいから。」「じゃあここに一人でいる。」
「いや、それはダメだろ…。こんなとこに置いていけないって。」「じゃあ一緒にいて。」
「いやいや、俺会社終わって連絡も何もしてないから…。今日は予定ないって、
言っちゃってるからマジで帰らないと…。」と言うとまた義妹泣き出します。
仕方なく頭をなでながら諭します。しばらくそのままの状態が続きましたが、
俺は肩を震わせてすすり泣く女に非常に弱い。段々義妹の事が愛おしくなってきました。
正直やばいかも…と思っていたところで彼女が顔を上げ俺を見ます。
「元気だせ、な。」と訳の解らないありきたりな言葉をかけると、
彼女は少し怒った様な、すねた様な顔で目に涙をいっぱいに浮かべながら俺を見上げます。
ここで俺の抵抗は終わりました。完全にアウトです。可愛いすぎます。もう無理です。
タガが外れると俺は手が早いです。そのまま彼女を抱きしめキスをしました。
彼女は少し驚いた様子ですが抵抗はしません。舌を入れると肩に手を回し、彼女も応えた。
お互い無言でお互いの舌を貪り合う様な激しいキスを続け、俺は彼女の胸に手を伸ばします。
嫁より少し小さく、若くて張りのある胸。段々息が荒くなり、肩に回した手に力が入ります。
キスをしたまま俺の指が彼女の胸の先端に触れた時、初めて彼女の口から声が漏れました。
「…んっ。□兄っ…。はぁっ…。」その控えめな吐息がさらに俺に火を付けました。
狭い車の中、助手席を倒して義妹を寝かせ、おもむろに胸を吸いだします。
乳首を舌で転がしたり強く吸ったり…思いつくままに義妹の胸を愛撫します。
義妹は手で口を押さえて声が漏れない様にしています。その仕種がまた可愛い。
再び上に移動してキスをしながら、徐々に手はスカートの中へと進入する。
もう下着の上からでも解る位濡れています。かなりのビショビショです。
義妹は「恥ずかしい」と言いますが、俺は「大丈夫だよ。」と、
またもや訳のわからん事を言いながらパンツの中に指を滑らせていきます。
「あ…んっ…」俺の指が恥部に触れ、割れ目に沿って動くと今までにない声をあげました。
次から次へと溢れてくる液体を指で掬い、そのまま割れ目の一番上へと運び、
ゆっくりと指先でクリトリスを撫で回します。「んんっ!あっ…はぁ…っ。」
「□兄ぃ…気持ちいぃよぉ…」クリトリスへの愛撫を続け、義妹はかなり感じていました。

次にクンニをしようとパンツを脱がし、足を持ち上げて助手席の足元に潜り込みます。
義妹は「えっ!な、何するの?え?」と慌てて足を閉じようとします。
「何するのって…○●のここにキスするんだよ。」と当たり前のように言うと、
「えっ!そんな事しなくていいよ!恥ずかしいし汚いよぉ…。ダメだよ…」
どうやら義妹はクンニをされた事がないみたいです。男友達とエロトークしてると、
たまにクンニしない派の奴がいますが、まさに義妹の彼氏がそうだったみたいです。
そう言われるとますますしたくなるのが俺です。軽くSが入ってるから。
「大丈夫。○●のここ綺麗だよ。いいから俺に任せて。」そう言うと俺は、
義妹の膝裏を掴んで、少し強引に顔を割り込ませてクンニを開始しました。
「やぁ…っ!□兄っ!だめっ!」義妹はそう言うと太ももで俺の顔を挟み、
手で頭を股間から離そうと押します。かなり強い力ですが俺はおかまいなしに、
義妹の股間に顔を埋めて割れ目を舐めまわします。「いゃぁ…□兄っ…あ…んっ…やっ…。」
相変わらず頭がプレスされた状態ですが、膣口の周りから穴の中まで執拗に舐め回し、
舌をねじ込んで溢れる愛液をすすります。そして満を辞してクリに舌を伸ばすと、
義妹は体をのけ反らせて、よりいっそうと一際強く俺の頭を挟み込み、
「あぁあぁっ…!きゃあっ…!□兄っ!やめてっ!変になっちゃうよぉっ!」と叫びました。
そこで俺は一旦義妹の股間から顔を離し「気持ちいいでしょ?今までされた事ないの?」
と聞くと、義妹は「うん…。彼はしようともしなかったし私もそんなの恥ずかしいし…。」
「でも気持ちよかったでしょ?」「う…、そんな事聞かないで恥ずかしいよ□兄のばかぁ…。」
…可愛いすぎる。俺は義妹の愛液で濡れたまま彼女にキスをし、再び下に戻りクンニを始めた。
クリを舐めながら、時折膣口から滴る愛液を、わざと音を立てながら舐めとる。
義妹はもう恥ずかしさの頂点を越えた様で俺の髪を手でわしゃわしゃしながら悶えている。
気が済むまで義妹のマンコを堪能した俺は「○●、フェラはした事ある?」と聞く。
すると義妹は「…うん。あんまり上手くないと思うけど…。」と答えた。
…クンニはしない癖にフェラはさせてるのかよ。彼氏に少し腹が立ったが、
「じゃあしてもらってもいいかな?」と言うと、今度は俺が助手席に座る。
「私ほんとに下手だからね。」義妹はそう言うと足元に潜り、俺のチンポを舐め始めた。
義妹のフェラは確かにあまり上手とは言えない。嫁の方がテクは数段上だ。
だが今まで義妹として普通に接していた女の子が、今俺のチンポを一生懸命くわえている。
その事実はテクニック云々を越え、素晴らしい快感を俺に与えてくれる。

「○●、すごく気持ちいいよ。上手だね。」と多少おおげさに言うと、
「うそばっかりぃ。でもありがと。うれしぃ。」と俺を見上げて微笑む。
なんでこんなに謙虚で素直なんだろう。俺は久しく嫁以外の女を抱いていないので、
若い子の可愛らしさにいちいち萌えてしまう。嫁も昔はこうだったのかもしれないが、
今はもうこんな初々しさは失われている。そのたまらない可愛らしさで胸がいっぱいになり、
フェラはそこそこに足元から義妹を引きずり上げ、思いっきり強く抱きしめてキスをした。
「○●は本当に可愛いね。こんな可愛い子俺なら絶対離さないよ。彼氏はバカだ。」と言うと、
「ありがとう。でももういいの。今は□兄に抱かれていたい。」と答えた。
俺は自分のやっている事にうしろめたさを感じてはいたが、今はもう何も考えない事にして、
「○●、好きだよ。」と言い舌を絡めた。実際俺は義妹が好きでたまらなくなっていた。
「○●、挿れていい?」と聞くと「うん。」と可愛らしく小さく頷く義妹。
そこでゴムを持ってない事に気付いた。当然だ。既婚者がゴムを持ち歩いてる方がおかしい。
だが今さらゴムを買いに行く訳には行かないし、かといって義妹を妊娠させる訳にはいかない。
考えた末、俺は義妹に聞いてみた。「○●は彼氏とHする時はいつもゴムつけてる?」
「…え?うん。アイツ用心深いから絶対つけるよ?」「じゃあ生でした事は?」
「うん…一度もないけどどうしたの?」「…いや、何でもないよ…。」
俺は困ったな…と思いながらも義妹の人生初の生挿入の相手になりたくなってしまった。
「○●さ、生理は毎月決まった周期で来てる?」「…?うん。だいたい決まってるよ?」
「じゃあ次はいつ頃くるかわかる?」「うんと…あと一週間くらいかな。」俺は賭けに出た。
「○●、俺ゴム持ってないんだ。でも俺は今どうしても○●を抱きたいんだ。生でいいかな?」
「え…そうなんだ。でも大丈夫かな…。」「うん。あと一週間で生理でしょ?大丈夫だよ。」
「…ん。初めてだから少し怖いけど…□兄だから…いいよ。」俺は心の中でガッツポーズをし、
「ありがとう。大丈夫だからね。」と言いながら優しく足を開かせてキスをしながら、
チンポを義妹の入口にあてがった。「いれるよ。」と言いながらゆっくり義妹のマンコに、
俺のチンポを沈めていくと「はぁぁぁ…」と切ない声を出しながら俺に必死でしがみつく義妹。
義妹のマンコは入口がとても狭く、中はとろけるように柔らかくて温かい。
根本まで入った時には、思わず射精してしまいそうになるぐらいだった。
「○●、ほら、全部入ったよ。すごく気持ちいいよ…好きだよ。」
「ん…っ。□兄ぃ…私も好き…はぁっ…。」しばらく動かずにそのままの状態で抱き合う。
髪を撫でたりキスをしたり、お互いを慈しむ様に狭い助手席のシートで重なり合う。
この時はお互いが本気で愛し合ってたと思う。それくらい繋がってるだけで幸せな気分だった。

それから徐々に俺は腰をスライドさせ始めた。優しく動きながら義妹と唇を重ね、
舌を絡ませながら両手で胸を揉んだ。胸を揉みながら親指の腹で円を描くように乳首を撫でる。
重ねた唇から吐息が漏れてくる。「…っ。…はっ…。はっ…ぁ…っ。」
俺の首に回した手に力が入る。「はぁ…兄ぃ…っ。んっ…。あっ…。□兄ぃっ…っ。」
ピストンのピッチを上げる度に俺の名前を呼ぶ義妹。
わざと義妹の口元に自分の耳を近づけると、吐息が耳に当たって心地良い。
俺の名前を呼びながら切ない吐息とともに、耳の穴まで舌を入れてべちょべちょに舐めてくる。
お返しに義妹の耳を舐め廻しながら「○●のマンコ気持ちいいよ。大好きだよ。」と突くと、
「…私も好きっ!あぁっ…!大好きっ!くぅ…っ!んっ!」とかなりイカレてきてる義妹。
俺ももう限界に近い。我慢できそうにないので一気にピストンのピッチを上げる。
「○●っ!イキそうだ!出すよ!○●の中に出すよ!」「ぁんっ!□兄ぃっ…!大好きっ…!」
「俺もだよ!イクよ!?出すよっ!あぁっ!出るっ!」「□兄っ!□兄ぃっっっ…!!」
瞬間、俺は義妹の両胸を掴み上げ、舌を絡ませながら義妹の膣内に思いっきり射精した。
今までに感じた事のない程の快感。本当に人生最高の気持ち良さだった。
あまりの快感にしばらく動けずに義妹と繋がったままずっと舌を絡ませ続けた。
義妹の中に大量に出したザーメンが徐々に小さくなってきたチンポの隙間から
助手席のシートに流れ落ちてきたが、どうでもよかった。とにかく離れたくなかった。
義妹も同じ気持ちだったと思う。目を閉じたまま時々ピクッ、ピクッと体を震わせる。
でも俺の首に回した腕は離れず、俺の舌を求める。生まれて初めて膣内に射精された。
しかもよりによって義兄に…。後悔してるだろうか。いや、してないだろう。
そうだと確信している。その時俺と○●は確かに愛し合っていたのだから…。
エピローグ的にはその後我に帰って、えらい事になってる助手席のシートに大騒ぎした。
帰りの道中信号待ちで止まる度にキス。最後に義妹のアパートの前で熱烈なキス。
またお互い興奮してきてやばかった。「じゃあまたね。」「うん。今日はありがと。またね。」
義妹は思ったよりあっさり帰ったけど、この「またね。」の中に義妹の気持ちが全部入ってた。
俺も帰宅。嫁は怒ってたが、同僚に無理矢理パチ屋に連れていかれたと説明。
あらかじめ帰宅前にタバコ3本分の煙を服と髪の毛に吹き掛けておいたので納得してもらえた。
後日、「ちゃんときたよ。」と義妹から生理が無事に来たとの連絡。
彼氏とは結局きっぱり別れたらしい。で、その後ですが……。
「新しい彼氏ができるまで」という条件付きで、月に二回程Hしてます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。