緊縛達磨になった処女な妹を陵辱する

世の中はロリ漫画みたいに
上手くいかないものだ

俺はシスコンんで妹の事が
大好きなんだが

妹は俺の事が大嫌いで
ろくに口も聞いてくれないのだ

まぁ俺にも原因があるんだが

俺はデブオタクで
お洒落とか興味なし!

はっきり言って
女からは一番嫌われるタイプの
兄貴だからしょうがないんだけどね

妹もそんな俺を嫌っていて
日ごろから面と向かって

「キモい」 「話しかけてこないで」

とかもう本当に悲しい兄妹関係だった

妹は俺と兄妹なのが
嫌でたまらないようで
俺の使ったものには触らないほど
潔癖症だ

妹は俺とは正反対だ

華奢で清潔で可愛くて頭もいい

俺以外の人間には優しくて性格も明るい

俺は妹が好きで
中学生のころから
妹をオナネタに自慰をしていた

高校のころ
妹のパンティを盗んでオナニーしていたのが
ばれたんだろうと思う。

そのころから妹は
俺を汚いものを見るような目で見て
口も利かなくなった

妹は今16歳のJK

俺は19歳、去年の暮れ
チャンスは巡ってきた

両親は親戚の法事に出かけ帰ってこない。

家には二人きり、妹の部屋には
俺が入らないように鍵がかけてあるが
すでに合鍵をつくってある

妹が寝静まるのを待って
妹の部屋に忍び込んだ

何年振りかに入った妹の部屋は
女の子らしい持ち物がいっぱいで

女の部屋に入ったことのない俺は
その場でオナニーしたくなる

ベッドの中で寝ている妹を
起こさないように、布団をはぎ
両手をタオルで縛って
ベッドにくくりつけて緊縛

あらかじめタオルで
手錠を作っておいたのだ

妹が目を覚ましそうになったので
思い切って妹の体の上に座り込み
手首をきつく縛り上げる

「ひぃっ」

と熟睡していた妹が
起き上がり悲鳴を上げる。

状況が把握できると
必死に体を暴れさせるが

妹の倍以上の体重でのしかかり
柔らかい体を抱きしめ
涙に濡れた顔をべろべろ嘗め回してやる

きつく閉じた唇や
鼻の穴まで舌で味わった

妹は俺の口臭から逃げるように
顔をそらそうとするが
がっちり押さえて、思う存分
妹の顔を味わった

もう俺のチンコと脳みそはヘブン状態

妹のパジャマのズボンを脱がせ
妹のロリマンコを覗きこむ

尻を抱え込んで妹のマンコをなめ上げ
割れ目に舌をこじ入れ

指で開いてクリトリスを探して、吸い上げ、舌でこね回す。
妹は恐怖と嫌悪で硬直して
声も出せないでいる

膣穴を発見し
指を入れてみるが、濡れてはいない

ロリ穴の入り口を指で
弄っているだけで、暴発しそうになったので
俺の唾液をまぶしたチンポを妹にあてがい
押し込んで兄妹近親相姦レイプ

しかし角度が悪いのか
なかなか奥まで入らない

妹の両足を抱え、妹の体を折り曲げて
ロリマンコが天井を向くような姿勢をとらせ
亀頭の先だけを差し入れたまま
妹の顔を見ると、涙がぽろぽろと流れている

それを見てチンポが
射精寸前のようにびくびくと反応し

ねじりこむように腰を
押し出すと、ぎしっとはまり込む

その瞬間、妹の顔が
苦痛と絶望にゆがんだ

妹が、俺のチンポで処女を失った瞬間の顔だ。

妹の泣き声を聞きながら
妹の処女膣の奥に
溜め込んだ精液を吐き出して陵辱した

射精したあともチンポをはめたまま
上半身を脱がして行く

可愛い胸、ピンク色の乳首
わきの下を舐め、チンポを抜いて
妹の清潔な体中に
俺の唾液を塗りこめて陵辱していく

妹のマンコは破瓜の血と
垂れてきた精液でどろどろになっている

その下の肛門にも舌を差し入れ
指を入れていじくりまわす

もう一度チンポをマンコに入れる

妹のマンコに俺のチンポが
刺さっているのを確認しながら

妹の陰毛と俺の陰毛が
くっつくまで腰を入れる

千夏の膣、千夏のマンコ
処女の千夏の子宮に俺の汚い精液を
たっぷりたっぷりでる

いくらでもでる

いつまでも立ってる
おれの汚いチンポ

咥えさせて顔を犯す顔を汚す

おっぱいにも精液を
塗りこめてマーキングするように
俺の匂いをつける

部屋の中は精液と汗のにおい

朝になっても昼になっても
緊縛達磨になった妹の体を舐めつづけた

精液が出なくなったら小便をかけた

頭から顔から濃い匂いのきつい
小便が清潔なベッドのシーツを汚す

妹も小便を漏らすマンコに突っ込むと
押し出されるようにオシッコが出た

俺は笑ったが
妹は号泣して発狂していた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。