お風呂場でイチャイチャくすぐりっこする高校生の姉弟【近親相姦体験談】

女子校生最後の夏休み、
弟とアブノーマルな一夜を過ごしてしまいました

両親は、親戚の結婚式で、姉弟で家でお留守番

それで、一晩だけ私と弟と二人で過ごしたとき、
近親相姦Hしちゃいました。

弟は高1で、高校になってからなんとなく、
急に男っぽくなってきて、
寝起きとか朝起ちして、股間がとがってるの見かけたりしてたので、
私のほうがちょっと弟に興味ありありでした。

弟とは小学6年までお風呂にはいってたけど、
ひさしぶりに入りたいなあ、って思って、
軽い気持ちで「いっしょに入ろっか」って声をかけました。

弟も「いいよー」とかいって、
さっそくお風呂わかして、二人で入ったんだけど、
おたがいすぐにどきどきしてました。

弟は、私の胸(Dカップあった)気になってしょうがないし、
私は、弟のがすごく大きくなってオチンチンを
ちらって見ちゃったから

でももうこういうチャンスってないと思って、
明るく背中を洗いっこしたり、交代でお湯にはいったり。

弟は手でしっかりあれを押さえてるので、
ときどきちらって見えるくらい

私は、もっと見てみたいので、そうだ! 

と思って、いきなり弟のわき腹をくすぐってやりました。

弟はくすぐったがりで、わき腹がすごく弱いんです。

弟はくすぐったがってあばれて、
そのいきおいでひじで私の胸をおもいきり打ったので、
私はころんで、壁に頭をぶつけてしまいました。

胸も頭も痛くて、泣きそう

しかも、私は足をひろげて
マンぐり返ししてみたいに、
はずかしいかっこうでした。

それを弟は見ちゃったんです。

弟もびっくりしたのか、

「ごめん」

と私を両手でひっぱってくれたけど、
そのとき、弟のおっきいのが目にはいって、
私は真っ赤になりました。男の子のそういうのを初めて見たので

弟も、あわてて手でおさえて、
真っ赤になりました。

私は、おもいきって、

「祐也の、おっきいねー!」

といって、「見せっこしよ」といいました。

「えー、はずいよ」

といってた弟も、私が足をひろげてすわったら、
目が私のおまんこにくぎ付け

弟も、観念したのか足をひらいて、
おたがいの性器を向かいあって見せあいました。

弟のは大きくなってて、
生き物みたいにぴくぴく動いてて、
私も目がくぎ付けでした。顔が熱くなって、
爆発しそうな感じ

弟もそうだったかもしれないけど、
そのうち、どちらともなくさわりっこになり、
夢中でおたがいの性器をなでたり、もんじゃったり

そしたら、いきなり、弟がぴゅーって出しちゃったんです。

これが男の子の射精なんだ!

私は興奮してしまい、はぁはぁいってる弟の、
ちっちゃくなったかわいいあれを洗ってあげました。

でも床に飛んだのは、なかなか流れてくれなくて、
困ったけど、スポンジで弟がむりにこすってとりました。

それからまた交代でお湯にはいったけど、
今度はおたがい、かくさないで見せていました。

弟がはいってくるときも、あそこをかくさないので、
目の前であれが揺れて、すごくどきどきでした。

「何見てんだよー、すけべ」

っていうので、

「いいじゃん、姉弟なんだし」

といって、せまいお湯の中で体がくっつくので、
またくすぐりっこでイチャイチャ

おっぱいをマッサージされたり

「きゃあ!」

と飛び上がっておたがいお湯をかけたり、
さわったり

私は立ち上がって、お風呂のふちにすわりました。

どきどきしながら、弟の目の前であそこを見せてたら、

「姉ちゃんあんましはえてないね」

っていうので、

「あんたより多いよ」

っていうと、弟がざぶっと立って横にすわってきて、
「どっちが多い?」とかいって

弟のはまた、ぴんぴんになって元気に上を向いてました。

もちろん私のほうが濃いに決まってるけど、

「どっちが多い~?」

って姉弟なのにカップルみたく
じゃれてるみたいな雰囲気

体くっつけ密着してたら、
なんか弟がすっごく可愛く思えて、
ぎゅっっ・・て肩をだきしめちゃいました。

「姉ちゃん、おっぱいおっきいなぁ」

と見ているので

「おっぱい吸ってみる?」

というと、素直に口をつけて乳首を吸ってきました。

感じちゃって、

「もっと吸って」

と胸を弟の口に押しつけちゃって、私もおもわず弟のを、
にぎってもんじゃいました。

そしたら、弟のは暑くてかたいのなんのって、
また、ピューって大量射精

私が「ねえ、キスしちゃおか!」
といって弟にちゅってしたら、
最初いやがってた弟も、吸い返してきて、二人で夢中でディープ

もう、体が爆発しそうな感じで、
弟もいっしょだったようでした。

お風呂場の床にねころがって、
ぎゅうって抱きあい、なかなかうまくいかなかったけど、
おまんこを入れあいました。

姉弟っていうのを忘れてて、ただしたい・・って思って。

弟はすぐに出しちゃって、そのまま2回目

おわってから、やばい

と思ったけど、ストップできない感じでした。

体をふいて、ショーパンとシャツをきて、
自分の部屋にあがって、
ぼーーとしてむずむずするあそこや胸をなでてたら、
弟が「姉ちゃん・・」といってはだかで入ってきました。

さっきみたいに元気な弟のものをみて、もうだめ。

私もはだかになって、ベッドで弟と、はげしくしてしまいました。

その日だけで何回したことか

全部中出しだったので、
なんともなかったのが信じられないくらいでした。

その夏中、気が向くと、弟と近親相姦中毒に

2日目からはコンドーム使ってやってました。

興味が満たされたのと、秋になって受験勉強に集中したおかげで、
なんとかふつうの姉弟にもどれたと思います。

それでも弟はしたそうだったし、
ときどき私の部屋にきて、性器をさわってたけど、
気がつかないふりをして勉強してました。

次の夏に、またおたがい欲求不満でなりゆきでしちゃって、
両親がいないときに、何回かイチャセクな近親相姦したのが最後です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。