精神病棟で夜勤していたナースが患者に口輪されて犯される

私は精神科病棟に勤務する
30歳のナースです

入院施設ある病院で
夜勤勤務もあります

これはある夜勤の時に
起きた事件なんです

男性職員が仮眠に入り
私が待機しているとナースコールが鳴ったんです

大概、たわいも無い事なので
同僚の男性職員を起こすのも悪いし
自分一人で何とか出来る・・

そう油断したのが
全ての間違いでした

比較的に症状の軽い患者さんだったし
まだ若い方だったしと軽い気持ちで

どうしました?

って部屋に入っていきました

そしたらいきなり
患者さんに口を塞がれ
強引に押し倒されたんです

暴れる私を押さえつけ
エプロンの上から乱暴に胸を揉まれました

逃げようとする私に馬乗りになり

「怪我したくなかったら
大人しくしろ」

と患者さんが脅迫してきたんです

殺されるかも・・

という恐怖心で
私は怖くて黙って頷きました

彼は私を立たせ、ベッドに私の手を縛りつけ
エプロンから、ハンカチを取り出し
私の口に押し込み口輪をしました

そして、背後に回り込み
私のベルトを外し、チノパンのファスナーを引き下ろして

ためらう事無く私の下着事
ズボンを引き下ろして
強姦してきたんです

そしてヴァギナを
指で開かれ描き混ぜられ

悔しくて恥ずかしいのに
私はグチャグチャに濡れていました

そして、私のヴァギナに
彼のペニスが当たりました

当然ゴムなどありません

私はレイプされまいと
腰を捻り抵抗しましたが

彼のペニスは私の中にズブズブと
今までのどの彼氏よりも太く大きいペニスが
私の膣奥まで入り込み
貫通されてしまったんです

激しく突き上げられた瞬間
私の意識は真っ白になってしまいました

一度イかされ敏感になってしまった私は
気持ちとは裏腹に恥ずかしい声をあげ
彼のピストンに合わせてお尻を振り

彼が満足するまで何度も
犯されつづけたんです

解放された私は
すぐにシャワーを浴びました

精神科で勤務する看護婦として
患者にレイプされたなんて
あってはならない事で

上司にも同僚にも言えませんでした

彼は退院するまで昼夜問わず
私に性的悪戯を
繰り返すようになってしまったんです

でも私はじっと我慢するしか
出来ませんでした

規則を破り
夜勤中に一人で見回りに行き
レイプされた事を上司達にもし知られたら
私の責任問題になってしまうからなんです

私はこの精神病患者を
一日でも早く病院から
出ていくのを願っていたんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。