【姉姦】姉貴と弟が初めて近親相姦SEXした日

俺と姉の恋愛、
そして近親相姦を告白しようと思います

俺は26歳で高校で先生をしています

教科は化学を教えています

そして28歳の姉も弟の俺と同じ高校教師で
科目は日本史を教えています

姉は弟の俺かみても
結構美人だと思います

勤務先は当然、異なるけど
お互い教師という職に就きながら
姉貴とは3年位前から同居して
恋人関係で肉体関係も持ち近親相姦している

罪悪感と言うか背徳感と言うか

そういった感情も少なからずあるけど
本気で姉貴を愛してしまったんです

うちは元々4人家族(両親・姉・俺)
だったけど家庭環境は最悪だった

父親は仕事が忙しくて家庭には無関心で
事なかれ主義

おそらく父は浮気もしていたと思う

そのせいもあったのか母親は
過保護・過干渉なほど俺や姉貴に
病的な執着していた

俺や姉貴の普段の生活
行動、当然勉強にも全てにおいて逐一うるさく口出しした

俺も姉貴も両親の事が嫌いで
特に母親の過干渉にはウンザリしていた

でも俺が高1の時に母親は他界した

インフルエンザから肺炎を併発して
こじらせて突然亡くなったのdあ

母親の他界で束縛からは解放されたけど

死という悲しい形でしか解決できなかったのかな?

と俺も姉貴もわだかまりが残って
それを忘れるためにも必死で勉強に打ち込んで
クラブ活動にも精を出していた。

家庭向きじゃない父親は
相変わらず無関心で
俺ら子供にも興味ない感じだった

俺と姉貴の姉弟仲は昔から良かったけど
子供の時は特別な関係は無かった

でもこの頃から綺麗で優しくて
母親からも必死で守ろうとしてくれた姉貴の事が
女性として好きだった

俺も姉貴も大学卒業まで実家で暮らしていて
姉貴が大学入学すると教員免許を取ると言いだした

俺「教師になりたいの?」

姉「う~ん、まだ分からないけど
資格はあると便利だし一応取るつもり」

俺もその影響を受けて大学進学してから
科目は違うけど教員免許取るつもりで
カリキュラムを組んだ。

そして姉貴は大学卒業して念願の教員免許を取得

就職先が決定すると

「1人暮らしする」と言って実家を出て行った

実家から通勤するには遠すぎる距離だったし
社会人になったなら自立して当然だけど

ちょっと俺は姉貴に
見捨てられた感じがして寂しかった

両親が嫌いだった俺にとって
昔から姉貴は唯一の心の支えだったけど

実姉弟で恋愛なんて有り得ないから
姉への思いを断ち切る意味では
良い機会だと考えるようにした

それから姉貴とは仕事が忙しいみたいで
年に2・3回しか会わなかった

迷惑だと思って
メールや電話もあまりしなかった。

そんな教師として日々活躍して

たまに会う度に綺麗になっていく
姉貴がまるで他人に思えてきて
態度もヨソヨソしくなってしまった

姉貴とは2年遅れで
俺も大学卒業して教師として就職先を決めると
実家を出て一人暮らしを始めた

教師生活1年目、必死で仕事を覚えていた頃
久々に姉貴から電話がきたのだ

姉「久しぶり、仕事はどう?上手くやってる?」

俺「まぁ何とかやってるよ」

姉「今度、一緒に御飯でも食べようか?」

俺「うん、いいよ」

姉から誘ってくれるんなて
珍しいな、何かあったのかな?

と思いながらも約束した当日
姉貴と会って少し高級レストランで一緒に食事した

「遅くなったけど就職祝い」

と言われて御馳走になった。

俺も姉貴も下戸でほぼ酒は飲めないけど

折角だからグラスワインを1杯ずつ
飲んでそれだけでも結構いい感じに酔っていた

俺「これから何処か寄る?もう帰る?」

姉「・・嫌、まだ帰らない」

俺「えっと・・どうしようか?
そうだ、俺の家に来る?」

姉「うん、行く~」

妙に姉貴のテンションが上がっていて
不思議だったけど、まぁ良いかと姉貴を自宅に招いた

コンビニで買ったお菓子つまみながら
紅茶も淹れて2人で世間話をしていた

そしたら姉貴が俺のベッドに横になると姉

「私 もう仕事辞めようかな?」

と言いだした。

俺「何かあったの?」

俺もベッドに腰掛けて聞いた。

姉「ヒトシ(俺)もその内分かるよ
教師は大変なの」

「上からもゴチャゴチャ嫌な事言われるし
モンペの親も煩いし」

「生徒からも女だとナメられるし
頭にくる事ばかり、いい加減ウンザリする」

以前まで彼氏いたけど、仕事に対する理解が
得られずムカついて振った事も話しだした

俺「そっか・・辛いなら仕事辞めれば良いよ」

姉「そんな事したら生活できないよ」

俺「俺が姉貴の面倒見てあげるよ
安月給だけど、なんとかなるよ。貯金も少しならあるから
また姉貴が家で御飯作って家事やってくれるなら、むしろ助かるし」

姉「・・・優しいね」

俺「そんな事無いよ」

そう言うと姉貴は俺の膝に頭を乗せて甘えてきた

姉貴の頭を撫でてると最初は赤い顔して
(これはワインのせい)笑ってたけど寝てしまった

1Kのマンションで部屋も狭いから
そのまま姉貴をベッドに寝かせると

ベッドは1つだけだし他に布団も無いから
俺も姉の横で添い寝した。

この日はエロい事は一切してない

姉貴と一緒に寝るなんて子供の時以来だった

シングルベッドで2人寄り添って寝るのが妙に心地良かった。

次の日姉貴は

「ありがとう、元気出たから。もう少し仕事頑張る」

「また連絡してよ、俺もするから
また会って御飯でも食べようよ」

これをきっかけに姉貴と疎遠だったのが
交流持つようになって月に2~3回は会う様になったし
お互いの家に泊まる事も多かった。

そんなある日、姉貴と外で夕食を終えてから
姉貴を連れて俺の家に帰った

この日、酒は飲まなかった

俺も姉貴も風呂に入って

(もちろんお互い別々に入った)服は俺のロンT
ジャージのズボン・ボクサーパンツを姉貴に貸した

何となく2人で寄り添ってテレビを見ていたら姉

「ねぇ・・ヒトシは彼女いないの?」

と聞いてきた

俺「いないよ、モテないし」

姉「ええ~~頑張って作れば良いのに」

俺「好きな人もできないし、姉貴がいい女だから比べてしまうのかな?」

姉「本当にそう思う?」

俺「うん」

そう言ってお互い真剣な顔つきになって見つめ合った

一切の微笑も無く、お互い真剣に話をする
「ただの男と女」になった。

そしたらどちらからともなくキスしていた。

余計な雑音が邪魔だったからテレビを
消して真剣に告白した

一生言うつもりなんて無かったけど

「伝えるなら今しかない」

そう確信した。

俺「俺、姉貴の事好きだよ、昔から好きだった」

1滴も酒飲んでいないのに顔真っ赤にして
姉に愛の告白してたと思う

姉「私もヒトシの事好きだよ、たぶん子供の頃から」

俺「本当に?」

姉「うん・・(エッチ)しても良いよ」

その言葉を聞いて、俺の中で覚悟は決まった。

姉貴を女性として愛して
一生姉貴を守る

いずれ姉貴が俺から離れていくなら
仕方ないけど俺からは、姉貴と離れるような事は絶対しない

仕事を失って、世間を敵に回してでもそれでも
命懸けて姉貴を愛して守ろうと誓った

俺からキスしてそのまま無言で
姉貴をベッドに押し倒した

キスしながらロンTの中に手を突っ込んで
姉貴の胸を揉んで優しく愛撫して
人生初の姉姦を今まさにしようとしていた

姉貴の胸は結構でかくてEカップの巨乳

服を着ているのがじれったくて
そのまま姉貴を全裸にして俺自身も全裸になると
姉貴の胸を揉みながら吸いついた

舌で乳首を攻めて転がすと
小さな声で姉貴が「あん」

とエロい超えで
喘ぐのに堪らなく興奮した

胸を重点的に愛撫しながら
首筋からお尻まで全身にキスしていった

姉貴のおまんこにも吸い付いてみたら
かなり濡れているみたいだったし
物入れからコンドーム取り出した。

1年ほど前に買った物がまだ残っていた

装着して姉貴のおまんこに
当ててゆっくり挿れて姉姦したのだ

姉貴のおまんこはかなり締め付けられて
少し動くだけでもメチャクチャ気持ち良かった

今までエッチしてきた女性の中で

ダントツ相性は良かった。

俺が挿れて上下に動いている間
姉貴は俺にしがみついてずっと俺の名前を呼んでくれた

射精してからも体力尽きるまで姉貴を抱く事を止めなかった。

そのまま2人とも寝てしまって

朝起きてから

姉「一緒に住もうか?それならもう少し広い部屋に住めるし」

「それなら家賃も家事も分担できるよね」

俺「うん、今度一緒に部屋探し行こうか」

こんな感じで姉貴との同居(同棲)生活が始まった

もう3年ほど経つけど
今でも姉貴とは姉弟関係だけでなく
恋人関係も維持している

一応、父親に同居してる事は伝えているけど
それについても特に何も言わないし
近親相姦している秘密は
墓まで持って行くと思う

身内バレもそうだけど
職場や生徒にもバレない様に注意する生活は神経使うけど
それでも一生俺は姉貴を愛し続けて
この姉と同棲生活を続けていきたいと思う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。