父と女装息子のゲイ近親相姦

僕のゲイ初体験は
実の父親との近親相姦でした

あれは僕が中1の頃と体験で
父は素面の時は気弱なんですが
酒癖が悪くて酒乱でした

そんな典型的な駄目オヤジで

お酒を飲んでいない時は
浮気している母に対して
文句の一つもいえないのに

お酒を飲むと息子の僕がいても
お構いなしで母を押し倒し
そして罵倒しながら母を犯してしまいました

母は母で浮気相手に調教されてるみたいで

昼夜関係なしで携帯に電話が掛かってくると
素面の父が居てもお構いなしに
若い服装に着替え出掛けて
不倫しに行ってしまうんです

僕は生まれつきLGBTで
女装やニューハーフ願望があり

両親が居ないときは
母の下着・服を着て女の格好している
女装少年でした

母は僕が女装してるのを知ってますが
僕の目の前では
知らない振りをしてくれてますし

僕が良く着る母のお古の洋服や下着が
僕のタンスの中に仕舞ってくれたりするんです

駄目な母親でしたが
そこだけは理解力があって
ゲイな僕を受けいけれてくれていました

それで、学校が振り替えで
平日休みでした

父は普通に仕事に出掛け
母と二人でしたが、浮気相手からの呼び出しで
昼前に出かけて行きました

母も昼前に出掛けると
夕方まで帰ってきません

その日、僕は、直ぐに最近母が良く着てる
下着・服を選び着替えて化粧しました

女装した僕は、母より
少し低いですが、母にそっくりなんです

女装してるときは
母が真面目に主婦してるつもりになって
家の用事をして女を楽しんでます

平気に外出して母が前の日に買い物する
リストのメモを持って買い物にも
行くようになってました

声変わりも遅くて
中学生になっても声が高かったので
意外に女装していると
周りの人達にはバレていなかったと思います

それで女装したまま夕方前に
買い物に行って家に帰ると

父が普段より早く帰っていて
しかもお酒を飲んでました

もうだいぶ飲んでるみたいで
目が母を押し倒して抱くときと同じでした。

父に気付かれないように台所に行き
直して終わって部屋で着替えようと2階に上がり

戸を開けようとしたら酔った父に
捕まり両親の寝室に連れ込まれました

父の力には、かないません。

ベッドに押し倒され、服に手が掛かります。

抵抗すると叩かれました

僕が抵抗を辞めて大人しくしていると
優しく愛撫しながら下着姿にされました

父からの優しい愛撫に僕は
感じていました

ショーツを脱がされるとき怖くなり
また抵抗すると泥酔している父が

「そんなに俺のを入れられるのが嫌か?
許さない今日は、尻に入れてやると」

と言ってうつ伏せにされ、ショーツは引き裂かれてしまい
腰を持ち上げられてアナルに唾を吐き湿らし
指を入れかき回してから挿入してきて
アナルレイプで父と近親相姦してしまったんです

悲鳴を上げてる僕にお構いなく
酒乱な父は根元まで一気に入れて
犯してきました

出し入れをされて最初痛かったのが
中間付近で出し入れされているうちに
痛みより快感がわいてきました

父が逝く頃には
僕は完全にメスイキしていて
自ら腰を振ってました

父は、僕の中に出すと覆い被さってきて
そのまま寝てしまいました

お尻の中には、まだ柔らかくなっても
父のペニスが入っていて
その感触だけで僕はまた
メスイキしてしまいそうになるんです

そして酒に酔っている父はそのまま
僕に覆いかぶさるように寝てしまい

僕は気づかれないように
そっとアナルから父のペニスを抜き

自分の部屋に戻ったんです

父に犯された息子の僕

それから僕は母がいなくて
父が酔った時・・・

女装して父の前に立ち
自ら犯されるようになったんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。