【美少女SM嬢】調教されたいM男がSMクラブデビュー

いつか俺はボンテージのSM女王様に
調教してもらうんだ・・・

と高校時代の頃から決めていて
20歳の時にM男な僕は調教される為に
東京の超巨大風俗街、新宿に行き
SMクラブデビューしたのだ

SMクラブに電話予約で済して

料金はMコース120分で38000円+指名料2000円+
入会金2000円+ホテル代4500円の計46500円

大学生の俺にとっては
超高額だけど指名したSM嬢は
店内ランキング2位の写真では
25才身長155cmの可愛いロリ系の彩乃姫

当日は自分が先にホテルに入って
女の子を待つ形ね

もうこの待ってる時間が
もの過ごいワクワクして緊張する

しかも初SM嬢体験だから色々
性的虐待されるアブノーマルな事を妄想してしまう

そしてついにドアをノックする音がして
俺の心臓はバクバク

ドアを開けたらそこには身長155
と小柄な今風の大学生っぽいロリSM嬢がたっている

「始めましてよろしくね!」

可愛い過ぎる!
こんな美少女SM嬢とか想像もつかない

「は、はい!よろしくお願いします」

とりあえず部屋の中に入り
プレイ内容等を確認する

「君若いね?こんな所来ちゃ駄目だよ
ここは普通のプレイに飽きた
お金持ってるおじさんが来る場所なんだよ?」

「そうなんですか?
でも自分ドMでなんで多分平気ですよw」

どうやらSMクラブは
客層は40、50代が1番多いらしい

「そう、じゃあ手加減しないからね?笑」

「了解っす!」

正直舐めてた

こんなヒョロイ美少女に
自分が服従する訳ないだろうと思ってた

「じゃあシャワー浴びて来てね
その間に私も着替えるから」

「うっす、了解」

もうシャワー浴びてる時はウキウキ気分で
肉棒もオッキして来た

そして部屋に戻るとそこには
白のボンテージに身を包んだ
美少女SM嬢の可愛い彩乃ちゃんがいた

ボンテージ越しなので胸の膨らみも
強調されてもう興奮状態

「じゃあまず女王様への挨拶からだね」

挨拶?

そうか風俗では
プレイする前にするんだなと思い

「とりあえず彩乃ちゃん今日はよろしくお願いします!」

バシンッ!!

思いっきり平手打ちを食らった

「えっえっえっ」

何で俺、ビンタされるんだ?

「お前舐めてるの?
普通は裸で土下座してお願いするものじゃないの?
そうだよね?分かるよね??」

顔は笑ってるけど目がマジww

超怖いwww

もう俺の中でのさっきの可
愛いらしい彩乃ちゃんではないんだと
認識してすぐさま膝をつき
美少女SM嬢に土下座した

「あ、あ彩乃様今回はよろしくお願いします」

「まあ許してあげるよ、さっさとベットで
四つん這いになりなさい!」

何で俺がこんな格好しなきゃいけないんだ

普通はDキスとかで始まるんじゃないのかよと
心の中で何回も思った

「な、何をするんですか」

四つん這いなんて生まれて始めて
しかもこんなロリ系美少女SM嬢の前で
恥ずかしくて泣きそうだったわ、

「ふふ、気になる?最初はコレだよ^^」

取り出したのは鞭だった
絶対痛いだろww

「さあ行くわよ?分かってると思うけど
その体制を崩したらお仕置きだからね?
もっと尻を突き出しなさい!」

「はいっ!!」

「まずは10発耐えてみせなさい」

ピシッ!ピシッ!ピシッ!

「ひゃあっ!ひゃあッ!痛いッ!や、やめて下さいー」

「やめないわよ、あなたは私の専属M奴隷でしょ?」

もう完全にドSの調教スイッチが入ってた

そして何とか10発を俺は耐えた、、、

「まあ、君始めてなのに
10発耐えれたじゃない根性あるのね?」

「は はい」

「じゃあ次の5発を耐えたらご褒美をあげるわよ
けど耐えれなかったら分かってるわよね?^^」

「はいっ!彩乃様の為に頑張ります!」

いよっしゃー!!次が終わればフェラとかして
貰えると勝手に想像していた

けど美少女SM嬢が取り出したのは
さっきの鞭とは違う物だった

そう一本鞭である

「ふふ、、行くわよ耐えてみせなさい」

ヴァチイイイイ!

「いたああー!!」

ヴァチイイイイイ!

「いやあーー!いたいぃ」

もうね、この痛みが半端ない痛さで
意識失う位で失神するかと思った

けどロリ顔美少女SM嬢は楽しんでるのよ

「あははははww無様ねえ?惨めねぇ?ww
女の子の前でお尻突き出して恥ずかしくないの?
でも奴隷なんだから私を楽しませてちょうだい」

ヴァチイイ!

俺「いやーやめて下さい!
やめてえええ!!!もうむるいいい」

俺は3発で耐えれなくなり体制を崩して倒れ込ん

「はあ、はあ、あああ彩乃様やめてくださいいい」

もう完全に彩乃様への恐怖心に飲まれかけて

「やっと素直になってきたわね?
けど残念^^耐えれなかったからお仕置きだね」

何でそんなに嬉しそうなんだよ!

ドSな痴女っ子ローリータに
俺はお手上げ状態

「仰向けになりなさい!」

「はっはい!」

すぐさま彩乃様の足元で仰向けになる
俺はこれからどうなるのか期待と恐怖心でいっぱいだっ

「ふふ、さあそのお口を塞いであげるわ♪」

そうボンテージ越しでの顔面騎乗位だ

「んーんーふっふっ!」

うおおおお!ボンテージの生地が擦れる音と
美少女SM嬢の匂いが感じれて

むしろご褒美じゃねえかww

と安心しきって息子もフルボッキしてい

「あははwww体は正直だよね
でも君勘違いしてない?
今からお仕置きするんだよ?」

「んひ?(はい?)」

「ふふ、このニクボウの周りに
生えてる物はいらないわね、今から私が綺麗にしてあげる♪」

カチッ!

息子の周りで感じる熱気そうライターで炙られてるのだ

ジュウ チリチリ

焦げ臭い匂いが部屋に充満する

「んひっー!むめめっー!まめーっ!!」

俺の悲痛な叫びも
彩乃様のお尻で全て揉み消された

「あははwww無様よねこんな事されてw
でもお前が悪いのよあの鞭に耐えてれば
ご褒美が貰えたかもしれないのに
自分でお仕置きの方を選択したんでしょ?
お前は一生私のM奴隷として飼ってあげるわ」

もう抵抗するのは無意味と感じて
身をロリSM嬢に委ねた

そして炙る事5分俺はパイパンチンコになってしまっ

「あぁ僕のチンコがー」

「よしよし、頑張ったね。
今回のお仕置きには耐えれたからご褒美をあげる」

彩乃様が抱きついて頭を
撫でなでしてくれて心が落ち着いた瞬間でもある

やった、ついにご褒美が貰えるんだ
俺の苦労が実ったんだ

「口を開けなさい、そうそう良い子ね?ペッ!ペッ!」

唾を吐きかけられただけである

「味わって飲み込むのよ?」

ゴクン

と唾飲みプレイ

俺「お、美味しいです」

「当たり前でしょ、私の体液なんだから!
ご褒美は終わりよ次にいきましょうね?」

嘘だろ

あんだけ耐えて
唾飲みのご褒美だけ・・

これだけとか、普通はフェラとかしてくれるだろうと
思ったけどとても言えなかった

俺は彩乃様に手を引かれる姿でベットに
連れて行かれた、そして仰向けに寝かされた

「さあ、足を開いてお尻の穴をみせなさい♪」

「は、はい」

逆らったら一本鞭が飛んで
来るのでもう服従するしかなかった

「ああ、可愛いア・ナ・ル
私を誘ってるのね、悪い子ねえ♪」

そしてローションと
手袋を取り出して準備にかかる彩乃様

「うふふ、今何されてるか分かる??」

指先で俺のアナルを撫でているのだ

「ああん 気持ちいい」

「これからもっと気持ち良くなるからね」

ヌポッ!

指がアナルに入れられた

「んあん!お尻の中がー、
駄目え何かでちゃううう」

「ほらほら、なかで凄い締め付けてるよ?
これが良いんでしょ?もっと喘ぎ声を聞かせて」

「いやあー、あっあっ」

しかし俺の叫びなど無視して
美少女SM嬢は
指先をバイブのように振動させて
アナル弄りして牝イキさせてくる

「ふふふ、やっとほぐれて来たわね
じゃあ入れましょうか♪」

美少女SM嬢が取り出したのは漆黒のペニスバンド

それを腰に装着して俺のアナルに狙いを定めている

「そんなの入らないよおおぉぉ」

抵抗しつつもそのペニバンで
突かれたらどんな感覚になるのか期待していた

「またそんな事言って私をその気にさせちゃうのね
うふふ見てなさいすぐに
アンアン喘ぐ雌豚のようになるわ」

ヌポッ!

「ああ、入っちゃった」

「あぁあああん~こわれちゃうぅぅ
僕のお尻がこわれちゃうぅよおお」

「そうよ、壊しちゃうのよ
アナル壊してあげるからね」

パンパンパンと
逆アナル責めに狂いそうな程感じてしまい
これが本当のメスイキか!

って感じで涎を垂らしながら
人生初、アナルを美少女SM嬢に犯されたんですww

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。