茶髪ロングヘアーのギャル保険レディが契約取るためにフェラ焦らしの枕営業

職場で入社した間もない頃
生命保険から派遣された保険外交員から
勧誘されていた

特に印象的なのは
Y生命の由香(当時23歳で俺と同い歳)の
新米保険レディ

茶色ロングヘアにケバイ化粧で
いかにも元ヤンキーという感じの
ギャル系保険レディだったが
そこそこ美人で、かつカラダはムチムチの
エロいスタイルをしていた

胸が開いたブラウスと
みじかめのタイトスカートで
いつも営業廻りに来る

前屈みになると胸元から
谷間や黒ブラがチラ見えするので
ついその柔らかそうなおっぱいに
釘付けになってしまう

ある日の昼休みのこと

ギャル系保険レディの由香は
いつものように俺の職場に勧誘に来た

「ね、お願い。Nクン
ウチの保険に入ってもらえない?」

同い歳ということもあり
由香が馴れ馴れしく俺に問いかける

「今月はノルマが厳しいのよ」

「入ってもいいけど、
他の会社からも勧誘されているからなぁ」

そして俺は由香の男好きのする
エロいカラダをまじまじと見つめ、言った

「でも、由香ちゃんが
俺と付き合ってくれれば、話は別だけど」

確かに一縷の望みを持っていなかったといえば
嘘になるが、半分は冗談
半分は保険加入を断るための常套句だった

だが、

「わかったわ」

とギャル系保険レディの由香が
不敵に微笑んだ

「ちょっと、来て。」

由香が俺の二の腕をつかみ
座っていた俺を立ち上げ、
そしてそのまま執務室の外へ連れ出す

「ちょ、どこへ?」

「いいから!」

そして由香は俺を人気のない
5階の男子トイレへと引っ張り込んだ

5階にはオフィスルームはない

「お、おい ここは」

だが由香は無言だった

個室に入り、由香が鍵を閉める。

と、由香が俺の方に顔を向け、俺にささやく。

「ズボン・・・脱いで♪」

ええええーっ!?

「あら、お望みだったんでしょ?」

由香が手持ちのヴィトンのバッグを
広げながら微笑み俺に問いかける

「私のおクチで、抜いてあげる」

由香はバッグから紙オシボリを取り出し
それを手指に挟みながら、俺のズボンのベルトを器用に
かちゃかちゃとはずし、ファスナーを下ろした

そして由香は、
ファスナーの隙間に右手を突っ込んだ

「お、おい」

とまじで枕営業、性接待してくれるのか?

呆気に取られる俺

「いいから 由香に任せて」

由香の華奢な指先が、俺のペニスをつまむ。

ぷにゅっ。

「あっ由香」

「ああん、Nクンのおチンポ、可ぁ愛いぃ」

そういうと、ギャルな淫乱保険レディは
俺のチンポをズボンの外に引き出した

ぺろん。

「さああ、キレイキレイしましょうねぇ~」

由香がそういい終わる寸前
俺の亀頭は冷たい感触に包まれた

うッ!!

由香は紙オシボリで、やや乱暴気味に俺の亀頭を
まずは当てこするように、
続いて幹回りを包むようにして拭いていく

それが強烈な刺激から
徐々に快感に変わる

「あ、すげ、由香」

「うふ・・あん 
Nクンのチンポ、どんどん大っきくなってるよ?」

由香が俺の耳元で、囁く

「この、ス・ケ・ベ♪ふぅぅ(と、息を吹きかける)」

こ、こいつ、何てエロい保険外交員なんだ!

耳と股間とに性感を与えられた
俺のペニスは、すでにギンギンとなった

「あは、すごい、膨張率ぅ」

ギャル系淫乱保険レディが子供のようにはしゃぐ。

「ゆ、由香」

もう俺は突然の快楽に爆発しそうだった。

「あわてないで」

由香がたしなめる

「私は逃げはしないから」

由香はトイレに座り、正面に俺を仁王立ちさせる

ちょうど由香の目の前に
俺の勃起ペニスがいきり立っている格好だ

「あん、Nクンの、美味しそう」

由香が舌なめずりしながら妖しく微笑む

「私のベロ、結構スケベだって言われるんだよ?
覚悟してね」

「あら、ウフン
Nクンの先っぽ、エッチな汁で、ヌルヌルゥぅ♪」

淫乱保険レディはまるで俺を辱めるかのように
卑猥な言葉で攻めてくる

「うふ じゃ、いっただっき・・ま~~す」

ぺろっ

ああううぅ!!

由香の卑猥な唇から突き出されたピンクの舌が
俺の亀頭の敏感な先端に触れるや否や

由香はその舌でいきなり
尿道口のあたりを激しく上下になぞらせる

ちゅぴ、ちゅぱ ぬちゅぬちゅ♪

「くぅぅ あう」

「うふん、Nクンのカウパー、美味し♪」

今度は由香は、遠慮なしに亀頭の
先端からカリの方へ向けて、螺旋状になめてくる

れろれろ

「あう う、由香、あ」

「うふ、感じてる、の?
じゃあ・・・ここは?」

淫乱保険レディが執拗にカリ首を舐めまわて
亀頭攻めしてくる

最大限に勃起したために後退した
包皮の中まで舌を入れ込む

「あくうぅ 俺、そこ、弱いんだ」

ビン、ビビン・・・!!

俺のチンポは、突然訪れた“これまでの人生で最大の快楽”に激しく動揺していた。

「あ、うむぅぅん
Nクンのチンポ、ぴくぴくしてるよぉ?」

便座に座っている由香が、口を一旦ペニスから離し
上目遣いで仁王立ちの俺の顔を挑発的に覗き込む

エロゲーに出てきそうなレベルに
スケベな淫乱保険レディだ!

「タマタマちゃんも
激しく上下、してるぅ」

と言い終わると、由香は爪にピンクのラメ入り
マニキュアを塗った右手指で俺の袋をナデナデしてきた

「ああううっ!!!」

由香は指先の腹で、長く伸びた爪の先で
しつこく俺の玉袋を優しく弄る

10回に1回程度、由香はその白魚のような
指の間に俺の陰毛を挟み、軽く引っ張る・

「ぐうっ」

時折訪れる軽い痛みが、快感をより際立たせる

「・・・あら、Nクンって意外と、マゾなのか、ナ?」

由香がピンクのグロスを付けたプルプルの唇から、淫猥な舌を突き出し、ゆっくりと唇の右から左へ動かす・・・。

「こ・の、ヘ・ン・タ・イ♪」

“た、たまんねぇ!こいつのプルップルの唇に、射精してえ!!”

俺は心の中で叫んだ。

もちろん由香には聞こえてないだろうが・・・。

「ふふ、Nクンって、カワイイ。
もっと、気持ちよくしてアゲル♪」

そういうと由香は、便座から離れ、床に跪いた。

「・・・まだまだ、こんなもんじゃ、ないんだから・・・」

仁王立ちの俺の目の前で床にしゃがむ由香、と言う構図になった。

目線を真下に下ろすと、由香の胸の開いたブラウスの間から、黒のブラに包まれた豊満な胸の谷間が覗いていた・・・。

「Nクン、アタシのオッパイ、好きなのよ、ネ?♪」

「え・・・」

まるで超能力者のように俺の心の中を見透かす由香に俺は戸惑う。

「だって、アタシが前かがみになると
いっつも、必ず覗き込んで・・・ふふふ」

不敵な笑みを浮かべながら、由香は俺の、すでにカウパーと由香の唾でネトネトになった尿道口を人差し指で撫で回す。

「くぅぅ由香ぁ」

「そんなイケナイ子には、おしおきょ」

ぱくっ

“はあう!!!”

由香がいきなり俺のいきり立った竿の、袋との境目の部分にパクついた。

グロスが輝く唇で竿を甘噛みし、と同時に舌で裏スジを螺旋状に舐めまわす。

竿の根元から先端に向かって

ぺちょ、ぺちょ、くちゅちゅちゅ

「あ、スゲ、こんな・・・」

舌と唇がペニスの先端に着くと、今度は由香はあーんと、わざとらしく大きく口を開け、亀頭の部分を口に含むとまるでキャンディーのように縦横無尽に舐めしゃぶる。

しかも、カリの部分は由香の唇が上下し、グロスの微妙なべとつきと相まって快感を増幅させる・・・。

れろれろ ちゅぴ・、ぴちゅ

誰もいない男子トイレの個室に、淫らな水音が響き渡る

「あう・・・うおっ」

俺はもうただ喘ぐしかなかった

由香の口の中は泡だった温かい唾にまみれ、
その中でも彼女の舌は尿道口、裏スジ、カリの裏と
的確に敏感な部分を、激しい舌捌きで責め上げる

時たま由香は、フェラをしながら自分の茶髪の
ロングヘアを手で掻きあげる
その仕草がまた官能的だった

ぬちゅぐちゅぐちょ
ちゅぱぴぷ、ぱぴ!

ふと、由香の舌捌きが止まった

「はぁ、はぁ」

俺の息はいつのまにか荒くなっていた

「ぅふ」

俺のペニスを加えながら、由香が呟いた。

その後一瞬の静寂のあと、由香は俺のペニスを加えながら唇を上下させた。

最初はゆっくり
そしてだんだん速く

じゅぶっじゅぶっじゅぶっ、じゅぶじゅぶっじゅぶっ

おおおーー由香ぁぁ!

気がつくと由香は頬っぺたを窄め、
強烈なバキュームフェラに自然に移行していた

しかも相変わらず舌先はペニスのあちこちにぬめりつく

彼女の唇の端から、
彼女の唾(と、俺のカウパー?)がトイレの床に滴り落ちる

ぐっちょ、ちゅっぽ、ぴっちゅ

由香の激しいピストンに、
俺の射精意欲は否応なしに昂ぶる!

「あああ、で、射精(で)るよぉ、由香ぁ」

俺がそう言い終ると、由香は突然ペニスから唇を離した

ちゅぽっっ!
と水音を立てながら。

えぇ!?あと少しなのに

由香は口の中に溜まった大量の唾を飲み込むと、妖しく微笑み俺にこう呟く。

「この続きは保険に加入してくれたらね」

「な、なあそんな事言わないで、頼むよ」

傍目に見るとズボンを脱がされ下半身フルチンで仁王立ち
しかもペニスを直立させているという
あまりにも情けない格好で懇願した

「保険に入ってもらえる?」

「そ、それは」

「だったら、オナニーで我慢するのね!」

由香はそう言うとすくっと立ち上がり、トイレの鍵を開けようとする

「ま、待った!」

「ん?」

「・・・分かったよ、保険に入るから」

「ん~~ん、きこえなぁい♪」

由香が意地悪く問い直す。

「保険が・・・なぁに?」

「保険に入る
いや、契約、させてください!」

由香の口元がほころぶ。

「ふふふ、ご契約、ありがとうございまぁす。」

そう言うと由香が再びしゃがみこんだ

「でわ早速、この印鑑でご捺印頂きますね」

由香が再び俺の亀頭にパクついた。

「あううっ!!」

亀頭粘膜に温かくぬめった由香の口の中の感触が蘇る

由香はさっきと同様にリズミカルに頭を上下させ、
イヤらしい唇で勃起ペニスにピストン運動を加え
舌は亀頭に執拗に纏わりつかせてくる

ぐっちょ、ぴっちゃ、ちゃっぷ

由香の濃厚な舌捌きは、
一旦衰えた射精欲を急激にV字回復させた

このうえ由香は、再び右手の指先で、
すでにパンッパンに固く縮み上がった玉袋を撫で撫でしてくる

「由香、スゲ・・もぅ、イく
俺、いくょ」

俺の呟きが聞こえたのか
由香はペニスを咥えた唇を今まで以上にキュッと絞め、
舌捌きをより激しくし、右手で激しく玉袋をいじくる

しかも、彼女は喉奥から
強烈なバキュームをプラスさせる

ず、ちゅーー、ぺろぺろぺろ

「く・・・口の中に・・・射精(だ)、してぇ」

そう哀願すると、由香はほんの一瞬、“コクッ”と頷いた

「い、い、たまんねぇ、こんなイイオンナの口に
射精(だ)せるなんてぇ」

ぐちゅ、べろ、ずちゅ、ちゅぷ、ぬちゅちゅ

「いぃ で・・・射精(で)るぅ」

どぴゅぴゅぴゅぴゅっ

玉から細い尿道を我先にとペニスの先端をめがけ、
尿道口に到達した大量のザーメンが
由香の喉奥を目がけて勢いよく発射されていくのが分かる

「あぁぁぁぁ」

俺はとてつもない快感に何とも情けないあえぎ声を出しながら果てた

「むぐっ」

喉を急激な勢いで発射されたザーメンで
命中されただろう由香は一瞬むせたが、
ピストンとバキュームは止めなかった

「ああぁぁ、す・・・げぇ」

射精は5秒程度続いた・・・感覚的にはもっと永い時間のようだったが

ぴゅっ ぴゅ

完全に射精し終わったのに合わせ、
由香は俺のペニスへの愛撫を徐々にゆっくりとさせる

そして、“・・・ちゅ、ぽ・・・・ん”と口をペニスから引き抜く

ここでエロ小説やAVであれば彼女は
口に含んだ精液を“ゴクンッ”と飲み込むのだろうが
個室の中に響いたのは

カラカラカラカラ

という乾いた音。

由香は備え付けのトイレットペーパーを
激しい勢いで引っ張り出すと、
それを自分の口に当て、ぺっと精液を吐き出す

現実はこんなもんだろう。

一連の作業が終わると、由香は俺を見上げた
そして、白痴となった俺に

「こんなに射精(で)たね エッチ♪」

とクシャクシャのトイレットペーパーに
吸い込まれた大量のザーメンを見せ付けた

由香の口の端から、俺のザーメンの残りが垂れていた

それが唇に塗られたピンクの
グロスの輝きと相まって妖しい光を放つ

「Nクンのスケベ汁、ゼリーみたぁい
お口から、妊娠しちゃうよぉ」

くぁ、た、たまんねぇ!!このスケベ女

まだかろうじて勃っていたペニスが、

“ビン・・・ビン!”と弾かれたように無意識に挙動した

ようやく半分正気に戻った俺は
脱がされたズボンを引き上げ、ベルトを締める

その時、由香は「約束、忘れないでね♪」と微笑む。

そうだ、俺は物の弾みで生命保険に入る事になってしまったのだ

だが、こんな、濃厚なフェラチオをされて
月2万円程度なら、安いもんだろう

心の中で自分にそう言い聞かせた。

それに、この分ならこのビッチなギャル保険レディなら
セックスもさせてくれるかもしれない

2人でトイレから出ると、由香は俺に
「このことは誰にも秘密ネ。」
と、唇に人差し指を縦一文字にあてて囁いた

後で聞くと、由香は若い男だったら
今日みたいにフェラで契約を取ったことも何回かあるらしい

まんまと、生保レディの駆け引きの罠に嵌められたわけだ。

だが、これを境に生保レディ・由香に対する俺のどす黒い欲望は、一気に加速こそすれ、衰えることはなかった。

そして、それは意外と早く、現実のものとなる

保険外交員の由香に勧められて
生命保険に入ってから1週間後の事だった

その日、外は雨が振っていて
午後5時過ぎに保険レディの由香が
わざわざ俺の職場まで迎えにやってきた

入社してから残業が続いていたが
今日はいわゆる生面保険加入時の必要な
「健康診断」のために
定時で保険レディと一緒に職場を出る事になった

生保レディの由香とは
あの日から特段何も進展がなかった

というより、
上手くはぐらかされているように感じた

あれは契約を取るためのエサでしかなかったのか・・・?

由香はいつもの営業スマイルで

「雨が降ってるから、タクシーで行きましょ。」

「俺、そんなに金、もってないけど」

「いいのよ、会社の経費だから」

他愛もない機械的な会話が続く。

5分ほどでタクシーはY生命の指定医療機関にしては小さい、診療所に着いた。

ここで心電図や採血など、一通りこなしてゆく・・・。

診断は30分ほどで終わり、待合室で女性週刊誌を読みながら待っていた由香の許に歩み寄る。

「終わった?」

「ああ」

「駅まで・・・連れてってあげる。さっき、会社の車を呼んだけど、混んでるみたいで時間がかかりそうだって・・・雨もやんだし表で待ちましょ?」

俺と由香は2人で表通りへと出て、由香が社用車との待ち合わせ位置らしい場所で止まったので、俺も立ち止まる。

俺の左横で由香が立っている状態だ。

2人とも手持ち無沙汰なので、とり止めもない会話を愉しむ。

由香が俺の方に首を向け俺の顔を見上げるように話す。

「・・・Nクンの出身は、どこ?」

「俺?・・・この近くだよ。小学校までは◯◯ってとこで・・・」

ここで由香が驚いたように

「嘘・・・アタシも◯◯だよ・・・!?」と1オクターブ高い声で答えた。

「へぇ・・・そうなんだ」

「ふふ、偶然って、あるものね・・・クスクス」

会話に弾みがついた。

俺たちは小学校から、お互いの中学、高校の頃の思い出話に花を咲かせた。

由香の顔が、単なる営業スマイルでない朗らかな笑みを湛えているのが分かる。

大人のオンナではない、一人の少女のような・・・。

由香の年不相応な朗らかな笑顔を見て、俺の中にあのどす黒い欲望が蘇って来た・・・。

“畜生・・・結構、かわいいぜ、由香!”

「いいなぁ、Nクン、△△高校なんだぁ。
アタシ、××高校だから、頭悪くて」

「・・」

「どうしたの?Nクン、急に黙っちゃって ン?」

由香が俺の顔を覗き込む。

“もう・・・我慢できない!!”

俺はふと!ギュっと由香の左肩をつかみその
ムチムチな身体を手繰り寄せ、由香の、
グロスが輝く唇に唇を重ねた

「ぅぐ?」不意をつかれた由香が軽く呻く。

由香の口からはグロスの匂いと芳しい吐息と、微かに苦みばしった口臭が感じられた・・・。

一か八かの賭けだった・・・。

普通の女性であれば嫌われる行為だろうが、俺に一週間前、あの濃厚なフェラチオをしてくれた由香なら・・・。

賭けは成功だった。

別段嫌がる素振りを見せない由香は、「うぅ・・・ん」と妖しく喘いだ。

だが舌を挿れようとすると、ふと由香は唇を離した・・・。

そして、「もぅ、Nクンたら・・・意外と大胆、なんだから♪」と俺に向かい微笑む。

「ここ、街中だヨ・・・?」

由香があの1週間前のあの妖しい笑顔で俺をなじる。

「ホント、エッチなんだから」

「ゆ、由香・・・!」

「ん・・・?」

「よかったら、この後俺と食事にでも」

だが、由香が放った言葉は、意外なものだった

「あら・・・ホテルじゃなくていいの・・・?」

その言葉と次の言葉は、俺の脳髄と股間にダイレクトに響いた。

「・・・アタシとセックスしたいんでしょ?・・・スケベなNクン♪」

俺は由香も俺の事が欲しいんだと思った。

実際、由香の表情は雌に変わっていた。

由香は携帯を取り出すと会社に電話を入れた。

「これで大丈夫、ス・ケ・ベ・な・・・N君♪」

そう言うが早いか由香は俺の手を引いて裏道に誘った。

通りを一本抜けるとそこは古めかしいホテル街があった。

「どこにする?スケベなN君?」

「うん?どこでも・・・あっ!ここにしよう。」

そこは俺が童貞を捨てた記念のラブホだった。

俺の脳髄から早くもカウパーが吹き出している。

フロントで部屋を選びあたふたと部屋に駆け込む。

焦ってキスをしようとする俺を制止する由香。

「今日はアタシが責めてアゲル!・・・スケベなN君♪」

そういうと俺の服をイヤラシク脱がす、時折身体に爪を立てながら・・・。

バスローブの紐で裸になった俺の腕を後ろ手で縛る。

もう一本の紐で俺を目隠しする。

浜アユのような由香を想像する。

女の子がされるように四つん這いにさせられる、恥辱プレイの開始だった。

俺のチンポはギンギンで既に涎を垂れ流している。

「ほうらぁ、もう感じている。今日はたっぷりと楽しませてアゲルからね。」

由香はそういうと服を脱ぎ出した。

実際に服を脱ぐ姿は見ていないが、服を脱ぐ音がする。

「イイ物があったわ♪」

四つん這いの俺の耳元で由香が囁く。

ネチャネチャと音がしたかと思うと一瞬チンポがヒヤッとした。

ローションだった。

グチョグチョとローションで俺のチンポを弄ぶ。

「アッ!・・・それ!」

膝がガクガクする。

「もっと感じてね、簡単にはイかせないわよ♪」

そういうと由香は俺のアナルに舌を這わせた。

俺の全身に電流が流れる。

由香は右手で俺のチンポを扱きながら舌でアナルを開く。

「もう・・・イカせてよ!お願い!」

由香の吐息も荒い。

俺は枕に顔を埋めながら喘いでいた。

由香の指が俺のアナルを開いていく、そこへローションが注ぎ込まれる。

「N君、気持ちいい?アタシも気持ちよくなりたいな♪」

「うん、モチロン。俺にもNにさせて欲しい!」

俺がそう言うが早いか由香の・・・がアナルに入り込んできた。

「う!ちょっとぉ!ちょっと!ちょっと!ちょっとぉ!」

俺の臀部に激痛が走る!同時にチンポがしごかれる!由香の腰がグラインドされる!由香の腰が激しく何度も打ち付けられる!

由香が俺の中で果てるのと同時に俺も由香のフィンガーテクに発射させられた。

暫くして俺の縛めが解かれる。

「どう?N君?今までで最高のセックスだったでしょ?」

俺はヨロヨロと立ち上がる。

アナルから由香の吐き出した精液が流れ出し太ももを伝う・・・。

俺はソファに行き、スーツに着替え始めた。

苦痛が伴う、悔しさが溢れ出す。

スーツに着替えると由香の方を眺めた。

由香は俺のよりも立派なのを所有していた。

タバコをくゆらす由香。

こっちを見てニッコリと微笑む。

俺も由香に微笑み返し、鞄を開けた。

「N君も素質あるわ・・・これからお楽しみ・・・」

パン!

乾いた音とともに由香の眉間に小さな穴があいた。

俺の右手のオートマチックからは薄らと煙が上がっていた。

ゆっくりと崩れ落ちる・・・由香・・・。

俺は落ち着いてタバコに日をつけた。

俺は硝煙の匂いと微かな煙が漂っているピストルを鞄にしまった。

薬莢をポケットにしまい込み、俺の痕跡を消す事にした。

ベッドのシーツに落ちた髪の毛を集めてはポケットにしまう。

アイスペールに湯とインスタントコーヒーを混ぜ、由香の身体に浴びせ次に冷蔵庫からウィスキーの小瓶を取り出し由香のチンポにかける。

そしてジュースやビールを部屋中にぶちまけ、触ったと思われる箇所の指紋を拭いて回った。

最後に窓を開け、飛び降りる事が出来るのを確認すると俺はタバコに火を点した。

ゆっくりと肺の奥まで吸い込むと由香の身体でタバコを消す。

消した後のタバコをポケットにしまい込み、由香の身体に蒲団をかけた。

そして由香の服と蒲団と枕に火をつける・・・火はゆっくりと燃え出した。

「アディオス」

両手にタオルを巻いた俺は窓の縁に乗り出し、俺の鞄と由香の靴を詰めた彼女の鞄をほうり投げた。

尻穴がズキッと痛むが我慢して飛び降りた。

ゆっくりと立ち上がると俺はそっとその場所を離れた。

次の日の朝刊にはホテル火災と男性客の死亡記事が紙面に出たが、不審な点がかなりあるとだけ書いていた。

しばらくして由香の代理の担当者が俺の所に来たが、由香が休職しているとだけ告げて契約書を持ってきただけだった。

それ以降は疑われる事もなく、俺もソッチの道に進む事もなく平穏に過ごしている。

「・・・クン、Nクンったら・・・」

ハスキーな大人の女性の声で目が覚める・・・。

気がつくと車の中だった・・・。

どうやらいつの間にか車の中で眠りこくっていたらしい。

「大丈夫・・・?うなされてたよ?」

目の前で由香が俺の顔を覗く・・・あんな夢のあとだからついハッと身構える。

だがすぐに安堵に変わる。

「どうしたの・・・?変なNクン♪」

安堵に続いて心の中で自分自身の夢にツッコミを入れる。

“男なのに「生保レディ」もへったくれもないだろが!!”

(注:愛欲の健康診断編2を書いたのは別の人です)

車を(由香のアリバイ作りのため)駅の近くで降り、俺たちはホテル街へ向け歩く。

10分ほど歩き、いかにも外装が毒々しい色のラブホに着いた。

部屋に入ると、予想していた以上に部屋が薄暗く狭かった。

まあ、セックスするためだけの部屋に居住性はそんなに重要じゃないか・・・。

すると、由香が俺の肩に手を廻し、「キスして」と唇を突き出しせがんできた。

俺も由香の唇に自分のそれを合わせる・・・。

すぐに舌を絡めあい唾液を交換し合う濃厚なディープキスへと移行した。

ぴちゃぴちゃ・・・ちゅぴ

「ううむ・・・」

「あ・・・あぅん・・・」

由香の口から甘ったるい唾液と吐息が俺の口腔に溢れる

俺は由香の紺のスーツの胸元に手を差し入れ、ブラウスの上から由香の乳房をやわやわと揉みしだく。

予想以上に豊かなバスト

「う、ぅん・・・」

由香がキスしながら喘ぐ。

すると、由香も俺のスーツの胸元に右手を差し出し、人差し指だけ突き出し、Yシャツの上から俺の右乳首をローリングさせるかのようにいじくる・・・。

「う、ぁぅ・・・」

つい俺も喘いでしまった。

ちゅ・・・ぱ・・・

淫らな水音をさせて互いの唇を離すと、唾液の糸がきらりと光り、切れた。

「フフ、Nクンて感じ、易いんだぁ。愉しみ♪」

由香が雌豹のような鋭い視線で妖しく微笑む・・・。

「今夜はアタシがこのカラダで、Nクンのカラダを診察してア・ゲ・ル」

由香は舌を出しグロスと唾液にぬめった自分の唇を舐めながら俺に囁く。

もう俺のペニスはギンギンで、先っぽはカウパーが下着を濡らしている

「・・・さ、服、脱ご。」

由香はもう女性特有の奥ゆかしさもなく(元々奥ゆかしい女じゃなかったが)、自分の着ている服を結構乱暴に脱ぎ始めた。

「由香・・・シャワー」
と俺が服を脱ぎながら話しかけた途端、由香は「あら・・・私は平気よ。」と平然と答える。

「Nクンも、その方がいいでしょ?
ヘ・ン・タ・イ」

まさに図星だった。

由香には透視能力でもあるのか?いや、女性特有の性本能が俺の脳内電波をキャッチしたのかもしれない。

こうなったら、由香のフェロモンを嗅ぎまくってやる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。