【集団痴漢】遅延した電車の中で食い込みパンティになり婬汁でクロッチが濡れちゃう

知人が恵比寿でお店をしていまして
たまに手伝いに行くんです

それで、ある日、
ラッシュアワー時の埼◯線に乗ったんです

生憎の天気なうえに電車は遅延

ギュウギュウ詰めの満員電車

もう嫌だ

ここから出してってうんざりしていると

がしっとお尻を鷲掴みにされました

まさか痴漢

制服を着た学生の頃には何度かありましたが、
社会人になってからは一度も痴漢の経験はありませんでした

直ぐに止めてくれるかな、と放置したら
今度は反対側にまでモゾモゾと

まさか2人?驚きと恥ずかしさに声も出ず
私は鞄をぎゅっと抱きしめて耐えていました

すると、段々と行為はエスカレートしていき

閉じていた足の間に無理矢理足が入ってきてぐいっと開かれ
スカートだった事をこんなに後悔した日はありませんでした

開かれ無防備になった太ももを複数の手が這い回り
まさかの集団痴漢

あまりに怖くて目の前の男性に目配せで訴えたんです

それも失敗でした

身を捻り私の方に寄ってくれたので助かったと
安堵の息を漏らした途端、
鞄の下へと手が伸び正面で目も合っているのに、
私のアソコをスカート越しにスリスリと

絶望に泣きたくなりましたが集団痴漢されているのが
周りにバレるのが恥ずかしくて私は何も言えず、鞄に顔を埋めました

正面からスカートが捲られる感触を太ももに感じました

完全に露わになった私のピンクの下着に痴漢の指が掛かりました

もちろん腰をくねらせ抵抗は試みましたが、
後ろから鷲掴みにされ足を開かされた私の動きは何の意味も成しません

脱がされるっ

そう思ってぎゅっと足に力を入れた瞬間、
下着が思っていなかった方向に…
細く指で絞られたクロッチがにゅるりと
私のアソコを割り開きながら食い込んできたのです

布地が敏感な部分に食い込みパンティになる
頭の芯まで痺れる刺激が私を襲いました

なんとか逃げようと爪先だったものの下着は
更に上へと引き上げられジンジンと私を責めたてました

そんなに引っ張られたら破けちゃう…そう思っていた時、更なる悲劇が

お尻を覆っていた生地までも私のお尻のお肉の合間に

デブでは無いんですがかなり安産方というか

数字でいうと90手前の恥ずかしいお尻なんです

こんなお尻じゃなかったら食い込まないのにっ
布地が無くなった私のお尻を背後の痴漢が遠慮無くこね回し
段々感じてしまっていた私はアソコから
恥ずかしい婬汁を溢れさせてしまい

引き上げたり緩まされたりする度に音がしちゃうんじゃないかと思うくらい

誰か助けて

そう願った時、やっと電車が動きだしました

助かった!これでいなくなるんじゃ

そんな考えが甘かったと、私は直ぐに思い知りました

電車が揺れ鞄と私に隙間が出来た瞬間に左右から別々の手が入り込み
私の目の前でおっぱいを服の上から

それだけに飽き足らず少しもいかないうちに
腰のあたりから手を差し込まれ直接、乳首を摘ままれおっぱいを揉まれたました

更に正面からも手が増えて、完全に濡れたアソコの中に指が入ってきました

何人かわからない程の痴漢に責められ頭が
変になるんじゃないかと思うくらいの刺激が私を襲いました

一駅二駅過ぎたでしょうか…私の快楽の波は激しくなり

痴漢の指が奥を捏ねた瞬間、頭が真っ白になり絶頂

私の下半身は淫らな婬汁を吹き出していました

もう理性も限界でした

Mっ気の強い私は力を抜いて
痴漢達に身を預けてしまいました

片足を抱えあげられ下着をずらされ、
痴漢の太い肉棒を受け入れてしまいました

激しいピストンに私は何度も頭を真っ白にして太ももが
ビチョビチョになるまで何度も潮吹きしてアクメに達する私は変態M女

ざっと、人が引いた瞬間に私は我にかえりました

衣類はある程度直されていましたがブラの外れたホック、
濡れた下着と中に出された熱い液体が
今の出来事が夢じゃないと私に告げていました

トイレに駆け込みビデで中を洗い

下着ははかずに遅刻してお店に行きました

平静を装い仕事をこなし、帰宅した私は

思い出しながら何度も何度もしてしまいました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。