超美人な塾講師とハードSEXで強制フェラ

俺は東京、某所で塾講師をいている

塾講師として3年目なんだが
春に女子大生の悠子が
アルバイトとして入ってきた。

悠子は当時、大学2年生で
系列の別の校舎で働いていたんだけど
彼女の引っ越しの都合で、こちらに移籍してきた

塾講師の中ではちょっとした有名女子大生講師で
アルバイトとはいえ、仕事内容を意識してか、
必ずスーツを着てくるきちんとした子だった。

身長は165cmくらい

緩くウェーブが掛かった肩より長い黒髪の、
少し細面の美人女子大生講師

スーツのせいも有るけど、
腰が無理なくくびれていて、胸はCカップ

尻は小さめだったけど、キュッと上を向いた美尻で、
前屈みになると細い腰と絡んで
ものすごくエロいラインになっていた。

足首も細いわりに、
ふくらはぎなんかは結構張りがあって、
全体的に充実している。

後で聞いたら、こしひかりで有名な雪国出身で、
高校時代は競技スキーをしていたとのこと

割と美人率が高い職場だったけど、
少し陰がある感じと、育ちの良さから来る色気なんかは
女子大生よりもキャリアOLみたいな落ち着きがあった

まぁ、即、思ったよ

「こりゃ、俺には高嶺の花だ
ムリだな」って

同僚のバイト仲間もそう思ったみたい。

シフトはわりと一緒だったんで、
たまに話すこともあったんだけど、

大人しいっていうか、何となく
話の波長が合わなくて盛り上がらない。

大学の話とか、あたりさわりのない会話くらいで
何の進展もないまま、
夏期講習に突入したんだ

講習前半戦が終わって、翌日は休み

先輩同僚と3人で飲みに行くことになた。

先輩と言っても、俺は一浪だったので同じ年

結構テンションが上がってたのも手伝って、
ダメ元で美人大学生講師の悠子にも声をかけたら、
意外にもあっさりオッケー

とりあえず塾から少し離れた魚民に行った

普段は男三人で好き放題の飲みになるんだけど、
この日はちょっとテンションが違っていた。

それでも、酔いが回ってくると、
同僚Aが積極的に超美人講師の悠子に
ネタを振るようになった。

悠子は結構酒がいける口で、
よくよく話を聞いているうちに、
地方出身がコンプレックスになっていて、
なかなか都会の人と
うち解けられないのだということがわかった。

見た目が無理目っぽいだけに
そういう消極的な態度がかえって誤解を招いているんだな、と

「彼氏とかいるの?」

という同僚Aの切り込みに、

「・・・はい」

との返事。俺と同僚Bは彼女持ちだったので

ま、そんなもんかなという感想だったけど、

Aは最近ふられたばかりということもあって、
やたらと攻撃的www

根掘り葉掘り突っ込んでいたら、
なんと相手は同じ塾の社員講師だということが発覚した

これには俺たちもショックだった。

その彼氏というのは当時は
別の校舎に移されていたんだけど、
仕事ができなくてぱっとしない奴だったからだ

大学にもろくに行っていなかったし、
はっきり言って、俺たちはなめきっていた奴だった

これには、おもわず俺も
身を乗り出して聞き入った。もっと知りたい!!

悠子がトイレに行っている間に、
俺が悠子に厳しく切り込み、
Aがフォローにまわるという段取りが決まった。

Aにはいろいろ世話になっていたし、
この時は悠子をどうこうしようという気はなかったので。

細かいことは端折るけど、
つきあいは半年くらいだけど、
彼氏とあまりうまくいっていないと言うこと

奴が熱を出して寝込んだときには、
2日間付きっきりで看病したのに、
あまり感謝されなくて寂しかったこと

それと、奴が初めての男だったことがわかった

「初めて肌を重ねた人だったから」

この言い方に超萌えた

年下だと思っていたら、
悠子も一浪で俺と同級生だったことも、結構、ツボった

だが、Aの方が本気になっていた

俺たちはカラオケボックスに移動し、
始発まで騒いでいた

悠子もいろいろしゃべってうち解けたのか、
終電が無くなっていたのもあるけれど、
朝までカラオケにつきあっていた。

休日明けの塾で、Aが言ってきた。

「俺、悠子と付き合うことになったよ」

酔っていたので俺は細かく覚えていなかったが、
カラオケで悠子を口説きまくったそうな

それで、携帯番号を聞き出し、
休みの夜にだめ押ししたらしい

飲み屋のときの話よりも、
今彼との関係は深刻に冷え切っていたらしく

Aのこともあって強く切り出したら、
わりとあっさりとイマ彼から「別れよう」と言ってきたらしい。

こんなイイ女をなんで
そんなあっさりと手放せるのかね~?

はっきり言って不可解だったけど
ま、タイミングみたいなものもあるだろうし、あまり気にしなかった。

「ヤッたらまた報告するぜ!」

いいよ、そんなのと言いつつも、
当然、うらやましかった。

やや遅れて出勤してきた悠子が、
Aとアイコンタクトを交わしながら
はにかんでいるのも、けっこうキた

俺は大柄な女フェチっぽいところがあるので、
悠子と身長が同じくらいのAが、
悠子を組み敷く妄想は、キモいけど萌えた

靴の差で、悠子の方が高いし
そんな俺の嗜好なんてどうでもいいですね

お盆休みまで約一週間。

みんな、夏期講習で目一杯仕事が入っていたのだけど、
連日、アイコンタクトでキャッキャウフフしている
Aと超美人講師の悠子

それを、なんとなく複雑な思いで見ている俺とB。

もっとも、Aを振った前カノを
俺がくっちゃったっていう負い目もあったので、基本は祝福モード

仕事が終わるとBの下宿に
たまってだべるのが日課になっていたけど、
Aの惚気が半端ない。

お盆休みは、悠子も帰省の切り上げを早めて、
デートするんだそうな。

ああ、そうですか。

休み明け、もうなんていうかな、
悠子がイロッぽいのなんの

ちょっと塾でそれはまずいんじゃないのって言うくらい、
フェロモン出しまくり。

中三の女子ともなると、
察するのも出てくるわけで、

「悠子先生、彼氏デキたの~」

とか。悠子の反応が、いちいちウブくて頭に来る

悠子は小学生クラス担当だったので
接点がない男子どもなんかわかりやすい

ずっと悠子に目線をロックオンしている
マセガキとか見てると、

「Aがやってるなんて話したら大変だろうな~」

とか

やがてAが出勤。

「A、お前、やったんだろ?」

「あ、あ~、まあね」

意外に素っ気ない。

「今夜、Bの家で報告するわ」

「なんかね、違うんだよね・・・」

Aからは愚痴しか出てこない。

詳細はかなり突っ込んで聞いた。

というか、聞いていないことまでよくしゃべった。
ヤッたのは初デートの帰り。部屋に誘ってきたのは悠子なんだって。
それもちょっと意外だったけど、

「まず、身体は凄かった」

スーツで固めてあるけど、脱がしてみたら

的なガッカリはどこにもなく、
本当に見た目のまんまだそうな。

痩せ身だけど持ち重りのする胸とか、
ツンと上を向いた美尻とか、
今までの女では最高とのことで

基本ぽっちゃり小柄系が好きなAも、
鼻息荒くむしゃぶりついたって。

ただ、まぁ、早い話、まぐろなんだって。

何してもせいぜい息を
荒げるくらいしか無くて、声を出さない。

正常位じゃないと嫌がる。

フェラさせたら、途中で

「こういうのは嫌い」

といってテンションを下げる。

強引にバックに持って行ったらようやく反応を見せ始め、
調子に乗ってオラオラで突いていたら、
実は枕に顔を埋めて泣いていただけだった。

とりあえず正常位で一発抜いた後は、
やたらと甘えたピロートーク。

それなりに復活したので、二回戦に入ろうとしたら、

「身体ばかりの関係は嫌だ」

と言って、またテンションを下げる。

結局、明け方まで、なんか夢物語みたいな
ピロートークをさせられたとか(内心ゲラゲラ)

「あんなイイ女だから、
逆にものすごくつまらなくてがっかりした。
奴が捨てたのが分かるよ」

そんな話の最中に、Aの携帯に悠子から電話。

どうでもいい会話であることは容易に想像ついたけど、
なかなか切れないみたいだった。

「Bのところで飲んでいるから」

ってまとめようとしても、電話向こうで拗ねている様子が分かる。

小一時間かかって切った後で、
ひとごとなので、

「甘えたで可愛いじゃん。
時間かけてじっくりなじませればいんじゃねーの」

と、やや気の抜けた俺とBの感想に、

「うーん、なんか違う。だめだよ多分」

それから何回か彼女の部屋で
やった話は聞いたけど、夏期講習の終わり頃、

Aから別れを切り出して二人は終わった。

修羅場ったけど、それは端折る。

新学期から、悠子の希望のシフト変更になり、
俺たちと悠子が塾で顔を合わせることはなくなった。

それから半年して、AとBは大学卒業と同時に塾を辞めた。俺たちはばらばらになった。
春期講習を終え、新学期に入ると、俺は悠子と同じシフトになった。
もう半年も昔のことだったので、俺は特に関わりもなかったんだけど、悠子は意識していたみたいだ。
シフトが同じだと言うことが分かった日の夜、悠子から電話がかかってきた。
「A君とのことはあんなになっちゃったけど、そういうのを持ち込みたくないから、また昔みたいに接してください」
たしかに、講師同士でぎくしゃくしてちゃまずいし、悠子からそう思っているならやりやすい。
「男女のことだから立ち入らないけど、相性もあるんだから仕方ないよ。こちらこおそよろしく」
的な事を言って電話を切った。

それからは特に変わったこともなく、同僚として付き合う程度だった。

夏になりかけの頃、悠子の就職先が決まった。丸の内に本社がある大手だ。
お祝いということで、悠子に食事をごちそう(つったって3000円くらいのものだし)したんだけど、それが火をつけちゃったみたいだ。
同じく就活中でしかも苦戦中の女の子が何人か塾にはいたので、ますます悠子は浮いていたみたい。俺は大学院進学希望で、そういう機微に疎かったみたいだ。
「すごく優しくしてくれて、うれしい」
帰宅後に、そんなメールが来たときにはやばいと思った。
翌日から、明らかに俺に対する甘えたモードになっていたんだけど、
Aのこともあったし、俺も一応彼女がいたので、あえて素っ気ない態度で距離を置くようにした。他の女性講師の手前もあったし。

それから一週間後、俺は塾に残って夏期講習用のプリントとテストを用意していた。
社員講師も帰宅していた。アルバイト講師とは言っても、もう長かったので鍵を預けられている立場だったから、一人で残業することも多かった。
事務室の電話が鳴った。子供の事故とかあったら困るので、講師がいる間は留守電にしないことになっている。
電話は悠子だった。大切なポーチを忘れたみたいなので、確認してほしいと。
たしかに、休憩室のロッカーに置いてあった。そう告げると、取りに来るので待っていて欲しいと。
まだ、プリント作製には時間がかかるので、俺は待っていることにした。
で、だいたい20分くらいして悠子が来た。

「こうして話するのって、久しぶりだね」
ポーチをしまった悠子は、俺の向かいの机に座ってだべり始めた。
(やばいなぁ・・・)
やばいって自覚はあった。けど、サシで突っ込まれると素っ気なくできない。
「あとどれくらいで終わるの?」
「1時間くらいかな?」(早く帰れって・・・)
「じゃあ、手伝ってあげる。この前のお礼もあるし。これ、輪転すればいいんだよね」
同じ仕事をしているだけに、手際がいい。断るタイミングを無くしているうちに、悠子が印刷を始めてしまった。
で、作業が終わりかけた頃、雨が降り始めた。結構、強い降りだったんだけど、あっという間に遅い夕立みたいになって、とても帰れる状況じゃなくなってしまった。
帰り支度が終わっていた悠子と二人で、事務室の窓から外を眺めながら、立ちすくんでいた。叩き付けるような雨で、外が全然見えない。

雷まで鳴り始め、かなり近いところの避雷針に落ちるのが見えた。これはびびる。
悠子が俺の左腕にしがみつくようにして、飛び込んできた。
正直言って、雨が降り始めてから、俺は立ちっぱなしだった。この異常なシチェーションと孤立感はかなり熱かった。
俺の身長は180+なので、ちょうど肩越しに悠子を見下ろす形になる。

悠子は俺を見上げて、目をうるうるさせている。半開きになった唇がすごくいやらしくて、俺は変なうめき声を喉から絞り出しながら、悠子の唇をむさぼっていた。
悠子は俺の背中に手を回し、きつく抱きしめてくる。
厚めの唇で、すごくふわふわして柔らかい。こんな気持ちのいい唇にキスをするのは初めてだった。
理性が完全にぶっとんだ。一旦唇を話すと、俺は両手で悠子の耳を覆うようにしてキスをしなおし、舌をねじこんだ。
逃げるようにしていた悠子の舌をとらえると、執拗になめ回し、唾液を流し込んだ。拒むようなそぶりを見せながら、全部受け入れる悠子の舌技に頭がくらくらするほど興奮した。

でも、Aからはまぐろだって聞かされていたし、こういうのも俺の気を引く芝居なんだろうなって醒めたところもあったので、俺は悠子をぶっ壊すことにした。
変に優しくして気を持たせても、付き合う気とかないし。だから、おもちゃにするつもりで一方的に楽しむつもりでいた。
悠子のタイトスカートをまくし上げ、ストッキングとパンティを一気に足首まで降ろした。もう、まんこはびしょ濡れ。
そのまま応接のテーブルに仰向けに寝かせると、ブラウスを脱がせて、胸を揉みまくった。
隣の建物からも見えてしまう位置で、あかりもついているけど、どうせこの雨だから見えるはずもない。お構いなし。

ここまでイヤイヤはするけど、本気の抵抗はしてこない。基本されるがまま。聞いたとおり、本当に美乳で、乳首の色もいやらしく真っ赤に熟れている。
肩紐を外して、ウエストまで刷り下げたブラジャーだけしかつけていない身体を、めちゃくちゃ乱暴に揉みまくった。悠子は声は出さないが、ものすごく呼吸が荒い。っていうか、俺が楽しめればどうでもいいや。

ただ、雷が鳴る度に、悠子の身体がびくびくするのは萌えた。おれは悠子を起こすと、手を引いて、接客カウンターの上で悠子を四つんばいにした。
そして、普段は父兄や生徒が腰掛ける側に悠子の尻を向けさせると、尻を両手で開いてなめまくった。ちょうど、中腰になった顔の正面に、悠子のまんこがある。
さわったときは毛深い引用だったのだけど、土手周辺は毛が薄い。まぁ、夏一日働いた後のまんこなので、その辺は想像どおりなのだけど、お構いなし。
「いやぁ、汚いから・やだ・・いやぁ」とか、今更なにを。
あの、悠子さん、あんたが誘ってきたんでしょ。
「悠子ちゃん、凄くにおうねえ。シャワーも浴びずになめさせる女とか、俺、初めてだわv」 
我ながら非道い。

鼻先には悠子のアナルがある。まんこをなめあげるリズムで、ひくひくしているのがひわいだけど、俺にアナル趣味はない。
それなりに手入れされているっぽい悠子のまんこだけど、アナルまでは徹底していなかったのかな。ちょっと長い毛が、アナルから1本伸びていた。
俺はその毛をつまんで、抜けないように注意しながら軽く引っ張った。
悠子の動きが止まる。俺が何をしているか少したって気付いたようだ。
悠子が手を伸ばして払いのけようとするより早く、俺はその毛を引っこ抜くと、悠子に鼻先にちらつかせて、
「肛門にこんな毛が生えていたよ。あとね、拭き残しの紙がついているけど、どうする?」
「いや~~~~・・・」と言って、泣き出す悠子。膝を折るようにして、机に突っ伏して肩を震わせている。やばい、ゾクゾクしてきた。なんだ、楽しいv

突然電話が鳴ってびびる。
社員講師からの確認の電話で、雨が止むまで仕事をしてから帰るとつげると、それで切れた。
雨はすこし弱まっている。峠は過ぎたみたいだ。隣のビルから覗かれるとまずいので、死角になっている教室に悠子を引っ張り込んだ。
大人しくついてきた悠子を膝立ちにさせると、俺はズボンを脱いで、ちんこをくわえさせた。Aの話では、フェラはするけど、長続きしないのだとかで。
とりあえず、なにをすればいいかは分かってたみたいで、ギンギンになったちんこの根本を支えて悠子の顔に突き出すと、おずおずと咥えてきた。
フルボッキすると剥けるんだけど、普段の俺は仮性包茎なので、まぁ、臭かろう。軽くえづいている悠子にお構いなしで、俺は頭を掴んでかなり乱暴に腰を振る。悠子のよだれがあふれて垂れるのが分かる。
ぬあ~~~、むちゃくちゃ気持ちいい。悠子から積極的に舌を絡めるわけではないけど、とにかく唇がふわふわしていて、亀頭の出し入れにからみついてくる感触でゾワゾワする。

俺の彼女はフェラが下手で、っていうか物理的に口が小さくて、どうしても歯に当たる。その点、悠子は本人がどうであろうが、凄くフェラ向きの口みたいだ。根本まで押し込んでギリギリ余裕が残る。
もう限界。とりあえず一発出すことにした。おれは机に腰を寄りかからせて、自分を固定すると、悠子の頭をがっしり掴み、緩急無しの全力ストロークで前後させる。
右手は悠子の後頭部に添え、左手は髪を掴んでの、強制フェラだ。
グポッ、ズポッ、ヌプォッ、ズチュッ・・・・
ストロークする度に、鼻から抜ける呼吸音とチンポでこすれる口の間からいやらしい音が響く。
俺は出すそぶりを一切見せず、声が出そうになるのを、尻を引きつらせながら耐えて、いよいよ最後の一撃を悠子の口の目一杯奥に叩き込むと、一気に放出した。精液が、喉を直撃するのが分かる。人生最高の射精感だ。
悠子はびっくりしたように目をむくと、苦しそうにあえいでいたが、俺はちんこを根本まで押し込んだまま、悠子の頭を抑え続けていた。
「そのまま全部、飲め」

悠子は、ちんこを咥えたまま、えぐえぐ精液を嚥下しようとしていたので、舌が敏感になった亀頭にこすれてこそばゆい。
そんなこんなで2分くらい悠子の頭をゆっくりグラインドさせながら押さえつけて余韻を楽しんだ後、ゆっくりちんこを引きずり出した。
悠子は口元を手の甲で拭いながら、上唇で下唇を包むようにして口の中のを飲み下すと、潤んだ目で俺を見上げていた。
(やべぇ、超萌えるv)
賢者モードになりかけていた俺だけど、来春から超大手に勤務が決まった無理目な女が、俺のいいなりになっている状況に、またちんこが熱くなってきた。
「悠子、もっと上手くフェラできないの? せっかくスケベな顔してるんだから、もっと俺を喜ばせろよ」
あ~、我ながら非道いこと言ってんなぁ・・・だけど、賢者になって優しくしたら、主導権を持って行かれそう。つうか、エロ本紛いの台詞が通用する状況に、かなり興奮している俺。悠子は突然立ち上がると、
「いやーーーーっ!!」
とかすれた声で悲鳴を上げながら、俺の首にしがみつくとキスをせがんできた。舌をこじ入れようとする悠子。う~ん、訳わかんないうえに、精子臭い・・・

そのキスにおざなりに応じる俺。正直、面倒くさい。
気付くと、止みかけていた雨がまた強くなり、雷も鳴り始めている。
面倒くさいと思いつつ、チンコは反応し始めるから始末に悪い。
ヘソの辺りに勃起を感じた悠子は、おずおずと左手で掴み、そのまま固まっていた。いずれにしても、半端な反応だぜ。じれた俺は、悠子の手を掴み事務室に引きずり込んだ。
悠子を塾長の椅子に座らせると、足をM字に開き、肘掛けに引っかけさせたまま、またチンコをしゃぶらせた。頭を抑えるのもだるかったので、「少しは工夫しろよ」というと、いきなり高速フェラ(笑)。
俺は、鞄からデジカメを取り出すと、動画撮影を開始。俺がしていることに気付き、嫌がってチンコを吐き出し、顔を背ける悠子の髪を掴み、再度強制フェラ。
「あのさぁ、もう映っちゃってるんだよ。最後までいかせなかったら、この動画、ネットに流すから」
左手でカメラを扱いながら、右手でまんこをさわると大洪水。中指と薬指を日本入れしてかき回すと、悠子の呼吸が荒くなってきた。

俺、自慢できるほど女を抱いている訳じゃないけど、ドMって、こういう女を言うんだろうな、と。
同時に、自分のドSっぷりに気付いて、かなり新鮮だった。
付き合っている彼女は、母性が強いというか、俺に甘えさせてはくれるけど、好きにさせてはくれなかったので、それに合わせたセックスになっていた。ま、ぶっちゃけ、マンネリだよね。
だから、こんなに女を好き放題にしたのは初めてだ。
ぼんやりとそんなことを考えていると、またチンコがギンギンになってきた。
まんこから指を抜いて、悠子にその指をくわえさせる。最初は嫌がっていたけど、強引に強制指フェラ。唇が柔らかくて、すげぇ新鮮な感触。
もう撮影どころじゃない。辛抱たまらん。
悠子を椅子から引きずり下ろすと、床に四つんばいにしてバックからぶち込んだ。
「痛ッ・・ぁあーーー!! いや、あ、ぃやだって、あぁっ・・・」
ぬるぬるなのに、凄い締め付け。やべぇ、すぐいきそうv

これでAとは穴兄弟だ。というか、Aの元カノもやっちゃってるので、
W穴兄弟。互いに兄でもあり、弟でもある。
馬鹿なこと考えながら腰をバンバン叩き付ける。腰を突き出して根本まで押し込むと、ちょうど亀頭が奥に当たる感じ。
小さくあえぎながら、肘立ちで耐える悠子。
Aが挫折したバックで犯していると思うと、充実した征服感が襲ってきた。どうせなら徹底的にやろう。
俺は悠子の髪を掴んで引き上げると、今度は床に顔を押しつけるようにして、尻だけ高く上げさせ、蛙みたいな格好にした。
そして形のいい尻肉を鷲づかみにすると、猛然とスパートをかけた。
「あ~、悠子のまんこめちゃくちゃ気持ちいいわ。なんで奴とかAとか、こんな気持ちのいいまんこ捨てちゃったんだろうね」
「・・・いやぁ・・いわないで」完全に入った悠子。俺の突きに、いちいち、「いやぁ・・・いやぁ・・・」という喘ぎで応じている。
入り口から膣奥の方へ、絞るようにぎゅうぎゅう締め付けがすごい。
正直、驚いた。本当に気持ちいい。

「中に、中に出すぞっ!!」
最後の追い込みにはいる。拒みながらも、なお締め付けてくる悠子のまんこ。
っていうか、本当に出したい。むしろ俺自身の戦い。
「出すぞ、出すぞ出すぞだすぞっっ!!!」
ギリギリまで腰を振りながら、最後の瞬間に引き抜いて、悠子のアナルに押し込み、亀頭が飲み込まれたところで二度目の発射。
悠子がのけぞった拍子に、チンコが抜けて、半分ほどが悠子の背中から後頭部にかけて飛び散った。
あまりの気持ちよさに、俺は事務室の床の上に、裸になって仰向けに倒れ込んでしまった。足下で悠子は蛙みたいな格好のままビクビクしている。
なんか、凄い状況だ。

先に動いたのは悠子だった。床に女の子座りみたいになって、ティッシュで汚れを始末すると、今度は俺のちんこも掃除し、胸の上にもたれるようにして添い寝してくるような格好になった。
俺も、あまりに常識外れなセックスに感動して、思わず抱きしめちまった(笑)
いや、こんな好き放題させてくれるいい女を手放せない。なんか、自分の性癖に目覚めて感動していた。
こうなったら、俺が主導権を握れる限り、悠子を引っ張ろうと。いや、もう、今カノのことなんかどうでもよくなっちゃっていた。非道い話だけど。
悠子には、ここまでやったからにはもう、お前は俺の女だ、と。
俺に抱きついて、舌を入れてくる悠子(笑)
ただし、付き合っていることが塾の人間にばれたら、その瞬間に別れる。だから、明日以降、そういうそぶりを絶対に見せるなと、深く釘を刺しておいた。

それから、悠子が塾を辞めるまでの間、ホテル代わりに職場でやりまくりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。