母とSEXするようになった理由

僕はおばさん受けが昔から良かったんですが
高校生に入るとアルバイトしたら
バイト先の社長婦人が僕の事を
滅茶苦茶可愛がってくれた

つってもエロい関係があった訳じゃない!
と言いたいどころだが
実はがっつり社長夫人とSEXしまくっていた

それで自分の妻がバイトの僕と
浮気しているんじゃないか!

って察した社長が怒って

僕とお母さんが呼び出され
結局、バイトはクビになった

その日は家に帰っても、
母と僕は気まずい空気になった

母親にどう言い訳しても
結局社長の奥さんを寝取った事実はかわらないわけで
微妙な空気が流れていた

それで、夜になって

「お酒でも・・・飲もうか
あんたもこんな日は飲んでいいわよ」

と、母とお酒を飲みだしました

暫く飲んでいて二人ともすっかり酔ったころ、
手を取って謝りました。

「今日はごめん」

「もうあんなことは・・しないで・・」

同年代の人と僕が男女の関係になるのは
よほど耐えられないようでした

「俺、マザコンだから年上に弱いのかな」

「いつまでも甘えん坊だねえ」

ソファーで、そんな会話をしているうちに、
酔いが回ってきたのか目を閉じ
母は僕の肩にもたれかかってきました。

片手を肩に回し柔らかな
身体を受け止めていました。

母の頭が胸に押しつけられ、
火照った太腿が剥き出しに。

そのままじっとしているだけで、
いつの間にか 勃起していました

心臓は早鐘を打つように激しく鼓動し
喉は擦れ つまってきました。

肩をそっと撫でながらも
心の中に棲む悪魔に囁かれ
一人で興奮しはじめる自分がそこにいました。

「お母さん」

上体を起こし顔を覗き込む。

目を閉じて眠っているように見えた。

片方の手で恐々としながら胸を触りました。

じっとして反応が無かった。

少し大胆になり
ブラウスを上にたくし上げて
母の乳房を 出しました。

母にエロい事するのは
もちろん初めて。

酔いつぶれている”

と思っていたので、
僕は実母に大胆になれました

起こさないように用心しながら、
舌先で掃くように
乳首を舐め、吸いました。

暫く母のデカイ乳首を吸っていました

感じ始めたのか、
うっすらと唇を開いた官能的な息が
乱れてきていました。

母は感じているのか?

と思うと、妙に興奮しましたね。

もっと感じている顔や仕草を見たいと思い
そっと静かに寝かせ、
腰の部分にクッションを宛がう。

スカートを捲る。

お尻のほうからパンティに手をかけ
ゆっくりと引き下げる

家族ですからいつも見慣れている黒々とした茂みと
こればかりは滅多に見ることができない
もっこりした土手マンが現われました

さらに低くかがみこんで
まさに両脚を拡げようとしたとき、

寝ているとばかり思っていた母親が
片手でおまんこを隠しました。

「ジュン、聞いて」

突然の声にビックリした。

「何故、好きなようにさせているのかわかる?
拒めば、もっと罪なこと外の人にやってしまう
今日、社長のところへ行った時、そう思った
だから貴方のオモチャになっています
ジュンちゃんお願いだから、ね。」

そう懇願してきた母親

自分は黙って一度だけ頷きました。

隠している手を除けると、
指先を母のおまんこに挿入した。

愛液が分泌され糸をひいています。

中は、外側の黒ずんだ襞々とは似つかない
きれいなピンク色をしていました

例えるとオランウータンの口のような肉土手で、
その形や色あいは複雑怪奇な感じがしました。

母親の言葉に嘘はなく
勃起している肉棒を挿入する時両脚を開いて
肉棒が一番奥まで入るように。

腰を浮かせ誘導してくれた。

ゆっくりと ゆっくりと
肉棒を出し入れして母とスローセックス

「あっ」

肉棒が根元まで入って先端が子宮口に

途中で何度か乳首を口に含む

普段、見たことがない狂おしい表情。

すぐに射精したくなった

「もう出ちゃいそう」

「待って、上になるから」

こんどは逆の体勢に。

僕の上に馬乗りになり
両手で乳房を揉んだり母のお尻を触ったりした

そのうち母が激しく腰を使い出し、
もう我慢できなくなってしまいました。

あっけない幕切れ。

胎内へ大量放出してしまいました。

でも 射精したというのに
僕の肉棒は硬いまま

母親は腰を、
上下や左右に揺れ動かして時には深く
また、時には浅く出し入れしていた

そして潤んだ眼を、僕に向け
言葉にならない声を出す

眉をしかめて快感に震え
肉棒をきつく締めつけてきました。

口からは切ない吐息が漏れ、
きつく締めつけてきた

おまんこが律動的な収縮に変わってきた。

身体をのけ反らし恥骨に恥骨を押しつけてきます

その瞬間に二度目の射精を母の胎内に

熱い液を子宮口に感じたのか、
しがみついてきた

「このまま待って」

さらにもっと感じようするのか、
結合したまま身を震わせると
僕の背に爪を立て、

そして
崩れるように僕の横に倒れこんだ

荒い息使いがいつまでも続いて
そこにあるのは、あの奥さん同様の
オンナだった。

暫くして。
お互いの息が落ち着いてから

「俺うまくないでしょ。」

僕の頭を腕の中にそっと抱えると
首を振り

「そうでもなかった」

「ほんと?」

目を輝かせ母をみた

その日からはほぼ毎日のように母と
母子相姦セックスするようになり ました

一年前の母と比較すると、
僕と母子相姦SEXするようになってから
友達に狙われるほど若く綺麗な
美熟女ママになりました

僕もすっかり年上の人妻熟女に手を出さなくなり
母一筋で母とだけSEXするようになって
親子仲は良好です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。