豪傑な70歳祖父が孫に女の遊び方を教える

俺の祖父は物凄い男で
自慢の爺さんなんです

白髪で背の高い祖父は
70を超えているがまだまだ若くて現役なのだ

今は親父に社長を譲り
悠々自適な隠居生活です

ばあさんも亡くなっているので
祖父を止める者はなく

気持ちも体力も若い祖父に連れられて
孫の俺はよく飲みに行っている

飲みに行くとお店のホステス達に
モテモテのじいさん

アフターで連れ出し、
セックスにも参加させてくれます

いわゆる3P乱交です

祖父にセックスのコツを教わり
二人で女の子を徹底的に
逝かせるのが楽しみになってます

 この間は、アフターしたホステスを
俺が責めていると、
じいさんが始めてセフレを連れてきた!

話には聞いていたがホントに3人いました
場所はシティーホテルです

3人は20~30代くらいの
外見はあまりエロそうではないホステス

俺がソファに座りアフターホステスと
対面座位で腰振りを堪能してると

 セレフ2人が
俺よりも立派なじいさんの勃起した一物を舐め上げ

もう1人の肩を抱いて
(いや、胸をもみながら)
殿様みたいにお酌をさせるではありませんか!

祖父「ひろし、楽しんでるか」

俺は

「じいさんほどじゃないよ」

と言おうとしたが

「コイツ結構いい腰使いしてるよ」

と強がった

祖父「なんだ、そんな腰で満足か?
みさき上に来なさい」

と『みさき』と呼ばれた
一物をしゃぶっていたセフレを
対面座位で迎えるとみさきは動き出した

みさきの動きは早くもなくおそくもなく。

明らかに一物を楽しむように、
自分の感じるポイントに
こすりつけるように動き出した

 グラインドは広めで大きくゆっくり、
小刻みに早く、と強弱をつけている

引き締まった尻の動きが3次元的に繰り広げられた

俺の上にまたがっているアフター女とは
比べるべくも無く、女とセックスしていて

「うらやましい」

と思った事は初めてだった

祖父「今日は、孫の乱交初体験だな
1人一回はちゃんといってやれよ」

と、大笑いしながら冗談を言うじいさんだったが
時間がたつにつれて

祖父には、かなわない

と思うようになった

 俺も張り切って、
ようやく1人一発を果たし限界を感じるが、
じいさんは、その夜9発逝った

豪傑じいさんが9発逝く間に、
女達は4発逝った俺の一物を舐め挿入を求める

正直、舐められるのは嬉しいが
立たない事に情けなさを感じた

 慰められながらソファにいる俺

祖父が逝くと次は自分と群がる女達
逝った直後の女が俺の隣りに来て
一物を舐めたりいじったりするが、
やはり立たない

しばらくして、復活してその時
隣にいた女に突っ込むがいけない

事が済みじいさんが女達を帰らせる

じいさんは添い寝が嫌いなのだ

 そして俺にこう言った。

「財を成すものは、バイタリティが第一だ
24時間頑張れる人間が最後には勝利する。
もっと身体を鍛えるんだな」

そして、親父の事も言っていた。

「あいつはワシのように浮気はせんが、
毎日奥さんの博美さんとはやっとるぞ」

何故知っているのかはわからないが、
親父も体力的な問題はないらしい

俺もオヤジやカッコイイ祖父のように
なりたいと真剣に思い
鍛えなおさないといけないと
思った夜だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。