息子の友人の母親とW不倫

小学生になった息子の入学式で
私は一目惚れしてしまった

その綺麗な人妻は、ベージュのスーツに身を包み
女性の色気を醸し出していた

一目見て”いい女”と分かる容姿!

息子の友人になった母親の情報は
直ぐに分かった

飯田 梨恵(仮名歳)
夫(34歳営業職)子供1人(6歳)息子が
同じクラスだった事もあり、
何かと顔を合わせる

数か月後には、家も分かり
家族ぐるみで仲良くするようになった

旦那は営業と言う仕事柄、
夜も遅く出張も多いそうだ

美人若妻の梨恵の事を色々知る度に、
俺の心は揺れ動いて本気で好きになっていった

いつしか、彼女の相談役になり
メールや電話をする関係になった

時には夜、彼女の家の近くの公園で会う事もあった

妻には怪しまれない様に気を使い、
全くと言っていい程、疑っていない

その日、俺は梨恵が旦那と喧嘩したと言うので、
慰めをしていたんだが、
遂に一線を越えて不倫した日でもあった

悲しい顔をする彼女に無言でキスをしたんだ。

彼女も驚いた感じだったが、
直ぐに受け入れ、気づいた時には舌が出入り
ベロチュウしている

何とも言えないいい匂いと
若妻の甘い味が忘れられなかった

翌日、仕事を抜け出し私は梨恵を呼び出した。

もちろん梨恵もその気なのか?

綺麗な格好で現れた。

車で遠く離れた街に向かい、
ホテルに入った。

梨恵も覚悟をしていたのか?

シャワーを浴びる

 タオルを巻いた彼女は、
想像以上に色っぽい。

白く透き通る肌が眩しく、
細身だと思っていたが案外肉付きが良い

キスをしながら、彼女のタオルを剥ぎ取ると、
豊満な乳が顔を出す

形の良いDカップクラスに
ピンクの乳首が小さく立っている美巨乳

彼女の口から舌を出し、
胸に移動する。

ソープの香りと、彼女の香水がほんのり香り、
もう股間は大きくなり脈だっていた

ベットに押し倒すと、
美人若妻の両足を持ち上げる。

「恥ずかしい」

と手で顔を覆う人妻を横目に、
彼女のオマンコを眺める。

薄らと生える陰毛の下に、
もっこり盛り上がる肉。

その中心部に縦長な線があった。

軽く指で開くと、ぱっくりと襞が開き、
ピンクの綺麗なマンコが現れた。

もう既に中から透明な淫汁が溢れ、
テカテカと輝いている。

我慢出来ず、直ぐにマンコに食らいつくと

「あっ」

と可愛いくエッチな声がする。

溢れ出る汁を、舌で舐めつくす。

 ちょっと目線を上げると、
そこにはクリトリスが皮を被った状態で、
触って欲しいと言わんばかり

マンコを舌でなぞりながら、
クリトリスを指で刺激する

「駄目!そこ気持ち良すぎるの」

美人若妻の背中がビンっとなる

彼女の顔の上に跨ると、
彼女は俺の一物を咥え込んで
フェラチオしてくれる

「うっ」

彼女の舌づかいが上手く、
ヒクヒクとなる。

お互い気持ちい所を舐めつくし、
やがて彼女の口からチンポを抜き、
膣穴の中に押し込んだ

 使い込まれていると思ったが、
締め付けは程よく絡みつく様に肉棒を刺激して来る。

彼女の喘ぎ声がいっそう俺を興奮させた。

色々な体制で彼女を責めたてると、
彼女は唇を噛みしめながら逝った。

まもなく俺も限界が来て、
彼女の腹の上に撒き散らした

一緒にシャワーを浴びながら、
キスをしてまた繋がる

彼女が

「今度は中に出して」

と言うので、膣内に吐き出した

抜かれたチンポを彼女は
しゃがみ込んでお掃除フェラで
ペニスを綺麗にしてくれる

 こんな美人な他人妻に
こんな事をされるなんて幸せだ

 そうして、彼女と密会を繰り返し、
彼女の本当の姿を見る事が出来た。

彼女はドMだ!

今では縛ったり、
叩いたりと物凄い事を要求して来る。

お互い相肩にはばれていない。

子供も仲が良く、家庭円満!

子供の付き合いが発展し、
月一位でお互いの家を行き来する

もちろん、お互いのパートナーの目を盗んで、
アソコを弄ったりHな悪戯を楽しんでいる

それが何とも堪らず、興奮する

 梨恵は俺と会う時は下着を付けないで、
ローターを入れリモコンを俺に手渡す。

夫の直ぐ横で、ローターのスイッチを入れられ
悦んでいる変態人妻だ

何かの間違いで、妻も梨恵の旦那とHして
寝取り寝取られの夫婦交換

そんな事を考える

妻とは最近全く性行為が無い。

妻は何も言わないが欲求不満なのか?

梨恵を知った俺には、妻とのSEXがつまらないんだ

 梨恵はスリリングな興奮を求め、
露出をしたいと言いだしている。

もう俺一人では満足させることが
厳しくなってきているのが現実だ

梨恵はさらにエスカレートして
乱交やさらにマニアックなプレイに
目覚める事になると思う

その時、本当に夫婦交換や
スワッピングで4p乱交が出来たらいいと思う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。