高校時代、付き合ったFカップの巨乳彼女は、俺の青春そのものでした

高校生の時の彼女とのHな思い出です

今でも思い出す度に、股間が疼き
そして切ない気持ちになります

あれは、高校3年生の、人肌が恋しくなる
秋の季節でした

当時付き合っていた同級生の彼女が自宅に遊びにきて
親も居たからベッドもない応接間で映画鑑賞してた

アクション物じゃなかったので、
だんだん退屈になってきたおれは
彼女の方にもたれかかる。

髪のいい匂いに興奮して
おれの頭は胸の方へずり落ちていった

Fカップの巨乳に顔を預け、
自分の鼻で先っぽを突っついていた

時々わいせつな声を漏らす
彼女におれは我慢できなくなった

服の上から先っぽを咥えてパクパクすると
彼女は下半身をくねらせ両足をこすり合わせた

おれもすっかりとんがったものを
彼女の腿にこすりつけ快感を味わう。

当時、最後までしたことがなかったおれたちにとって、
十分恥ずかしすぎる行為だった。

と、彼女がおれの方をぽんぽん叩いて
映画を観るように促してくる

この状況で理性が働くのはやはり女性だからか

仕方なく座りなおして映画鑑賞体制に

おれのは服の上からでもしっかり確認できる程そそり立っていた。

収まらないかと見ていてふと顔を上げると彼女と目が合う。

「手でするー?」

「うん」

手をいっぱいに広げておれの下腹部を撫で回してくる彼女。

そしてジッパーをゆっくりと下げ、
手をズボンの中に滑り込ませてきた。

ひっかかってなかなか顔見せないもう一人のおれに、
彼女は照れ笑い。

おれは自分で引っ張り出してやった。

手で優しく握ってくれただけで体がビクッとした。

彼女はペース配分も考えずいきなりのダッシュ。

それじゃあ疲れてしまうだろう

なるべく早くだして上げられるように
足を伸ばして快感に酔いしれた

自分の両腕を彼女の首に回し、
舌と舌の先を吸ったりちろちろした

この快感だけでなく、
おれは彼女と付き合えてほんとに幸せだと思った。

彼女が居なかったら毎週やってくる
休日は引き篭もってったに違いない。

「出そう?」

表情で察したのか上目づかいで聞いてくる
彼女を見ていっそう中から盛り上がってきた。

「出ーしていいよ」

普段トイレで出す時とは別の感覚でふりしぼり
ザーメンがぶっ飛んでしまった

握っている彼女の手は瞬時に
俺のザーメンでベタベタ

服にもたくさんついてぶっかけプレイしたみたい

「あーあー、もう
いっぱいでたねー」

拭き取るのも忘れて夢中で唇を奪った。

痛いほど抱きしめた。

禿げるかもなってくらい頭を撫でた。

よかった。

特に外見がいいというわけでもないおれを、
性格で気に入り、付き合ってくれた
高校時代の彼女に感謝しています

彼女は俺の青春そのものでした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。