性的虐めを繰り返すクラスの下品な女子に、チンコを露出し見せたら号泣wwww【思春期のバカエロ話】

中学生の頃、俺はクラスの女子に性的虐めを受けていた

どんな性的いじめかというと、
酷いアダ名をつけられたのだ

「短小包茎の○○君」という不名誉なアダ名で呼ばれ
廊下を歩いている時や部活の練習中に
クラスの女子の間で馬鹿にされていた

マニアックなM男なら興奮するかもしれないが
なんせ、当時は中学生という思春期でナイーブだった俺

俺の他にも性的虐めを受けていた
クラスの男子の一部は泣き出すヤツもいたのだが、
俺と同級生のAは叫ばれて
先輩の女子に笑われてもせいぜい叫んだ女子に

「ばかやろ」とか「うるさい」と
返すのがやっとで、羞恥に打ち震えていた。

ある日の昼休みいつものように
クラスの下品ギャルなjcに「短小包茎」って言われることに
ついに頭にきた俺とAは、叫んだ女子に

「本当に短小包茎かどうかみてみろよ」

とそのjcに近づいて取り囲むようにして、
ズボンとパンツをおろしてチンチンを露出して
拝ませてやったのだが

いつも強気だったその女の子はどういうわけか、
俺たちのチンチンをみて号泣

それを見ていた別の女子が担任(女)にチクリ
放課後、俺らは担任に放課後、
教室に残るようにと言われ、
終礼後俺らは教室に残ることになった。

担任は俺ら以外の生徒が教室から出て行くとため息をついて俺らに

「君たちのやってしまったことは社会では犯罪行為だね」

「そんなにみせたいのなら
先生の前でみせて、事の経緯を話してよ」

というので、羞恥にたえながら
ズボンとパンツを脱いで事の経緯を話した。

経緯を話していると、
廊下で遠巻きに見ていたクラスの他の男どもが

「こいつらは悪くない、
短小だとか包茎だとかいう女子が悪い」

と担任に廊下から言うと
またちょっと離れて廊下で見ていた
当事者の女子とその取り巻きの女子が

「チンチンをみせた、○○と○○が悪い」

と言い合いになった。

俺らはフルチンのまま、
その言い合いを聞いていたのだが、最終的に
担任の馬鹿は最終的に両方が悪いっていうことになり、
両成敗だということでフルチンの俺ら2人の頭を出席簿でたたき、
当事者の女子も近くに呼び寄せ
出席簿で頭をぶっ叩いた。

制裁を終えてズボンとパンツをはいた
俺らと立ち去ろうとした女子を呼び止めて
担任の馬鹿教師はハニカミながらこう言った。

「こいつらは包茎だけど、
短小ではないよ。そもそも包茎は悪いことではないよ」

俺らと女子は聞き流して教室外から出たが、
あいかわらず悪びれない他の女子は

「○○と○○は包茎だってえ」

と馬鹿にするようにわらい、

「やっぱり包茎だって言って間違ってないじゃん」

と笑いながら言って走り去っていった

もう数十年まえのはなしだけど今思い返すと、
今だったら新聞沙汰になってただろうなと思う

いまでも、担任のハニカミと
号泣した女子の顔は今も脳裏に残っており、
良いズリネタになっております

ホント思春期の頃って男女問わず馬鹿で下品な生き物ですね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。