深夜に靴を無くしフラフラになりながら歩いている中学生に声をかけてみた【炉裏野外SEX】

俺のロリ体験は18歳時の起きた

ようやく車の免許を取得して
浮かれてドライブしていいた18歳の時の夏休み

バイトでお金を貯めて、
中古車を手に入れ、ウキウキドライブな毎日だった

ハンドルを握り、
お気に入りのカセットテープを聴きながら
国道バイパスを流し、1歩入った県道を走る

いつものドライブルート

人気の無い県道を走っていると、
歩道に1人の少女が歩いていた

俺は

「こんな時間に、こんな所を
10代前半の少女が歩いている!
幽霊か?」

と一瞬怖くなりなり
そのまま通過

一旦通り過ぎ、Uターンしもう1度見ると、
片足靴を履いておらずフラフラ歩いていた

足もあるし幽霊じゃないと安堵した俺は
この家出少女っぽいティーンなガールに
声を掛けたらこちらに寄ってきて、

「すいません、
何か飲みたいんでお金貸して下さい」

彼女をとりあえず車に乗せ、
自販機がある所まで行き、ジュースを奢った。

彼女の名前は沙耶香、年齢はまだ15歳。

普通の体系だし、普通の中学生

話を聞くと、友達2人でナンパされ、
途中で逃げてきたらしい。

最初は2人の男が乗っていたが、
途中から別の男が2人乗ってきて、
それから2時間のドライブをした挙句、河川敷に止めて

「今から俺らとセックスするかここで降りるか?」

と鬼畜な質問されたらしい

友達と一緒に逃げてきたが、
はぐれてしまって分からないみたい。

「警察に行く?」

と聞いたけど、

「親にバレるとヤバいから嫌だ」

と拒否。

クルマの燃料は半分より少し上

財布には2000円と小銭

確認して、彼女の地元まで送る事に決定!

クルマを走らせる。

沙耶香も

「よろしくお願い申し上げます」

と頭をペコペコ下げていた。

「知らないクルマに乗るんじゃないよ」

と偉そうに説教する俺も俺。

しばらくして沙耶香が話を切り出してきた。

「あたしが出来る事といったらこれくらいしかないんやけど、
お兄さんの好きにしていいよ」

と運転中に自分のスカートを捲り上げた

何と積極的でHなヤリマン中学生

暗闇にうっすらと白い太ももと
花柄のロリパンティがモロ見え

18歳の俺も実は下心はあったが
一応断りはしたけど、ブレーキはすぐに解除された。

「いいんかよ?ホテルのお金ないよ?」

「ウチの近くに海があるけん、
そこ行こう」

とjcのナビゲートで午前3時、
海水浴場へ行った。

クルマを止めて
、とりあえ3回に分けて軽くキスした。

シートを倒してTシャツを首まで捲り上げ、
可愛らしい純白ブラジャーと対面。

発育途中のBカップ位だろうか、
両手を使って揉んだ

柔らかおっぱい!

ブラジャーが硬いのがよく分かる

下へズラし、ピンク色した小さな乳首を摘まむと

「あぅん、はぅん」

とHな声を漏らす。

舌でペロペロすると、
汗でしょっぱい味がした。

15歳の中学生

2つのカテゴリで興奮した。

しかも初めてのカーセックス

俺の手は沙耶香のパンティに向かって行き、
ダイレクトにマン筋をなぞる。

上から触っても分かるくらい濡れていた。

パンティを脱がすと
まだマン毛は上辺りしか生えてなくて、
ヌルヌルしていた。

右脚を上げてクンニをした。

「はぅんはぅん、ん、ん」

気持ち良さそうに指を噛んでいた。

少ししょっぱい味はしたものの、
美味しいジュースは口の周りをベチャベチャにした。

俺のズボンの下も高圧になり、
沙耶香にフェラチオしてと言うと、

「彼氏にもまだした事がないっちゃん、
それはマジ勘弁して」

とあっさり断られてしまった。

当然ゴムなんて用意してなく、
外に出してと念を押されて、連結SEX

濡れているも直ぐ乾くのか、
少し入れ辛い…またクンニして濡らし、挿入

かなりキツいおまんこで
5秒も保たず、沙耶香のおへそ辺りに発車オーライ。

始めてからおよそ10分の炉裏な情事

お互い服を着て明け方までベラベラ喋っていると、
沙耶香が

「そろそろ帰るね」

と言うと、俺は

「…ごめん、もう1回Hしたい」

とシートを倒して2回戦

そして、この未成熟なjcのBODYに興奮し、
車から出て、野外SEXで星空を見上げならの炉裏SEX

当時はポケベルの時代。

番号を交換して何度か会ってHしたけど
お互いに彼氏彼女が出来た事がきっかけで自然消滅

夜中に一人歩いている中学生って妄想するとエロいけど
実際に遭遇すると、ちょっと怖いですよ

何やらトラブルの匂いがしましね

でも性欲には勝てませんがww

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。