幼馴染が、ビッチなJKに成長し、学校の教室で援交をもちかけられた

小学生の時からの
幼馴染に美鈴ちゃんという女の子がいた

あれは、高校生の夏休み終了後、
幼馴染の美鈴ちゃんはお金に困ってたらしく
バイトを探していて、

「高収入バイトないかなぁ~」

とよく聞かれていた。

高収入バイトなんてエロ関係しかないだろと
当時の俺は思っていた

それで、その日も美鈴ちゃんは、
昼休憩一人でなにやら雑誌を見ながら
バイト先を探してるようだった。

「Hなサービスしてくれたらバイト代出すよ」

って冗談のつもりで言ってみた。

そしたら、まさかの

「ほんとに?何すればいい?」

って食い付いてきた。

「いやいや、マジにすんなよ」

って笑って流した俺に
おっぱいが当たるくらいグッと
近寄ってきてちんこをそっと撫でながら

「女の子その気にさせといてそりゃないよ~」

って甘えた顔にドキッとした俺

JKになって幼馴染の美鈴ちゃんのおっぱいは
一段と大きくなっていて、Hな体になっている

バイト代入ったばかりでお金には余裕があった。

「じゃあ、口でしてくれたら3千円。口内射精で4千円」

って言うと、

「いいよ」

って超笑顔

誰もいない家庭科調理室に行き、
美鈴ちゃんの温かいお口で包み込んでもらい援交フェラ

童貞の俺には
初めてのフェラ体験

手でやるより数倍気持ちいい

10分くらい我慢したがもう限界

「いくよ!口の中でいい?」

って言うと咥えたまま小さくうなずいた。

気持ちよさから量が多めで
空っぽになるまで全部出し切った。

精子を口に含む美鈴ちゃんの顔がエロかった。

幼馴染の美鈴ちゃんは眉をしかめ
精子を吐き出そうとしたので

「ちょっとまって
そのまま次の授業終がわるまで口に溜めてたら5千円出すよ」

って言うと、ちょっと考えたがOKらしい。

美鈴ちゃんの席は俺の斜め前で
横顔が確認できた。

時々口元をハンカチで
拭いては俺と目が合っていた。

授業終了後、
ソッコー俺の手をひき教室を出た。

手洗い場で俺に口の中の精子を確認させて吐き出し、
何度も何度もうがいをしていた。

若干涙目で5千円受け取って
幼馴染の美鈴ちゃんは笑顔で教室に戻っていった。

童貞な俺の対して、幼馴染の美鈴ちゃんは
とんでもないビッチでヤリマンな女子校生になっていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。