逆アナルと首振りフェラのW責めしてくる淫乱な美熟女看護婦さん

ヘルニアが酷くなって
とうとう手術するハメになり
入院する事になった

それでいざ入院すると
手術まだしてないのに
嘘みたいに腰の痛みが無くなって
暇なもんだから病院内を歩き回っていた

それで何人かの看護婦とも仲良くなってたんだけど

手術の日にウンコが出てないことに気づいて
看護婦に浣腸してもっらたけど

それでもウンコが出なくて

どうすりゃいいんだろ?

って思っていたら

看護婦に

「トイレまできて」

と言われそのままトイレに行きました

「じゃぁ壁に手をついて足を開いて」

と言って 看護婦はおもむろに
俺のズボンとパンツをズリ下げた薄いビニールの手袋を
パチンとはめて指にワセリンを塗って
俺のアナルに指を入れてきました

看護婦は30歳過ぎてたけど
色っぽい美熟女ナースだったから
自分の肛門をホジホジされて
メチャ興奮しました

「痛かったら言ってね」

と言って 看護婦は俺の肛門の中で
指をいろいろ動かして
ウンコがあるかないか調べました

俺は決してホモではないけれど
逆アナル責め初体験は凄く気持ちよくって

2週間も出してなかったので
すぐにビンビンに勃起してしまいました

そして

「あぁ~」

と女みたいな喘ぎ声を出して
メスイキ絶頂寸前www

「痛かった?」

「大丈夫、むしろ逆」

「?」

「前のほう」

看護婦は俺のビンビンになったモノを見て
びっくりしたみたいだったけど

すぐにニコッと笑って

「元気いいのねぇ~溜まってたの?」

と言って優しく握ってくれました

2~3回手コキして

「今は時間がないから我慢してね」

と言って俺の我慢汁を舌で舐めとってから
一回口に含んでくれました

そして「手術が終わってからね」と言って
ねっとりとしたディープキスをしてくれました

手術後は個室に移って
一週間ベッドに寝たきりだった

チンコにチューブなんかも入れられて
当然勃起なんかしなかった

起き上がれる様になってくると
やっぱり逆アナルに手コキしてくれた
美熟女看護婦のことが気になった

やっぱりあれキリなのかなと思ってた

そんなある日の夜

検温のときにあの美熟女看護婦がやってきた

「今日の夜は時間があるからね」

「えっ?」

「いい子で待っててね」

チュッ、っと頬っぺたに
軽くキスをして行ってしまいまし

覚えていてくれたみたいでワクワクしながら
夜中が来るのを待ちました

そして夜中約束通りに来てくれました

まず最初に声を出さないこと

壁が薄いから

髪の毛とかに触らないこと

本番はしないこと

などを約束させられました

パジャマとパンツを脱がせてもらい、
いよいよと思っていたら

「まずはキレイにしなくちゃね」

と暖かいタオルでタマやカリや亀なんかを
優しくキレイにしてくれました

それからネットリとまとわり付くように
ゆっくりと口に含みフェラチオしてくれた

美熟女ナースに病院で
ヌイてもらう状況に興奮してすぐにビンビンになりました

「ウフ、元気いいわねぇ」

と笑うと片手でタマをもう片方で竿をしごきながら

ジュボジュボ

とイヤらしい音を立てながら頭を上下にふって
首振りフェラしてくる美熟女淫乱ナース

すごく気持ちよくて身を任せてすっかり
浸り切っていました

時折 美熟女看護婦も

「んっ、んっ」

と甘く声を出していました

「○○君はこっちも気持ちいいんだよね」

何かなと思っているとおもむろに
例のワセリンを指に塗って俺のアナルに入れてきました

ビックリしているオレを無視して
看護婦は首振りフェラ続行

しかもさらに激しく逆アナル責めしてくる

「うぅ~、あぁ~」

と俺は情けない声を上げてしまった

「いつイッてもいいよ」

と 看護婦もともとそんなに
我慢強い方じゃないのであっけなく

「ウッ、ウッ、むふぅー」

と口の中へ思い切り出してしまいました

看護婦は全部口で受け止めてくれました

「やっぱり飲めないわ」

と洗面台に吐き出してからいいました

「舌がジンジンする」

らしいです

後始末をしてもらってその夜は終わり
逆アナルに首振りフェラという新境地を体験して
最高に気持ち良い射精体験でした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。