犯され願望のあるM女のOLが地下鉄で3p痴漢プレイでガーターベルトが濡れまくる

会社への通勤で地下鉄を利用しています

以前は、痴漢だらけの通学でしてが、
去年の今ごろされた勇敢なる女子高生が
大声を出し痴漢常習犯を逮捕してしまった路線です

それからは、犯され願望のあるM女な私の
楽しみだった痴漢が
ほとんどされることもなく
寂しい通勤タイムになりました。

それが 4月を過ぎ 新入社員で
地下鉄の電車の中が超混みになってから
また痴漢が復活!

私の立ち位置は、扉が開かないほうの
横並びの座席の端っこ

ちょうど座ってる人の端にある手摺りに
お尻を向けて なかば腰掛ける状態で 立ちます。

それも 40歳以下であろう人が
座ってるときだけですが

そして 服装は、必ずミニのフレアーで
痴漢さんに手を入れやすいように、
あと 愛用の下着ですが パンティーストッキングなのに
ちょうどパンティのところがない

ガーターベルトっぽい
セクシーなパンティーストッキングをはいてます。

もちろん パンティは、指を感じられる 薄手のシルクです。

痴漢さんに触られることを 覚悟で 乗り込むのです。

金曜日、相変わらず
超混みで一度体制を決めたら手ですら
動かせないほどの混み具合です。

横座りの端っこには30歳前後の男の人が座ってました。

まじめそうなサラリーマンで
これは 触って来ないタイプだなぁって思いながら
その人に背を向けて ベストポジションに立ちました。

いつもより混んでるせいで 押されて
手摺りより私のお尻は 彼の方に出てました。

私としては とてもいい犯されポジションを
自然な形でとれたのです。

私が降りる駅まで 約30分

痴漢が行動に出たのは 二駅目を越したときでした。

彼が持ってたスーツの上着と
バッグを大きく持ち替えたんです。

その時 バッグがお尻にあたり
少し私は 振り返り 彼を見ました。

彼は すみませんと小声で言い、私は 心の中で

「触って!犯して、もっと痴漢して」

と叫びながら 「大丈夫です」と微笑み
電車の揺れに合わせて 彼にお尻を押し付け
知らないふりをして外をみました。

彼も 何かを感じとったのか
さっと私のお尻を触ってきた

犯され願望のある私はもちろんOK

何も 知らないふりをして
またお尻を押し付け 次の行動を待ちました。

次の瞬間 やっと彼の手は
スカートの中に滑り込んできたのですが、

ストッキングをはいてるのに
生なパンティと太股があるのに一瞬驚いたのか
手を放しましたが すぐにお尻を鷲掴み

そして シルクのパンティを気持ちよくなで始めました。

何度もお尻をなでたり 掴んだり、
指でなどるように太股の内側を何度も

あ~早く 私のおまんこあたりに指を挿れて凌辱して

焦らしプレイに私は 愛液が溢れ
濡れてました。

指でやっと あそこを たての線に沿って
こすられ パンティの上から 指を押しいれられ
お豆を つままれたり 押されたりで
その指もだんだん 激しく 強くなって

来た瞬間 私の前にいた

50歳までは行ってないだろうと
思われるおじさんが 電車の揺れを口実に 倒れてきたのです。

背の180ぐらいある おじさんは
バッグを胸にかかえた手を私の胸に タッチしてきたのです。

きっと 彼に愛撫、痴漢されて 気持ちいい顔をしてるのに
ガマンできなくなったのでしょう

後ろでは 、彼がとうとうパンティを
横にずらし指を滑り込ませてきました。

すでに ぐちょぐちゅになった
私のヴァギナを 3本?の指でなで回し
私のお汁をまんべんなく塗って るようでした。

お豆を親指でコリコリっしながら
他の指で 上下 左右に撫でられ
前のおじさんには バッグでかくされた手を胸に入れられ
乳首をつまんだり ひっぱったり クリクリ
とまわされたりしながら もみしだかれて凌辱され放題

私は いつのまにか お尻を彼に突き出し
身体はおじさんに抱かれる状態で
顔を外にむけたまま 目を閉じてました。

電車が ガタンと大きく揺れたとき
彼の太い いえ 指2~3本が一気に
突っ込まれ手マン責め

しっかり ヌレヌレだったせいで スルリと

その指を入れたり出したり ねじったり
私は イク寸前で 必死で我慢

ふと胸から 手が出て行ったので

え?

って感じで 見上げると 痴漢おじさんは
ニヤリと笑って その指を ペロリと舐め
そのまま また胸に手を戻し入れ

おじさんの唾液で濡れた指で 乳首をつままれ
コリコリ 立った乳首を撫で回されました

熱くなった体に おじさんの冷たい唾液の指が
なんとも気持ちよく おじさんを見上げてうっとりして ると、
彼の指が お尻の穴を刺激し始めたのです。

親指で お豆 、
3本でヴァギナ 小指?で お尻の穴

セックスで 好きな体位は バックなので
私は 彼の激しい指使いと
おじさんの乳首愛撫で 一気に 果ててしまったのです

ヴァギナが 激しく ピクピク してるのに気づいた彼は
指を抜き おまんこを大きく撫でて
ぐちょぐちょ になったお汁を
ふきとって その手でお尻を撫で
自分の手もきれいにして 自然に手をはずしていきま した。

おじさんも 私が 胸をドクンドクンさせてるのに気づいて
胸を2・3度大きく揉み 最後に乳首を
ギュっ とつまんで 手を放しました。

夢にまで 見た 3P痴漢プレイ

このまま 会社を休んで ホテルに行きたい気分を
押さえつつ 降りる駅が来たので ふらふらと電車を降りました。

ため息と いってしまった余韻で
人気の少ない駅を歩いてると 後ろから 声をかけてくる男の人が

振り返ると さっき触ってくれてた
男の人ふたりだったのです。

少し話ししていい?

って 言われ うなずくと、彼ら二人は同じ会社の人で
いつもあ~やって二人で痴漢を してるそうなんです。

私にとって あそこまで痴漢されたのは 初めてだし
痴漢されて アクメに達したのも初めて

つい 思わず 「上手なんで」

って言ってうつむくと
よかったら ホテルで3pしない?って 誘ってきたんです。

仕事は営業マンなので 直行!って言えば済むし、
あれより満足させてあげるよって
誘われたまま 駅の近くのホテルへ ついていってしましました。

彼らの「あれより満足させてあげる」の言葉通り

ものすごく よくて お尻の方まで
ぐちゅぐちゅに 濡れてしまいました。

はぁ~ 別れるときに

「きみって 本当にセックスが好きなんだね」

って 笑われてしまいました。

私はH大好きでM女な変態OLなんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。