JK痴漢する為に天才的な作戦と罠を仕掛けた変態男

当時は気づかなかったんですが・・・
私は高校生の頃に、変質者の痴漢マンの罠に
ハマってしまったんです

私が高校まで自転車通学をしていて
その日、大雨で傘を片手に自転車を運転していました

物凄い雨で傘をさしていたので
視覚も悪くて、ヨロヨロ運転していたんですが
突然ワンボックスの陰からニッカポッカをはいた
20代半ばの歩行者が傘をささずに出てきて
ブレーキが間に合わずひいて人身事故を起こしてしまった

逃げようか迷ったけど、
どうやら男性の股間にタイヤが直撃したらしくて
うずくまってうなってました。

とりあえず自転車をおりて
傘で雨をよけてあげながらオロオロしてると

「やべ~よ~、いてぇ~
おしっこもらしちまったよ~」

と言われました。

オシッコを我慢してトイレに行こうとしているところに
ぶつかってこられもらしたとの事で、
私は申し訳なくて謝ることしかできなかったのですが、

パンツを買うから近くに
コンビニが無いかと言われ一緒に
その変質者の痴漢マンに来て欲しいと言われました。

住宅街の中だったので最寄りのコンビニまでは
結構距離がある事を話すと

「まじかよ~、どうしてくれんだよ
君のパンツもらって履く訳にいかないだろ~?」

と言われちょっと笑ってしまいました。

で、とりあえずコンビニに案内する為に
一緒に歩いていたのですが、
ずっと痛がっててまともに歩けてなかったので、

人を轢いたって事で警察につかまったりするのかなと
不安になってしまいました。

でも一緒に話しながら歩いて、
ちょこちょこ面白い事を言うので
いい人そうかもと少し安心していたんです

コンビニが遠いし、
オシッコを漏らしたまま人通りが多い所に行くと恥ずかしいから
もういいと言われました。

そしてそのかわりお尻を触らせてと言ってきて
ようやく痴漢マンは本性をあらわしてきたんです

しかし、当時JKだったウブな私は
びっくりするだけで

「すげー痛いからもうオレのチンコ使い物になんないかもしれないんだよ?
だからそれ位いいじゃん」

と言われ、

撫でか確かに

と思ってしまったんです

そして痴漢マンに人目につかないアパートの
階段の下につれていかれました。

まず股間を打ったから腰をトントンして欲しいと言われて
トントンしました。

次に後ろを向いて壁に両手を当てて
お尻を突き出してと指示されました。

どうしようか迷っていると

「ほらこんな感じで」

と誘導されてしまいその格好になってしました。

そうすると、作業着の男はしゃがんで
私の制服のスカートを覗き痴漢行為をしてきました

当時膝上20cm以上の短いスカートだったので
すぐパンツが見えてしまいました。

当時私は自転車通学をしていたのに
スパッツなど履いておらず、
薄ピンクのパンツ一枚しか履いてませんでした

どうしようどうしようと思ってるうちに、

「うわ~チャリなのにスパッツとか履いてないの?たまんねぇ…」

と言われて、痴漢男にパンチラをジロジロと
覗いてきます

逃げた方がいいかな?

でもひいたのは私だしなと迷ってると、
立ち上がった男が軽くお尻の線あたりをなでてきました。

「あぁ~チンコぶつけられて
オシッコ漏らしてお尻触らせてもらってるなんて俺情けね~」

と言いながら、
男の股間を私の骨盤辺りに押し付けながら
片手でパンツ越しのお尻を撫で回されました。

そのままびっくりしてうごけない私にお構いなく、
男は私のパンツをTバック状に食い込ませ、
直接お尻を触って痴漢してきました

私の耳元で荒い息をしているので、
私も変な気持ちになってきてしまいました

次第に男の中指が私のお尻から
前の方を触りだし、指で筋をなぞりだしました。
時折中指と人差し指でクリを刺激してきました。

そうしていると、

「我慢できねぇ」

と言い、男は再びしゃがんで、
私のお尻を両手で掴んでスカートの下から
顔を潜りこませました。

そして鼻を割れ目に押しつけむさぼるような様子でスーハーしたり
はむはむしたり変態行為をしてきます

私はHはしたことがなく処女でしたが
ぞくぞくしてしまい内股になりました。

それを構うことなく変態男は
お尻に顔をしばらくうずめましたが、
今度はパンツに手をかけられ、
膝下までパンツを下ろされてしまいました。

私は立ってお尻を突き出したままの体制で
お尻を両手で掴まれて舐められました。

舌ははじめお尻をつたていましたが、
だんだん下におりてきてアナルからクリまでを
往復して何度も舐められました。

舌先でツツツと舐めたり、
ベロッと舐めたりを繰り返され、私はガクガクと
しびれたようにイッてしまいました。

初対面でしかも自転車で轢いた人にこんな事をされてる!と思うのに
しびれるような気持ちよさを体が感じている事に混乱してそのまま
膝をついてしゃがみ込みました。

はぁはぁと荒い息の男は立ち上がって、

「気持ちよかった?」

と聞いてきました。

私は小さくハイと頷きましたが恥ずかしくて
パンツを上げて変態痴漢男に背を向けて立ち上がりました。

「近くに友達の家があるから休んで行かない?」

と男に言われましたが、

これ以上は危ないのではと思い、

いや…それは…と言葉を濁すと

「そうか、じゃあもういいよ。ありがとう」

と言われ、私は小走りで自転車の所までゆき、心臓を

ドクドクさせながら家に帰りました。

以上が数年前の事ですが、
今思えばはじめからわざとあたってきて、
オシッコをもらしたのも嘘で、
はじめから痴漢する為の罠だったのかと最近気づいたんです

びっくりするような天才的な罠を張ってまで
女子高生に痴漢したい変態男だったんです

今は別にトラウマにもなってませんが
よくあそくまで作戦を考えたなーって
他の事に頭使えばいいのにー
なんて思ったりしています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。