エッチなロリ姪がオナニーを見せてきて性的悪戯してと挑発

姪っ子って可愛いですよー
その上、私の場合はエッチな姪っ子ですから
なおの事最高なんです

私がエッチな姪っ子と二年ぶりに会いました

甥っ子が小学校に入学するので
入学祝いをもって弟夫婦の家に訪ねました

そして、甥にプレゼントを持って行くと
甥は大喜びをしていた

しかし、楽しそうにはしゃぐ甥を横目に
姪の由真は不満そうでした

姪はjs6でちょっと大人びてきたロリ少女

しかし、会わなかったこの2年で
ずいぶん可愛く成長しており、びっくりしました

手足がすらっと伸びて、
顔もチャーミングな美少女な姪っ子

視力が下がったのか、
メガネをかけていましたがそれがよく似あってました

もう想像はつくと思いますが、
私はロリコンに憧れがありました

しかし、姪に対して今まで
性的ないたずらがしたことないですし

もっと小さいころは一緒に
風呂に入ったこともありましたが

未熟な割れ目を見ても
とてもエッチな気持ちになりませんでした

何より姪がいつも

「おじさん、おじさん」

と過剰なほど懐いてくるので、
結婚して10年にもなっても子供がいない私にとっては、
実の娘のように可愛いので
性的な目で見る事はありませんでした

しかし、昨日はそんな仲の良い
叔父と姪の関係が崩れました

弟と親父、甥、姪と一緒に
ショッピングモールに出かける際に、姪は

「おじさんの車に乗る」

と、乗り込んできました。

「おじさん、私のこと好き?」

車を発進する早々に
私に迫ってくるロリJSな姪っ子

モールまでは30分程度の距離でしたが

ふたりきりの車内の中で抱きついてきたり
自分のことをどう思ってるか聞いてきたり
と美少女jsの姪っ子は大はしゃぎ。

しつこく問いかける姪に、
おじさんも由真が好きだよと、
思わず赤面していうと、運転中なのに飛びついてきて

「おじさんとセックスしたい」

と行ってきました

jsの姪が学校で
どんな性教育を受けたのか知りませんが

不適切な発言をして団欒の場を
凍りつかせるというのは弟から以前聞いていましたが、
想像以上のあけすけなさにびっくりしました

jsの姪っ子がドギツイ発言をして、
大人が困る顔をするのを楽しんでるようでした

私も困ったな

と思いながらもむくむくとロリコンの芽が出てきて、
姪がこんなエッチな発言するのを
どこか楽しんで期待していました

セックスやオナニーのことを聞くと
姪はペラペラと耳年増ぶりを発揮しました

ダッシュボードに足をかけて白いロリパンツ見せると

「こうすると気持ちいいんだよ」

指先で下着の上からクリトリスの辺りを
カリカリひっかき目の前でオナニーしてきたんです

直接触ったりしないのか?

と尋ねると姪はパンツをずらして、
綺麗な蕾のような割れ目を直接カリカリしましたが、
あまり気持ちよくないと言いました

私はそんなことよりも、以前は幼すぎて
興奮しなかった割れ目に釘付けになってました

はっきり見てわかるクリトリスと
少し開いてほんのりと桜色が見える姪の性器が
目に焼き付いてしまいました

大股を開いている姪を諌めるフリをして、
姪の股間に手を置きました

下着越しですがフニフニした割れ目をなぞり、
指先に感じるクリトリスを弄ると

「すごい・・・そこ、気持ちいい」

と、うっとりとした顔をするスケベなロリ少女になって

私はエッチな姪のエロ顔に
反応して勃起してしまいました

そうか、由真はここが好きなのかと

私はパンツをめくると直接クリトリスには触れず
根本を辺りをソフトに弄りました

無毛の割れ目に触れている興奮と罪悪感

そんな私の気持ちも知らずに姪は、快感に身を任せて、

「あぁ!!おじさん!!おじさん」

と何度も呻いて、

「もっとして、もっと触って!」

と、私の歯止めを効かなくなるようなことを言う
エッチで美少女JSの姪

モールについて車から降りたあとも、
姪は私の腕にべったりとしがみついてました

元々、私にべったりな姪なので
怪しまれたりはしないけど、

積極的な姪のアタックで
ギンギンになっている股間を鎮めようとしていました

モールで仏花を買って、
このままおふくろの墓参りに行くと言うと、
姪がやっぱりついてきました

墓参りを終えるまでは
姪にも我慢しろと言い聞かせていたのですが、
墓参りの最中に姪がキスしてきました

おふくろの霊前で
孫と息子のラブシーンを見せつけることになり、
私は心の中で母に謝りました

まだ明るい夕方の誰もいない墓地でキスをしながら、
姪のロリパンツの中に手を入れて弄った

ブルブルと震えながら

「おじさんもっと」

というスケベ過ぎる姪。

指先にヌルっとした感触があり、
クリトリスに軽く触れると姪がへなへなと腰が砕けました

慌てて姪を身体を支えると、
パンツの中の指先が割れ目のもっと奥に届きました

もうそこはたっぷり潤っていて
少し動かすと指先が柔らかい割れ目に包まれました

このまま膣奥まで・・・

理性が焼き切れて姪の膣口に指を進めようとした瞬間に、
遠くから車のエンジン音が聞こえてきました

「変質者注意」

墓地に入る曲がり角にあった看板を思い出し、
私は慌ててエッチな姪のロリパンツから手を抜くと
自分の車に乗り込みました

エッチ過ぎる姪と次に会った時
誘われたエッチしそうで想像するだけで
射精しそうなんです・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。