淫獣系女教師に逆レイプされた童貞男子高校生は、連続射精拷問の毎日

通っていた高校は、元女子校で
俺が通学する数年前に共学になった

当然、男子生徒は超少ないが
何故そんな高校に通う事になったかと言うと
単純に家から近いという理由で決めたんです

己の事ながら馬鹿だったと思う

学校は女子校生だらけで、
男は、校内で3割ぐらい

1年の時のクラスは、
男は僕1人であと23人は女、
それも元気満々の女子校生です。

僕は人見知りするタイプで、
女性も少し苦手でした

連れに

「好いよな~男お前1人だろ?
ハーレム状態じゃん!
でも、お前大丈夫か?1人で」

連れも僕の性格を知っていたので
心配していました。

僕は

「しょうがないよ。何とか適当にやるよ」

といいながら廊下を歩いていました。

休憩時間になると廊下のあちこちで、
部活の勧誘が始まります。

連れ2人は、陸上部と剣道部に決めていましたが
僕はどのクラブにするか、
まだ決めていませんでした。

すると、連れが「お前、ここに入れば?」と言いました。

行ってみると、3年の女の先輩達が、

「君、は入りたいの?」

と聞かれ俺は

「いや、別に」

と言うと連れが

「こいつまだ決まってないから
1回見学に行けば」

と言いました。

先輩達が、

「好いわよ。うちの部、男いないけど、
君さえ気にしはければ、1回見学にくれば」

と言われ結局連れにハメられた感じになり、
その日の放課後行くことに。

美術部は、3年8人、2年12人で、
1年は6人入部してました。

部室に入ったら、みんなの視線が何か痛いような感じ?
がして、やっぱり無理だと思い出て行こうとしたとき
先生が入ってきました。

担任のR子は三十路の女先生でした。

「あら?H君、うちに入る?」

と聞かれ

「いや、見学だけなんで」

と言いました。

2年のM美・H華・S穂先輩の3人が
部長のJ子先輩のとこに行って何か話し始めました。

しばらくして、副部長のK子先輩が部長に呼ばれ

「私は別にいいんじゃない」

と話している声が
聞こえました。

部長が

「先生に聞いてみる」

と言い奥の部屋に入って行きました。

5分ぐらいすると、2年の先輩が

「どうでした?」

と聞いて

部長は「私はいいけど。本人に聞いてみないとね」

だってさあ。あと

「もう1人の顧問のM理(34歳 既婚)
先生に相談したみる」

ともいってたけど。

と俺の方をたまに、見ながら話したいました。

なんか俺に聞こえるように話しているようにも

俺の勘違いだな?

思っていると、
R子先生が「H君ちょっと」と俺を呼んだ。

美術部から出ていくタイミングを失い、
奥の部屋に行きました。

R子先生が

「H君、部長達が君に入って欲しいんだってさあ。
うちの部、男子生徒いないでしょ?
一昨年、去年と何人か入部希望はいたけど、
何かいかにもって感じで、みんなが嫌がってね
でも、その子たちがいいって言うなら
私は別に問題ないんだけど?」

と言われました。

僕は

「嫌というか、女が苦手だから
入ってもすぐやめると思うから」

「H君はっきりしないな~もう。うちに入れば
その苦手なの直せると思うんだけどなぁ~」

とドアの鍵を閉め、僕の側に来ました。

僕はめちゃくちゃ緊張しました。

だって、R子先生は美魔女な女教師で、
スタイルが良くて、巨乳だから

しかも白のブラウスに

黒のブラが透けてて、いくら女が苦手でも

男なら、多少なりともいろんなとHな想像を

R子先生は、奥の机に俺を連れて行き、
逆レイプするような感じでいきなり俺に抱きつきキス

俺は初めてキスをしました。

先生はしだいに舌を絡め激しいキスになり、
先生にされるがままの状態でした

俺を机に座らせると、しゃがんで

「ここは・・どうなってるのかな?」

とズボンのチャックを下しました。

僕は少し反応しちゃって半立ちでした。

「先生これはヤバイって」

と先生の手をどけようとすると

俺の耳元で「ふ~っと」と
吐息をかけられ俺は一瞬力が抜けてしまいました。

その一瞬を淫乱な女先生は見逃さず、
俺のパンツの中に手を入れ

「H君、顔は童顔で可愛いのに
こっちは立派な大人なんだ~」

と言いながら、俺のを扱き始めました。

僕は「いや、あの、その」

としか言えず、完全に硬くなっちゃいました。

「凄いね~こんなに大きくしちゃって
やっぱり若い子は・・うちの旦那の倍はあるかしら
これの使い方教えてあげようかな~」

と淫獣のようなエロ目になる
獣が餌を狙うように手の動きを速めました。

「逝きそう・・先生でちゃうよ」

と言うと

「聞こえないな~」と激しくすると

「逝きそう、出ちゃいますよ
そんなにしたら」

と言うと先生は扱くのをやめ、
また扱き始めの繰り返しで、僕が逝きそうになるとやめという
寸止め地獄で僕が

「入部します」

と言うまで凌辱逆レイプされた

結果、僕は「入部します」と言うはめに

僕の完全な敗北でした。

逝ったと同時に、ドアの鍵をあける音がしました。

現れたのは、M理先生でした。

M理先生が

「R子先生こんなとこで何してるんですか?
しかも生徒と・・バレたらやばいんじゃ」

といいながら、俺が机の上に座り、
R子先生の前に、大きいチ●ポを出して、
先からはザーメンを垂らしている姿を
見て

「ウソ、まさか、R子先生ここで」

と驚いていた。

その状況だけでなく、R子先生が逝った
俺のチ●ポをまた扱きだし

「M理先生見ててください」

「ちょっと、R子先生いけませ
ああ~凄い!!うちの旦那より大きい」

と言い
M理先生も俺の側にきた。

R子先生が

「M理先生も夫婦生活に満足してないみたいだから
H君のに興味もったみたい」

と僕に扱きながら言った。

僕はまた、さっきの快感が

我慢できず

R子先生が咥えたまま

お口に発射フィニッシュ

と同時にR子先生は激しくザーメンを吸った。

1滴残らず、絞り取られた。

M理先生は

「私もいいかしら?私も2.3発飲ませて」

と言いしゃぶりついてきた。

R子先生は部屋から出て行き、しばらくすると先輩達が

「やった~R子先生ありがとう」と喜ぶ声

M理先生が

「私のフェラ3分以上もった人いないのよ」

と激し

ていうかバキュームフェラを
僕は自然に逝くときは、自分で腰を使っていた。

両手でM理先生の顔をもちながら

R子は話しながら戻ってくると、部長、副部長の2人もいた。

先輩たちは「ウソ~」とビックリしている。

俺は恥ずかしいけど、見られてしまい、
でもM理先生が2回目のフェラを始めていたので、俺は両手で先生の頭を掴み、

両膝を閉じた。それでもM理先生はやめない。

まだ、この状況に気づいてないみたで、バキュームフェラを

僕は我慢できず、先輩達を見ながら、
M理先生のお口にまた、腰を使いながら出した。

R子先生が「M理先生も好きね~」というと

「だってこの子のは凄すぎよ~
フェラしててこんなに濡れちゃったんだから
私、いろいろ性教育しちゃおうかしら?」

と言いながら振り向くと、2人の先輩に気づいた。

「あんた達、男の見る目あるわねえ~」

と言いました。

2人は「別に私達はそんな」と言いながら近づいてきた。

先生達は

「どうかな?4回も出してるけどまだ逝けるかな?」

と僕に聞いてきたけど

僕はこんなの初めてなうえに、
4回も出して、少しボーっとしていました。

M理先生が「また大きくなったぁ~」といいながら
僕のを・・扱きだした。

僕はM理先生の扱きに
すぐ反応してしまうようになったようです。

2人に変わると、さっきの態度とは逆で、
ここぞとばかりにバキュームの嵐でM男プレイ

痴女な女達に逆レイプされる僕

2回逝かされ

「もう無理・・・もうダメ」

と言っていました。

先生達は2人が

「やるじゃない、2人とも
バキュームするんだ~」

先輩たちは

「彼に仕込まれちゃって
でも、大きいから自信なかったんだけど、
H君のザーメン甘くて美味しい」

と先輩達が部屋から出て行った。

先生達は僕を見ながら

「好い体よね。可愛い顔からは
想像つかないわよ、絶対!!こんなに大きいなんて」

R子先生が

「H君チ●ポの使い方知らない童貞君だから
私とM理先生の2人で筆おろししちゃおっか」

M理先生も

「もったいないわよ~こんなに大きいの使わないなんて
Hしちゃおう、しちゃおう」

どうやら2人の先生は僕を
と思いながら僕はしばらく寝ちゃったようです。

1時間して、先生達に起こされ僕は家に帰った。

次の日に、連れに「昨日どうだった?決めた?」
と聞かれ「うん・・美術部に」とだけ言い教室に戻った。

今日から1ヶ月、昼休みと部活が終わってから1時間毎日先生2人に・・・

普通なら、羨ましいと思うかもしれませんが、
最初の1週間は地獄でしたね。

逝ったら、すぐ立たされ
また逝かされの繰り返しの連続射精拷問

1週間してから、いろいろ覚えなんとか、
先生を逝かせるようにまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。