変態痴女な友達のお母さんのマン汁やオシッコを飲む

変態は変態を呼び寄せるんだと思う

俺は熟女フェチであり
黄ばんだクロッチやオシッコ、マン汁が大好物の
変態スカトロマニアでもあります

そんな変態の俺は以前から、
気になっていた友達の母の染みパンツを
偶然トイレに行ったとき洗濯機からゲット

早くこれでオナニーしようと
適当に友達に言い訳して、
早々に帰宅

さぁ、やるぞとチンポを扱き出し
クロッチの匂いを嗅いだ途端、電話がなったのだ

電話は友達の母からだった

染みパンツをポケットにしまいこむのを
見られたらしい

とにかく、すぐに返しにこいというので、
あわてて戻ると、
友達は塾へ出かけた後で、
友達の母親だけだった

「何で、こんなおばさんのパンツ盗るの?」

と問いだされ、正直に

「おばさんが好きで好きでたまらなく、
オカズにしようと思った」

と正直に告白したのです

「しょうがないわね」

といいながら友達のお母さんはスカートをまくり、
パンツを脱いでマンコを見せてくれました

たまらず、友達の母のオマンコを舐めまくりました

ビデオなんかで観ていたので、

クリトリスの場所なんかもわかっていたし

タコのように思いっきりしゃぶり
おばさんにクンニしまくったのです

おばさんも最初は

「困った子ね」とか
「しょうがないわね」とか言ってましたが、

途中からは

「おおぉー、気持ちいいー」

「あーおまんこいくー」

と淫語を言い出し、

自ら俺のチンポを取り出ししゃぶります

「あー、Tくん大きいオチンチンねー」

とため息交じりでなめてくれます。

「あー、おばさん、出る!」

すぐに我慢できなくなり爆発。

友達の母は、くわえたまま頷き、
一滴残らず飲み干し精飲してくれました

さらに、そのまま小さくならない
僕のチンポにまたがると
逆レイプするように腰を激しく上下、
前後と振ってグラインドしてくる

「あー、いい〜、いくいく」

とすぐに言い出し息も絶え絶え。

おばさんを下に体位を変えて、
今度は僕が上から腰をふりまくります

おばさんは、

「あー、大きい、カリがいいところ当たる」

といって自ら下から腰を突き上げ、
僕もたまらず2回目とは思えない量を放出しました

そのことがあってから、
頻繁にこの友人宅に行き、

「トイレにいく」

と言って下に降りて、

変態痴女な友達のお母さんに抜いてもらってます

おばさんのいる居間ですぐにチンポを出して
フェラチオしてもらっています

変態痴女なおばさんも二階に息子がいるのに
こんなことをしてという刺激がたまらなくいいそうです

お返しにおばさんのをクンニしたりしていますが、
あまり時間が長いと友人に怪しまれますので、

早々に二階に戻ります。

コーヒーを二階に持ってきてくれますが、

僕のにはコーヒーを注ぐ前にカップに
ベットリとオナニーあとのマン汁をつけて出されます

一言二言、友人の前で言葉を交わし、
降りて行きますが、
その間に友人にわからないように

舌でチロチロとマン汁のついた部分を舐めて
変態な友達のお母さんに見せてあげます

それも、とても興奮するらしいです。

友人が塾に出かけるときに一緒に出て、
駅で別れるとそのまま、また友人宅に戻ります。

そこで思いっきり
友達のお母さんとパコパコやってきます。

おばさんもこのごろでは、
僕としないといかないそうです

今度は、ゆっくりラブホで
友達のお母さんとSEXして
おばさんのマン汁だけじゃなく
オシッコを飲む飲尿プレイもしてみたいと思います

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。